2011年07月31日

サックアクロア近況【11/7/30】

7/30  羽月厩舎

69.11.7.30.jpg

30日の小倉競馬では五分のスタートから好位の後ろにつける。道中はスムーズに追走したが、3コーナーでペースが上がると置かれ気味になり、直線では脚が上がって15着。「3コーナーまではすごくいい感じで進められたのですが、ペースアップに対応できず、最後はバタバタになってしまいました。やはり約1年ぶりで大幅なプラス体重でしたから、息が保たなかったのかもしれません。ただ、前半のレースぶりは次に繋がる内容でしたし、叩いて次は変わって来ると思います」(鮫島騎手)「プラス28キロと大幅な体重増は、トモがひと回り大きくなるなど成長分がほとんどだったものの、まだ絞り切れていないのも事実で、今日は息切れした格好になってしまいました。ただ、前半は馬なりでついていけましたし、久々の実戦を使って次はもっと良くなると思います。小倉での同条件を使うつもりで調整していきたいと思います」(羽月師)最後は苦しい競馬になってしまいましたが、1年近い休養明けの一戦とあって体にも余裕がありましたし、使った次は息の保ちも違ってくるでしょう。前半の競馬内容は見どころがありましたから、これが次走に繋がれば楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サックアクロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリティカルヒット近況【11/7/29】

7/29  NF空港

41.11.7.29.jpg

現在は舎飼で様子を見ています。入厩間近での今回の骨折は非常に残念ですが、幸いなことに骨折としての程度は軽かったので、今後は治療を施しながら回復を待ちます。動きからも期待の高い一頭ですので、復帰を心待ちにしたいと思います。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルヒット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピグマリオン近況【11/7/29】

7/29  NF早来

19.11.7.29.jpg

この中間疲れを感じさせたため、数日調教ペースを落として様子を見ていましたが、皮膚病の症状が出てきていることから、現在はトレッドミルのみで調整を行っています。順調に乗り込むことができ、移動を視野に入れた話も考えていただけに残念ではありますが、まずはしっかりと疲れを取ることに主眼をおいて進めていきます。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ピグマリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォルトファーレン近況【11/7/28】

7/28  音無厩舎
28日は栗東坂路で追い切りました(54秒0−39秒8−26秒3−13秒3)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。手ごたえは相手のほうが勝っていたけれど、こちらは初めてしっかり時計を出したので、これだけ動ければ十分でしょう。まだ真剣味に欠けるところがあるので、来週はムチを入れてビシッと追ってみるつもりです。今のところ、次開催新潟の開幕週を目標に進めていく予定です」(音無師)8月13日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)を視野に入れて調整を進めていく予定です。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | フォルトファーレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

サックアクロア近況【11/7/27〜7/28】

7/27  羽月厩舎
27日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。スタートからしっかり行かせた分、最後は少し遅れてしまいましたが、こちらが追いかけてのものですし問題はないでしょう。しっかり乗り込んできたとはいえ長期の休養明けなので、レースに行って息がどれだけ保つかどうかなど不安がないわけではありませんが、力を出し切れば形になるでしょう。久々でもいい競馬を期待したいと思っています」(羽月師)30日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に鮫島騎手で出走を予定しています。

7/28  羽月厩舎
30日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に鮫島騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サックアクロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケミカルチェンジ近況【11/7/27】

7/27  札幌競馬場
27日は札幌ダートコースで15−15を行いました(75秒7−59秒1−44秒2−14秒9)。「先週半ばに札幌競馬場へ移動しましたが、さすがに疲れが出たのか週末に熱発してしまいました。ただ、微熱でその後はすぐに落ち着いたので大きな影響はないと思います。今朝は15−15程度に軽く動かしていますし、今後の様子を見ながら徐々に調教を進めていければと思っています。立派に映っていた体はいくらか絞れて500キロほどになっていますよ。あくまでも今後の仕上がり次第になるのですが、いちばん早い目標は開幕週の2000mを考えています」(栗田博師)早ければ8月14日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)に出走を予定していますが、状態次第では翌週以降にスライドする可能性があります。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイルノート近況【11/7/27】

7/27  NF早来
屋内周回コース2000mで軽めのキャンター調整とトレッドミルでの調整を交互に行っています。「引き続き周回コースとトレッドミルを交互に使いながらの軽めの調教メニューを行っています。トモは以前からのウィークポイントではありましたが、まだ負担がかかりやすく疲れもなかなか抜け切れないようで、歩様が芳しくありません。調教師も定期的に確認しに来ていますが、もうしばらくは時間が必要になりそうな気がします。馬体重は526キロです」(早来担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイルノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サードシアター近況【11/7/26】

