2010年09月29日

アルマニャック近況【10/9/23〜9/29】

9/23 浅見厩舎
23日は栗東坂路で15−15程度の調教を行いました。「先週末に栗東へ移動し、その後も体調に問題ないことから、すでに乗り出しています。今朝は坂路で15−15強め程度のところを乗りましたが、終いまでしっかりと走れていましたし、順調にペースを上げていけそうな雰囲気です。まだ次走については未定ですが、札幌でも使うつもりで調整してきたので、週末の追い切り次第では来週の競馬も視野に入れられると思います」(浅見師)

9/29 浅見厩舎
29日は栗東坂路で追い切りました(55秒2−39秒8−26秒8−13秒9)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。日曜にも坂路で56秒程度のところを乗っているのですが、15−15までは素晴らしいキャンターをするのに、ペースが速くなるとスピードに乗っていかない感じがします。今朝も残り2ハロンから手が動きだして最後は一杯。大型馬で、まだ体力がつききっていないのかもしれません。追い切り後の状態次第ですが、今週使って一度放牧に出して成長を促すことも考えています」(浅見師)10月2日の阪神競馬(2歳未勝利・ダ1800m)への出走を視野に入れています。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケミカルチェンジ近況【10/9/22〜9/29】

9/22 栗田厩舎
22日は美浦南Pコースで追い切りました(キリ)。「今日朝一番に新馬同士で追い切ったのですが、キリがひどくて調教師スタンドから見えるのは一番手前のダートコースの直線だけというくらいの状況だったので全体の動きを目で確かめることは残念ながらできませんでした。70−40程度という指示を出していたのですが乗り手の話を聞くとだいたい予定通りの内容を行えたようです。トモを中心に緩さがあるので力のいるタフな馬場だと少しもたついてしまいますが、軽いポリトラックだとまずまずの動きを見せてくれていますよ。ただ、無理をしてドンドン速いところをやろうとしすぎると馬にダメージを与えてしまいかねませんので、慌てず1本1本をじっくり重ねながら鍛えていい形でデビューできるようにしていきたいですね」(栗田師)

9/29 栗田厩舎
29日は美浦南Pコースで追い切りました(67秒9−52秒2−38秒6−14秒1)。「先週は霧のなかポリトラックで追い切り、週末は坂路で半マイル53秒くらいのところを行いました。今のところソエなど脚元に不安が出るようなことはありませんし、デビューに向けて一歩ずつ前に進めることができています。今朝は再度ポリトラックで前の馬を1馬身ほど追いかける形で追い切りました。まだ内蔵面や肉体面でもパンとしきれていないところがあり、トータルで見ても時間をかけていったほうが良さの出てくるタイプだと思っていますが、今朝の動きも新馬としてまずまず。最後は少し時計がかかっているかもしれませんが、ゴール板を過ぎた後の脚取りを見ても一杯一杯になっているわけではありません。追い込んで目一杯に仕上げるというより使いながら良くしていったほうが将来の芽を摘むこともないでしょう。あと2〜3本の時計を出せばそれなりの態勢は整ってくるでしょうから、今のところ順調に行けば東京の2週目あたりを考えています」(栗田師)今のところ10月17日の東京競馬(2歳新馬・芝2000m)を目標にしています。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

サックアクロア近況【10/9/28】

9/28 グリーンW
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「カイバを食べるようになってきて、馬体はだいぶ戻ってきました。ただ、カリカリしてしまいがちなタイプなので一気にペースを上げることはせず、周回コース中心にもう少し乗り込んでから次の段階に移行したいと思っています」(GW担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サックアクロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイルノート近況【10/9/22〜9/28】

9/22 山元TC
22日に山元トレセンへリフレッシュ放牧に出ました。「レース後に右前脚を落鉄していましたが脚元などはまったく問題ありません。レースは早めに動いていかなければいけなくなったので余計に苦しくなってしまいましたね。33秒台の脚を使える馬ですし、前走の内容から考えても展開ひとつ違えば上位に食い込むこともできたはずです。結果論ですが、自分から動いていって勝ちきるほどの体力はまだつき切っていないということなのでしょう。右回り、左回りというよりいちばんの敗因はそこにあると思います。期待していただけにいい結果を出せなくて残念ですが、これで終わったわけではありません。まだまだこれからの馬ですし、古馬になってさらに良くなると思っています。そのためには目先のことだけを考えるのではなく長い目で見てあげなければいけません。骨、筋肉などまだ頼りない部分をしっかりと良くするためにも、ここは無理をせず放牧に出して成長を促したいと思っています」(和田道師)