7/26  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「先週こちらに戻ってきて、マシンで軽めに動かしながら状態を確認しています。レースの反動が大きく出ているわけではありませんが、まだ体力が付き切っていない部分もあるようですから、状態をしっかり見極めつつ進めていきたいと思います」(牧場担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルマニャック近況【11/7/26】

7/26  NF空港

64.11.7.26.jpg

屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本か、日によっては屋外坂路でハロン15〜16秒のキャンター2本を行っています。また週1回坂路で13−13を取り入れています。「乗り込みを重ねるごとに動きは良くなってきていますし、順調と言えるでしょう。引き続きそう遠くない移動も視野に入れていますが、帰厩後にスムーズに進めていけるようにさらなる状態面の良化を図っていきます。馬体重は554キロです」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

クリティカルヒット近況【11/7/25】

7/25  NF空港
この中間、右トモの歩様に若干の違和感を感じたことから検査を行った結果、右トモ球節の骨折が判明しました。「近々の入厩を検討していた矢先にこのようなことになってしまい、本当に申し訳ありません。今のところ手術などは行わずに、自然治癒で様子を見ていきます。乗り運動の再開には早くても2か月はかかるでしょう。坂路調教などでは抜群の手ごたえで登坂しており、騎乗者の評価も高かった一頭です。今回の骨折は非常に残念ですが幸いにも骨折としての程度は軽いので、復帰に向けて全力で努力していきます」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルヒット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

募集予定馬を眺めて色々と…

遅くなりましたが、本年度の募集予定馬一覧が届きましたね。まぁ近年本当に良血馬が多くて迷ってしまうのですが、今年度の募集予定馬も凄いですね。

ディアデラノビア、シーザリオなどのクラブ出身の母馬にはブルーメンブラットが新たに加わりますし、今年もトゥザヴィクトリー、アドマイヤサンデー、ポトリザリスなど重賞勝ち馬を輩出した名繁殖牝馬が揃っています。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度募集馬検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ケミカルチェンジ近況【11/6/27〜7/21】

6/27 山元TC
25日に山元トレセンへ移動しました。

6/28 山元TC
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末に北海道からこちらへ移動してきました。輸送のケアと帰厩に備えた最終調整を行っていますが、今のところ体調面の問題もないので普通に乗れています。新潟開催を目標にしているようなので、じわじわと動かしながら進めていって、タイミングを見ながら調教師と具体的なことについて相談していこうと考えています」(山元担当者)

7/5 山元TC
周回コースと坂路でハロン15〜17秒程度のキャンター調整を行っています。6日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。「周回コースと坂路コースを併用してじっくり動かしてきましたが、怪我を負った脚元を含めて歩様に異常は見られませんし、動きに問題はないと思います。以前と比較するとまだ緩さは感じさせますが、落ち着きが少し出てきたかなという印象を受けますね。今週に入って蕁麻疹が少し出ているのでケアしていますが、問題ないようならばこのままトレセンへ送り出す予定です」(山元担当者)

7/6 栗田博厩舎
6日に美浦トレセンへ帰厩しました。「怪我が順調に癒えて、調教もスムーズに積むことができていましたので、入厩に備えていったん山元トレセンへ移動させてもらっていました。山元でもまずまずの状態だったようですし、調教でも気にならなかったようなので本日トレセンへ戻しています。少しケアすべき場所はあるようですから、よく見ながら調整を進めていければと思っています。北海道で見た時はまだヤンチャなところがあるようでしたが、心身ともに以前よりいくらか成長を見せてくれていると思いますし、楽しみにしたいですね。具体的なところは馬の様子を見ながら決めていきたいと思います」(栗田博師)

7/14 栗田博厩舎
13日は軽めの調整を行いました。14日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒1−39秒6−13秒1)。「先週トレセンに入ってきて数日は軽めに動かしながら様子を見ていましたが、特別気にしなければいけないというほどの大きな問題もありませんでしたし、下元や膝回りなど脚元全体の状態も大丈夫そうでしたので徐々に競馬へ向けて進め出したところです。水曜日は今週の競馬を予定している馬を中心に混み合い、時間が後ろになるにつれて暑くなるので、ケミカルは木曜日の朝一番の組で行うことにしました。最初なので半マイル重点の調教ですが、悪くないですね。強いて課題を触れるとすると左トモの甘さが依然として残ること。お休み前の競馬を見ていても左に若干モタれるところがあったのはそのトモの影響があったからでしょう。グッドルッキングな馬なのですが、甘さ・緩さに関しては馬の成長に従うしかないところもありますし、悪くしないようにケアしながら調整していこうと思います。当初は新潟開催を中心に考えていたのですが、テンションが高めの馬だし、滞在効果の見込める北海道開催も視野に入れることにしました。具体的な日程は週末と来週のコンディションを見て決めるつもりですが、前向きに考えているところです」(栗田博師)