9/28 山元TC
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週帰ってきましたが、様子を見る限り今回は疲れが目立ちますね。背腰の疲れだけでなく前脚のさばきも硬くなっています。1〜2週のうちには軽めから乗り出すつもりですが、今回は少し時間をかけてあげたほうが良さそうに感じます。調教師も無理はさせない方針でいるようですし、慌てず見ていくつもりです」(山元担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイルノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

サックアクロア近況【10/9/21】

9/21 グリーンW
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「まだ馬体はいくらか寂しく見えますから、無理にペースは上げずゆったりとした乗り込みを続けています。涼しくなってきたことで体調は上向いていますし、カイバ喰いも良好なので、もうしばらくこのペースで調教を続ければ良化してくるでしょうし、まずは疲れを取ることに専念したいと思います」(GW担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | サックアクロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

フェイルノート近況【10/9/19】

9/19 和田道厩舎

05.10.9.19.jpg

19日の中山競馬では中団を追走。大逃げをうった馬を勝負どころから捕まえに行くも、坂下でいっぱいになってしまい12着。「道中ずっともたれてしまって、馬上で修正をしてはいたのですが、うまくレースを運べませんでした。前走は左回りだったので全く気にならなかったんですけどね。期待が大きかっただけに僕自身も残念ですが、素質はあるしこれからの馬なので今後に期待したいと思います」(松岡騎手)「今週の調教がよかったですし、菊花賞を意識していたのですが、まだまだ力をつけないといけませんね。一頭が大きく離す展開で、位置取りからして早目に動かざるを得ず最後は苦しくなってしまいました。結果は非常に残念ですし、いったん仕切り直しになりますが、本当によくなるのは古馬になってからだと思うので自己条件から再スタートさせたいと思います」(和田道師)格上挑戦ながら人気を集め、期待して臨んだ一戦でしたが、残念ながら菊花賞への権利獲得はなりませんでした。まだ頼りない面がありますが、素質の高さを感じさせてくれている馬だけに、成長に期待したいと思います。今後は厩舎で馬の状態をよく確認して、立て直します。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイルノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

フェイルノート近況【10/9/8〜9/15】

9/8 和田道厩舎
8日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒2−53秒1−39秒2−12秒5)。「先週金曜日の入厩検疫を確保することができましたので、無事に美浦に戻っています。その後の様子を見ていても体調等はもちろん問題ありませんし、前走時と同様にいい雰囲気を保てていますよ。週末に少し大きめのところを乗って、今朝は通常どおりポリトラックで長めのところを乗って心肺機能を鍛える調教を行いました。いい動きを見せていましたし、この調子で進めていって来週のセントライトへ向かいます。それなりの相手が出てくるようですが、今さら逃げるわけにはいきませんし、何とか権利を獲れるようにしたいですね」(和田道師)19日の中山競馬(セントライト記念・芝2200m)に松岡騎手で出走を予定しています。

9/12 和田道厩舎
19日の中山競馬(セントライト記念・芝2200m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて18頭の登録があります。

9/15 和田道厩舎
15日は美浦南Pコースで追い切りました(67秒9−53秒2−38秒6−12秒0)。「馬は元気いっぱいですよ。今朝もこれまでと同様にポリトラックで長めから追い切りをかけました。最後までしっかりとした脚取りで駆けていましたし、いい調教を行えたと思っています。前走の追い切りでも感じましたが、春とはひと味もふた味も違う動き、走りを見せてくれますし、いい成長を遂げてくれていますよ。春先はダービーを意識していましたが、少しモタついて白紙にせざるを得ませんでした。初勝利を挙げた時点ですぐに目標を菊花賞に変更したのですが、今のところその目標に向かって順調に来ています。例年と比べても今回は骨っぽいメンバー構成になりそうで、新聞社の中でも印はまちまちのようですね。もちろん私の本命はフェイルノートですよ。それくらいいい雰囲気を感じることができていますから、何とかここで権利を獲って本番へ向かいたいものです」(和田道師)19日の中山競馬(セントライト記念・芝2200m)に松岡騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | フェイルノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケミカルチェンジ近況【10/9/8〜9/15】