7/21 札幌競馬場
21日に札幌競馬場へ移動しました。「先週木曜日にサッと時計を出して、その後も大きめのところをじっくり乗っていました。この中間に捻挫をしたのか左前脚に少し腫れが見られたのでヒヤッとしましたが、すぐに落ち着いて大事には至っていません。一過性の疲れだったようで、その後も問題なさそうなので大丈夫でしょう。予定どおり札幌競馬場へ向けて昨日美浦を出発して本日到着しました。さすがに長旅で見えない部分も含めて疲れが出てくる可能性もあるでしょうし、環境に慣らす作業がまず必要だと思います。しばらくは軽めから普通キャンター程度をじっくり乗って徐々にピッチを上げていくつもりです」(栗田博師)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サックアクロア近況【11/6/28〜7/21】

6/28 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。「引き続きコンスタントに15−15を行っています。特に気になるところはありませんし、少しずつ終い13秒ぐらいまで伸ばすようにしています。そう遠くなく移動の話も出てきそうなので、しっかりと調整していきます」(NFしがらき担当者)

7/5 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。「引き続き順調に15−15を乗っていますが、体はだいぶ締まってきて、動きにも素軽さが出てきました。暑い時期でも体調が落ちるようなこともなく、いい雰囲気をキープしていますね」(NFしがらき担当者)

7/8 NFしがらき
9日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

7/10 羽月厩舎
9日に栗東トレセンへ帰厩しました。

7/13 羽月厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(56秒0−エラー−27秒3−エラー)。「だいぶ体が大きくなって戻ってきましたね。今朝は坂路で14−14程度のところを馬なりで乗りました。放牧先でもかなり乗り込んできてもらっていたので楽に時計は出ますが、休養が長かった分、まだ動きを含め全体的に緩さがありますから、もう少しこのぐらいのペースで本数を重ねてしっかりと調整していく必要があるでしょう」(石坂助手)

7/21 羽月厩舎
21日は栗東坂路で追い切りました(54秒9−40秒3−26秒4−13秒4)。「先週は週中、週末と坂路で14−14くらいを乗って、今朝は併せて終いの反応を確かめる程度に追い切りました。前走から間隔が開いていますし、動きについては良化を促したいところは残っていますが、今週末、来週と時計を重ねればまずまずの状態まで上がってくると思います。今のところ来週の小倉の牝馬限定戦を考えていますので、そこに狙いを定めて少しでもいい状態で送り出したいですね」(羽月師)30日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サックアクロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

サードシアター近況【11/5/3〜7/20】

5/3 NF空港
屋内坂路コースでハロン15秒などを取り入れられているようにここまで順調に進められていることから、5日にNF空港を出発し、7日に美浦トレセンへ入厩する予定です。

5/8 鈴木伸厩舎
7日に美浦トレセン・鈴木伸尋厩舎へ入厩しました。

5/11 鈴木伸厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「先週末に無事トレセンへ入ってきました。初めての長距離輸送によって体調を崩すようなこともありませんし、順調に美浦での生活をスタートすることができていますよ。まだ最初の段階ですから角馬場やコースなどをじっくり動かして馴染ませることから始めています。この血統に見られる敏感な面はそれほど目立っていませんし、この調子で少しずつ動かしていって、最初の課題であるゲートの練習を徐々に取り入れていければと考えているところです」(鈴木伸師)

5/19 鈴木伸厩舎
18日、19日はゲート練習中心のメニューを行いました。「トレセンに着いて数日はそれほど気にならなかったものの、ちょっとカイバの喰いに頼りない一面を見せることがありました。そのため空港牧場の担当者と連絡を取って、カイバをうまく調整をすることで今では少し食べてくれるようになっていますよ。引き続きゲート主体で調教を行っていますが、まだビュンッという速いスタートは切れないものの、練習のたびに反応は見せてきていますので、順調に良化していると思っていただいて大丈夫です。体や表情を見ても幼さが残る馬ですが、変なクセは見せませんし、いい性格の持ち主だと思いますよ」(鈴木伸師)

5/26 鈴木伸厩舎
26日はゲート試験を受けて見事一発合格しました。「先週に続いて今週のゲート練習の感触が良かったので、練習の意味も込めて今朝受けてみました。私は別の馬に跨っていたので直接感じることはできませんでしたが、入り、駐立ともに問題なく、スタートもまずまず。いい意味でクセがなく普通に出てくれて無事に合格してくれましたよ。これまで本当にスムーズ。北海道でもガクッと疲れが出て調教をしばらくお休みしたという話を聞いたことがないし、根本が強い馬なのでしょうね。余裕綽々というわけではないけれど、今も耐えているというほどギリギリな印象も受けませんし、いい形でデビューへ向けて進めていけそうです。今週いっぱいは様子を見ますが、問題なければこのまま進めていって中山開催のデビューを目指すつもりですよ」(鈴木伸師)

33.11.5.26.jpg

6/1 鈴木伸厩舎
1日は軽めの調整を行いました。今週は明日2日に追い切る予定です。

6/2 鈴木伸厩舎
2日は美浦坂路で15−15を行いました(60秒0−44秒7−29秒7−14秒9)。「ゲート合格後の様子を見ても特段変わりはなかったですから、予定どおり今週よりデビューへ向けて動かしていくことにしました。火曜日、水曜日はじっくり動かすメニューに終始し、今朝少し時計を出しました。そうは言ってもこれまでほとんどゲート練習に費やしてきましたし、初めて行くようなものですから今日は15−15前後のところ。問題なく登れていたし、最初としては悪くないかなという走りでしたから、この調子で少しずつ上げていければと思っていますよ」(鈴木伸師)

6/9 鈴木伸厩舎
8日は美浦坂路で追い切りました(57秒0−42秒4−27秒7−13秒6)。「デビュー戦へ向けて15−15からスタートしていますが、先週に時計を出したあとも順調ですよ。それを踏まえて今週はまた一歩進めて14−14から終いを少し伸ばす追い切りを課しました。全体は57秒でほぼ予定どおりです。気配は悪くないし、このレベルの調教でも対応できているので、このあともうまく進めていけそうですよ。可能ならば来週はさらにもうひとつ詰めてみたいと考えているので、そのときの感触を持ってある程度の計画が立てられるようになるのではないかと思っています」(鈴木伸師)

6/16 鈴木伸厩舎
15日は美浦坂路で追い切りました(52秒1−38秒4−26秒0−13秒4)。16日は軽めの調整を行いました。「鈴木伸尋厩舎の調教のお手伝いをさせてもらっているのですが、今週のサードシアターの追い切りに跨らせていただきました。これまでは基礎的な乗り込みが中心だったようで、今週は本格的に速いところを行ったのですが、時計は52秒台。まずまずの反応を見せていましたし、動きは悪くなかったですよ。坂路の分、息などについてはジャッジしにくい部分があるのは否めないのですが、感触は良かったので、そろそろデビューを検討できるようになってくると思います。スピードを求められるような競馬より、前半はゆったりめに入って持久力を発揮するような競馬のほうがベターのような気もしますから、少し距離はあってもいいのかもしれませんね」(千葉騎手)「これまでは4ハロン55秒ほどの時計を重ねて速いところへ移行していく下地作りをしていたのですが、順調に来ていましたので今週から少しピッチを上げ出すことにしました。今回は52〜53秒くらいのところで登ってくることができれば理想的かなと思っていましたが、ほぼ思惑通りで時計だけでなく動きも良かった。これならばもう数週間すれば出走の態勢も整ってきそうな気がします。血統などのイメージもあるのですが、最初は1200mからというより少し距離のあるほうが良さそうな気もしています。もちろんこれから速いところを重ねていって変化が出てくれば考え直すかもしれませんが、中山にも新潟にも組まれているマイルくらいの番組を目指していくのがいいかなと考えているところです」(鈴木伸師)

6/22 鈴木伸厩舎
22日は美浦坂路で追い切りました(50秒3−37秒1−24秒8−12秒7)。「先週から少しピッチを上げ出しましたが、強めた分だけ堪えるかと思いきや、まったく大丈夫そう。それならばということで今週はさらに上げて4ハロン51〜52秒くらいのところを指示しました。前回の追い切りに続き千葉ジョッキーを乗せて行ったのですが、彼も高評価をしていましたし、見ている側としても満足できる動きでした。ほぼ馬なりで上がってきて50秒3。乗り手曰く“終いに少し出してやや狭いところへ入れようとしたら戸惑いもあって少し気を使った。その分だけ少し時計を要したが慣れれば大丈夫そう”という課題も挙げてくれましたし、いい過程のなかで調整を進めることができています。この調子ならば近々のデビューを考えることができるでしょう。コース形態を考えれば広々とした新潟を使いたい気もしますが、仕上がりを考えれば中山の4週目でも良さそう。乗り役などの兼ね合いもありますし、いろいろな要素を踏まえてどちらかのレースへ向かうことにしたいと思います」(鈴木伸師)7月9日の中山競馬(2歳新馬・芝1600m)か17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)のいずれかのデビューを目標に調整を進めています。