9/8 栗田厩舎
8日は美浦坂路で14−14を行いました(56秒1−41秒1−27秒2−13秒5)。「先週無事に帰厩して、その後も体調を大きく崩すようなことはなく順調に来ています。トレセンの環境は今回が初めてになるので、いきなり速いところをバンバンやり出すのではなく、最初の1〜2週間は足慣らしさせる意味もこめてじっくり乗っているところです。今のところ新しい環境に極端に気にするような印象は受けませんし、この調子でいけば週末もしくは来週あたりから本格的に時計を出し始めることになると思います。今のところ東京開催でのデビューを目標にしていますが、いずれにせよ慌てずに進めていきたいと考えていますよ」(栗田師)

9/15 栗田厩舎
15日は美浦坂路で追い切りました(53秒4−39秒0−25秒9−13秒2)。「先週は少し時計になっていたものの、普通キャンターの延長線のようなものでした。今朝が実質初めての追い切りのようなもので、相手に併せて坂路で動かしました。3歳馬相手に引けをとらない走りを見せていましたし、最初としては上々ですね。ただし、まだ力が付ききっていないのもあってかふかふかのチップが敷いてあるタフな坂路だと少し苦労しているように感じます。軽い走りをする馬ですし、現状ではポリトラックでの調教も織り交ぜながら少しずつ鍛えていこうと考えていますよ」(栗田師)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サックアクロア近況【10/9/4〜9/14】

9/4 羽月厩舎

69.10.9.4.jpg

4日の小倉競馬では五分のスタートから好位の外めをスムーズに追走。勝負どころから徐々に内へ入れて直線に向くが、ペースアップについていけず12着。「スムーズなレースはできましたが、ペースが上がったところで前に進んでいかなくなってしまいました。ロスのないように内に入れていったのですが、結果的には外めを走らせていたほうがよかったかもしれません」(福永騎手)「いい位置で競馬ができたし、終始スムーズでジョッキーにもうまく乗ってもらえましたから言い訳できない結果です。輸送が3度目ということで、目に見えない疲れがあったのかもしれませんし、一度放牧に出してリフレッシュさせたいと思います」(羽月師)この夏3度目の小倉遠征で馬体が減っていましたし、疲れが出る頃だったのでしょう。結果は出ませんでしたが、スムーズにいい位置で競馬ができたことは次につながるはずです。このあとは、トレセンに戻して馬体を確認し、8日にグリーンウッドへ放牧に出る予定です。

9/8 グリーンW
「先週の競馬は、スムーズに運べたわりに最後の踏ん張りがきかず、納得のいかないレースになってしまいました。状態は良かったですし、調教の内容からもあそこまで負ける馬ではありません。やはり輸送が続いて目に見えない疲れがあったと考えるのが妥当でしょう。一度放牧に出して、しっかりリフレッシュさせてあげたいですね」(羽月師)8日にグリーンウッドへ放牧に出ました。

9/14 グリーンW
軽めの調整を行っています。「何度か輸送競馬をしたせいか、だいぶ馬体が寂しく見えます。腰回りや脾腹の肉が落ちていますので、まずはゆったりとした調教で馬体の回復を図りたいですね。体調や精神面は問題ありませんから、肉体的な部分を立て直すつもりで調整していきます」(GW担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サックアクロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルマニャック近況【10/9/4〜9/16】

9/4 札幌競馬場

64.10.9.4.jpg

4日の札幌競馬では中団より後ろからの競馬。ポジションをあげて行こうとするもなかなかエンジンがかからず8着。「ゲートで落ち着きがなかったですし、体もまだ全体的にゆるくて幼いですね。大型馬ということもあって、走りがもっさりとしていました。今は滞在競馬なのでコース調教しか行っていませんが、栗東の坂路で鍛えていけば体もしっかりしてくるでしょう。いいものは持っていると思うので、時間をかけながら体がしっかりしてくればいいですね」(丸山騎手)「懸念していたスタートがもっさりしていましたし、全体的にメリハリに欠けるレースになってしまいました。大型馬で、使いつつ良くなってくるタイプなのでしょう。レース後はとくに馬体に異常なしと報告を受けていますが、体調や疲れをよく確認してどうするか検討します」(浅見師)パドックで物見をしたりゲートで集中力を欠くなどいかにもデビュー戦という結果となってしまいました。時間をかけて調整を行っていますが、まだまだ馬体も精神面も幼いようです。それだけ、これから成長する余地があり、レースを使いながらの変わり身に期待したいと思います。