6/29 鈴木伸厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒1−54秒7−40秒4−13秒0)。「今朝の追い切りで松岡ジョッキーに跨ってもらいました。そして、これまでは坂路主体の調教でしたので、実戦を想定して今朝はウッドチップコースへ入っています。3頭併せで後ろから追いかける形だったのですが、馬なり併入とまずまずの動きを見せてくれました。コースでも変に気を抜くようなことがなかったし、時計はそれほど目立つものではなかったけれど、いい追い切りができたと思いますから、このままデビューへ向かっていきたいですね。ジョッキーに感想を聞いたところ距離は1800m以下のほうが良さそうということでした。あくまでも今後の仕上がり具合を見ながらですが、新潟のマイル戦に目標を設定するつもりです」(鈴木伸師)7月17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に松岡騎手で出走を予定しています。

7/6 鈴木伸厩舎
6日はゲート練習を行いました。「ここ1〜2週間で急激に暑くなったことで先週末あたりは少し暑さが堪えた様子を見せていました。あまりやりすぎるとコンディションの下降を招くと思っていたので、今朝は速い追い切りを行わずにデビュー前の確認の意味も込めてゲートから出す練習を行いました。パートナーのほうが速かったものの、この馬も大きな問題はありません。このあとをどうするか少し悩むところですが、厩務員に言わせると持ち直してきているとのこと。たしかに今朝はそれほどジメジメした感じが少ないので、その分いいのかもしれません。予定を前倒しすることも考えましたが、いい乗り役もいなそうなので予定どおり来週の競馬へ向けて調整を行います。万が一、再度疲れを見せるようなことがあれば先々を考えて無理しない選択肢も持っておきたいと思います」(鈴木伸師)17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に松岡騎手で出走を予定しています。

7/13 鈴木伸厩舎
13日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒3−55秒0−41秒2−13秒2)。「疲れが出てきたかなと思えた後は慎重に様子を見てきましたが、先週無理をさせなかったことが良かったようで、また盛り返してきましたね。週末の様子を見てこのまま競馬へ向かっても大丈夫と思えましたので、今朝追い切ることにしました。それなりにやってきたので今朝は70−40くらいの時計を無理せず出すことに終始しましたが、3頭併せで先行し、直線もいちばん外をまわる形でした。それでも持ったまま楽に動けていましたし、軽く仕掛けてからの反応も上々。態勢は整ったと思いますよ。血統面などを見ると派手さはないですが、この馬はこれまでのホワッツニューの仔のなかではちょっと違うかもと期待しているんです。競馬はやってみないとわかりませんが、松岡も楽しみにしてくれているみたいだし、私も楽しみにしています。あとは除外だけですね」(鈴木伸師)17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に松岡騎手で出走を予定しています。

7/14 鈴木伸厩舎
「予定通り日曜日のマイル戦へ投票したのですが、残念ながら除外となってしまいました。来週のマイルへ向かわざるを得ないかと思っていたのですが、土曜日の1400mに空きがあり、なんと松岡も乗れるとのこと。ジョッキーがかなり乗りたがっていたし、来週の予定している馬を調整までしようとしてくれていたのですが、この暑い中なので出走が延び延びになってコンディションを落とすのは避けたい。また、松岡が跨って追い切ったときの感触では“長くて1800mまでで、短めの距離でもいいのでは”という言葉もありましたので、迷いなく再投票をさせてもらいました。不幸中の幸いと言いますか、大幅な予定のズレがなく出走させてあげられるのは間違いなくいいことなので、楽しみにしています」(鈴木伸師)17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に出馬投票しましたが非当選除外となり、再投票して16日の新潟競馬(2歳新馬・芝1400m)に松岡騎手で出走いたします。

7/16 鈴木伸厩舎
16日の新潟競馬ではスタート後のダッシュがもうひとつで後方から。ポジションを上げていって直線へ向かいジリジリと伸びるも5着まで。「二の脚がひと息でしたし、その後の動きも稽古の時とはやや異なりましたね。終始追いっぱなしになったのですが、それでいて終いも脚をそれなりに使えているし、狭いところにも入れる。普通ならば直線で下がってしまってもおかしくなかったのですが立派な馬です。勝てなかったのは残念ですが、内容は100点に近い評価を与えられるものだったと思います。調教で乗せてもらったときから期待していたのですが、今日の走りを見てもやはり走ってきそうだし、いい馬ですよ。少し息遣いが気になった部分もありますが、しっかりしてくれば楽しみです。真面目だから距離が長すぎるのはあまりいいとは思いませんし、1600〜1800mくらいが良さそうな気がします」(松岡騎手)「真面目な性格でしっかりと走るから跨った人間は距離が長くなりすぎるのは良くないという話でしたし、再投票してここへ向かいました。しかし、結果からするとちょっと忙しかったですね。それでも、松岡が言うように内容は十分で、走ってきそうなのを確認できた収穫のあるレースだったと思います。普段はおっとりして穏やかな馬なのですが、競馬場に着いてから一変して結構煩かったですね。いつもと違うのを察知したのでしょう。その影響からスタートもやや遅めになったのだと思います。気持ちの変化がいいほうへ活きればいいのでしょうが、苦しくなるリスクもありますから、今後は注意しながら接していきたいと思います。レース後、少しだけ咳をしていたと松岡が言っていました。体調は良かったし、大きな問題ではないのですが、まだしっかりし切れていないことと、この暑い中で走った分もあるでしょうから、このあとは無理をしないでお休みにしてあげたいと思っています」(鈴木伸師)デビュー戦を無事に迎えることができました。これまでの感触から期待は高まりましたが、稽古の動きとはやや異なった印象で、終始鞍上の手が動くほど忙しさを感じさせるレース内容でした。デビュー勝ちできればもちろん言うことはないのですが、収穫のあったレース内容と言えるでしょう。今回の経験を今後に活かして初勝利を目指していきます。気温が上昇する中、入厩してからデビューまで馬も頑張ってくれました。まだ内臓面や肉体面などしっかりしていない部分もありますし、しっかり疲れを癒してさらなる成長を促すために今後はリフレッシュ放牧に出る予定です。

33.11.7.16.jpg

7/20 NF空港
「デビュー戦は結果こそ残念でしたが、荒削りな中でも光るものがあったし、今後がとても楽しみになる内容でしたね。レース後の反動がないかを数日かけて見てきましたがこれと言った問題はありません。松岡が指摘した息遣いだけが少し気になりますが、疾患というほどではありません。ただ、用心するに越したことはないでしょうから予定どおり放牧に出します。山元トレセンでも良かったのですが、最初はわかっているところへお願いする方がいいでしょうし、本州より涼しいですからね。北海道へ放牧に出し、向こうでの状態を見ながら具体的なことを決めていきたいと思っています。札幌でもいいのではと思っていますが、戻す時期や馬場コンディションなどを踏まえて北海道を考えるかこちらの秋競馬を目指していくことになるでしょうね」(鈴木伸師)20日にNF空港へ向けてリフレッシュ放牧に出ました。

続きを読む
posted by NAOKI at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォルトファーレン近況【11/5/3〜7/20】

5/3 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「先週末に北海道からこちらへ移動してきました。輸送の疲れは見られず馬体にも異常がないので、週明けから周回コースと坂路でキャンター調教を開始しました。まだ全体的に幼い感じはしますが、いいバネを持っていそうな走りをしていますし、まずは入厩に向けてじっくり乗り込みを進めていきます」(NFしがらき担当者)

5/10 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「周回コース中心に、軽めのキャンターを行っています。前捌きが硬い感じがするのはお母さん譲りですが、全体的にはバネがあっていい雰囲気ですよ。小柄な馬なので、無理せずにじっくり乗り込んでいきます」(NFしがらき担当者)

5/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17〜18秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き周回コース中心に、じっくりとキャンターを行っています。週を追うごとに体が増えて、馬体の見栄えも良くなってきました。硬すぎず、柔らかすぎず、いいバネを持った馬なので、焦らずに進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

5/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き順調に乗り込んでいます。まだトモは緩さが残っていますが、音無調教師とも話をして、あまり急いでデビューはさせないという方針でやっていくことになったので、まずはこちらで基礎的な体力をつけていきたいと思っています。いい素質があるので、焦らずに取り組みたいですね」(NFしがらき担当者)

42.11.5.24.jpg

5/31 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き順調に乗り込んでいます。乗りながらも馬体は450キロぐらいまで増えてきており、非常にいい雰囲気ですね。デビューについてじっくり考えていくという方針に変わりはないものの、そう遠くなくゲート試験までの予定で入厩させるというプランも出てきていますので、そのつもりでしっかりと進めていきます」(NFしがらき担当者)

6/7 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「馬体もだいぶ張りが出てきて見栄えがしますし、順調に乗り込めていますね。少し負荷がかかってきて息遣いが荒くなってきているのですが、ノドに問題はなさそうなので、馬具を工夫して対応しています。近々入厩のプランもあるので、引き続きしっかりと進めていきます」(NFしがらき担当者)

6/14 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「息遣いに関しては、馬具の工夫で口を割らないようにしたところ、まったく気にならなくなりました。引き続き順調に乗り込みつつ馬体にも張りが出ていますよ。ゲートはこちらでも通す程度の練習をしていますが、特に問題なくこなせていますし、このまましっかりと進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)

42.11.6.14.jpg

6/21 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き順調に乗り込めており、ゲートも通す程度までは問題なく対応できています。音無調教師も馬体を確認してかなりの手ごたえを感じていましたし、焦らずにまずはゲート試験までというつもりで入厩させようということになりました。明日移動しますが、いい状態で送り出せそうです」(NFしがらき担当者)22日に栗東トレセンへ入厩する予定です。