9/8 函館競馬場
8日は軽めの調整を行いました。「大型馬の初戦ということで、ちょっともっさりした感じでしたし、もうひとつピリッとしませんでした。レース後は特に異常ないと報告を受けていますから、ひと叩きした効果も期待してこのまま在厩でもう1戦させるつもりです。今度はもう少しスタートなり終いなり脚を使うようなメリハリのあるレースをしてほしいですね」(浅見師)

9/15 函館競馬場
15日は軽めの調整を行いました。今週は明日16日に追い切る予定です。20日の札幌競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に出走を予定しています。

9/16 函館競馬場
「今週の競馬に使うつもりで今朝追い切る予定でしたが、想定を見ると出走間隔が足りず使えそうにありません。一度使った上積みをここで見ておきたかったので残念ですが、予定を変更して栗東に戻すことにしました。今のところ、明日函館を出発して土曜日に栗東へ戻る予定です。その後は輸送のあとの状態をよく見てから検討します」(浅見師)17日に函館競馬場を出発し、18日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

アルマニャック近況【10/9/2】

9/2 函館競馬場
1日は函館Wコースで追い切りました。「1日はウッドコースで追い切っています。自分は栗東に戻っていたので動きは確認していませんが、先週まで函館で調教を見ていた印象はかなりいいですよ。これなら今週の競馬にいい状態で使えそうです。新馬ですし、ゲートには少し不安があるので、ゲート練習をしてレースに臨むつもりです。スタートさえまともに出てくれれば、初戦からいいところがありそうですよ。鞍上は、以前調教で跨ってくれた丸山騎手にお願いしました」(浅見師)4日の札幌競馬(2歳新馬・ダ1700m)に丸山騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サックアクロア近況【10/9/1〜9/2】

9/1 羽月厩舎
1日は栗東坂路で追い切りました(53秒1−38秒6−25秒7−13秒2)。「今朝は坂路でしっかりとやりましたが、動きはキビキビしていますし、とにかく体調がすこぶるいいのが頼もしいですね。広いコースのほうがレースがしやすそうなので、できれば新潟のダート1800mへ向かいたかったのですが、間隔から出走が厳しいので、小倉の牝馬限定戦に向かうことにします。普通にゲートを出てくれれば前走のように極端な競馬にはならないでしょうし、前進を期待したいですね」(羽月師)4日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に福永騎手で出走を予定しています。

9/2 羽月厩舎
4日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に福永騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サックアクロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケミカルチェンジ近況【10/8/30〜9/2】

8/30 NF空港
屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本を行っています。
「数字上は調整内容に変わりませんが、着実に動きは良化しています。今後も同様のメニューでしっかりとした馬体を作り、さらにいい動きができるように努めていきます。馬体重は493キロです」(空港担当者)

9/1 山元TC
31日にNF空港を出発し、1日に山元トレセンへ到着しました。2日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。

9/2 栗田厩舎
2日に美浦トレセンへ帰厩しました。「先週牧場へ行って見てきたのですが、コンスタントに速いところも乗れていて順調な姿を見せてくれました。3頭併せの真ん中に入ってもしっかりとした脚取りで駆けていて好印象を受けましたし、いい流れの中でデビューに向けた調教を開始できそうです。まずは数日トレセンの環境に慣らしながら徐々に速いところへ移行していきます」(栗田師)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイルノート近況【10/8/31〜9/3】

8/31 山元TC
周回と坂路でハロン17〜18秒のキャンターを行い、週1回は15−15を行っています。「レース後は硬さが少し見られ、走った分の疲れを感じさせましたが、しっかりケアしていることもあり徐々に癒えてきています。それにともない今朝15−15から少し速めのところを乗りました。早ければ週末もしくは来週中に移動することになるでしょうから、移動を念頭に置いて調整を進めていきます」(山元担当者)

9/2 山元TC
検疫次第ですが、早ければ3日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。

9/3 和田道厩舎
3日に美浦トレセンへ帰厩しました。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイルノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。