42.11.6.21.jpg

6/22 音無厩舎
22日に栗東トレセン・音無秀孝厩舎に入厩しました。

6/23 音無厩舎
23日は軽めの調整を行いました。「今朝は坂路からゲートを見せる程度まで行いました。利口な馬で手を焼くことはありませんね。洗い場になかなか入らなかったりちょっと慎重な面はありますが、納得してくれれば大丈夫。まずはゲート合格を目標に進めていきます」(中原助手)

6/29 音無厩舎
29日はゲート練習を行いました。「引き続きゲート練習を中心に調教を進めています。今朝は前扉を開けたままで2回ほど駐立をさせましたが、まったく問題ありませんね。この時期の2歳牡馬でここまで落ち着きがある馬はなかなかいないと思いますよ。普段から手がかからないし、ここまでは順調そのものですね」(中原助手)

7/6 音無厩舎
6日はゲート練習を行いました。「今朝も先週に引き続き、坂路からゲート練習に向かいました。ゲートに入るまで少し嫌がる素振りを見せるようになってきましたが、駐立はおとなしいですし、大きな問題はありません。このまま順調に進めば、来週あたりには試験を受けるメドが立ちそう。ここまでは疲れを見せず、カイバ喰いも良好ですから、今後も体調面に気を配ってしっかり調整していきます」(中原助手)

7/13 音無厩舎
13日はゲート練習を行いました。「今朝も坂路からゲート練習に行きました。寄りはだいぶスムーズになってきましたが、まだスタート後に頭を被るような姿勢になったりと、遊び遊び練習している感じは受けますね。先週末は坂路で終い2ハロンだけ15秒を切るぐらいのところを乗りましたが、このぐらいペースを上げたほうがいい走りができるようです。ゲートに関してはもう少し練習が必要そうなので、焦らずに進めていきたいですね」(中原助手)

7/20 音無厩舎
20日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ここまで練習を重ねてきて、寄り、駐立ともに問題ない程度まで上達したので、今朝試験を受けました。発馬はまだ速いとは言えませんが、特に問題なくクリアしてくれて無事合格できました。ゲート合格後一度放牧に出すプランもありましたが、今のところカイバ喰いが良く体調が良好なので、このあと疲れが出ないようならデビューに向けて進めていきたいですね。先週末にも15−15程度は乗っていますが、今週末から本格的に速い調教を取り入れてみたいと思います」(東田助手)

続きを読む
posted by NAOKI at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | フォルトファーレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルマニャック近況【11/6/29〜7/19】

6/29 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターあるいは、日によっては屋外坂路でハロン15〜16秒のキャンター2本を行い、週1回は屋外坂路で14−14を取り入れています。「調教中の動きや雰囲気は悪くありませんし、この中間からハロン15秒以上のところを開始しています。これくらいのペースで進めていければ帰厩のメドも徐々に立ってくるでしょうが、馬体重は546キロとまだ余裕がありますので、引き続きしっかりと乗り込んでいきます」(空港担当者)

7/6 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターあるいは、日によっては屋外坂路でハロン15〜16秒のキャンター2本を行っています。「引き続き順調に進めることができています。この中間は速めを取り入れていませんが、緩急をつけることで調教内容にメリハリをつける狙いがあります。見た目に少しずつ筋肉のラインをキレイに見せるようになっていますし、この調子で馬体や動きに磨きをかけていきたいと思います」(空港担当者)

7/19 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本か、日によっては屋外坂路でハロン15〜16秒のキャンター2本を行っています。また週1回坂路で13−13を取り入れています。「この中間は再度坂路で速めを行っていますが、動きは日に日によくなっていますし、順調ですね。検疫の確保状況次第なので流動的なところがあるのですが、ここまでの乗り込みからはそう遠くない移動も視野に入ってきそうですので、引き続き乗り込んで少しでもいい状態で厩舎にバトンタッチしたいと思います」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイルノート近況【11/6/29〜7/19】

6/29  NF早来
屋内周回コース2000mでハロン18秒のキャンター調整を行っています。「少し前まではそれなりに乗れていたこともあり、ひと頃より絞れて530キロほどの体重になっているのですが、普段の動きを見ていてもどこか元気がありません。先週と同様に周回コースのみで調教を行っているところですが、動きを見ているとバネが物足りなく、疲れているように感じてしまいます。気持ちの部分でも前向きさにやや欠けるように見えるので、適度に動かしつつ体調を回復させることがまず必要そうですね」(早来担当者)

7/6  NF早来
屋内周回コース2000mで軽めのキャンター調整とトレッドミルでの調整を交互に行っています。「先週まではハロン18秒程度の調教を行っていましたが、左トモの半腱半膜様筋へかかる負担はまだいくらかあります。坂路入りを行った時期もありましたが、少しでもいい状態に戻してから本格的に攻めていったほうが後々につながるので、コースでの調教を軽めに落とし、交互にトレッドミルでの調整も行うようにしています。歯がゆい気持ちはありますが、立て直して再度この馬のいい走りを見せてあげたいので、少しじっくり行かせてください」(早来担当者)

05.11.7.6.jpg

7/19  NF早来
屋内周回コース2000mで軽めのキャンター調整とトレッドミルでの調整を交互に行っています。「現在も周回コースとトレッドミルで軽めに動かして様子を見ているところですが、本音を言うとトモの状態はあまり変わってきません。歩様を見ていると引っ掛かるような感じでしっかりと入ってこない歩きになっていますし、まだ芯から傷みが取れていないのだと思います。乗れないほどではないので今後も軽めには動かしていきますが、しばらくは現在のメニューでケアを行いながら回復に努めていくことになるでしょう」(早来担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイルノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリティカルヒット近況【11/5/13〜7/15】

5/13 NF空港
馬体重:508kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16〜17秒で2本元気に駆け上がっており、残りの4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで調整しています。坂路の登坂回数・ペース共に負荷を少しずつ強めていきますが、疲れを見せることもなく元気いっぱいです。

5/31 NF空港
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16〜17秒で2本元気に駆け上がっており、残りの4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで調整しています。坂路での手ごたえは抜群で、騎乗スタッフも絶賛している一頭です。馬体も引き締まってきており、競走馬らしくなってきました。今後は脚元に注意しながら、さらにペースを上げていく予定です。

41.11.5.31.jpg

6/15 NF空港
馬体重:516kg 
先月に引き続き、週2日900m屋内坂路コースをハロン16〜17秒で2本元気に駆け上がっており、残りの4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで調整しています。変わらず抜群の動きを見せており、手ごたえにも余裕があるので、さらなるペースアップにも十分対応してくれそうです。

6/30 NF空港
先月に引き続き、週2日900m屋内坂路コースをハロン16〜17秒で2本元気に駆け上がっており、残り4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで調整しています。脚元や体調面に不安はなく、毛ヅヤは以前にも増して更に良化しています。まだ幼い一面を見せますので、その点には注意して進めていきます。

41.11.6.30.jpg

7/15 NF空港
馬体重:518kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16〜17秒で2本元気に駆け上がっており、そのうち1本はハロン15秒の調教をこなしています。また残りの4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで調整しています。変わらずダイナミックなフォームで駆けており、集中力もドンドン高まっている印象です。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルヒット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

ピグマリオン近況【11/5/13〜7/15】

5/13 NF早来
馬体重:467kg 
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mを乗り込み、週3回は屋内坂路コースをハロン16〜17秒(週1回はハロン15秒程度)のキャンターで1本の調教を行っています。父の産駒にしては気性がとても素直で、ゲート練習も全く苦にする様子はありません。騎乗者の指示にもスッと反応を見せ、無駄に入れ込むことなくしっかりと速めの調教に取り組むことができています。

5/31 NF早来
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mを乗り込み、週3回は屋内坂路コースをハロン16〜17秒(週1回はハロン15秒程度)のキャンターで1本の調教を行っています。引き続き好調を維持しており、代謝が良くなってきたことでカイバ喰い、毛ヅヤともにも良好です。体のバランスの良さを活かした、伸びのある走りを見せています。

19.11.5.31.jpg

6/15 NF早来
馬体重:481kg 
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mを乗り込み、週3回は屋内坂路コースをハロン15〜16秒のキャンターで1本の調教を行っています。しっかりと負荷のかかるメニューをこなしながらも、馬体重が増加傾向にあるように体調面に不安な点はなく元気いっぱいです。騎乗スタッフの指示にしっかりと従って運動できており、速めのキャンターでは気持ちの入った動きができています。

6/30  NF早来
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mを乗り込み、週3回は屋内坂路コースをハロン15〜16秒のキャンターで1本の調教を行っています。柔らかで伸びのあるキャンターができており、変わらず順調に乗り込むことができています。しっかりと負荷をかけるメニューをこなしながらも、気性面には落ち着きがあり、いい状態を維持できています。

19.11.6.30.jpg

7/15  NF早来
馬体重:484kg 
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mを乗り込み、週3回は屋内坂路コースをハロン15秒程度のキャンターで1本の調教を行っています。もともとの走りの柔らかさに加えて、力強いパワフルな動きが見られるようになり、坂路調教での動きが一段と良くなっています。体つきは引き締まりながら馬体重が増えているように、良質な筋肉が身についてきているのを感じます。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ピグマリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。