2011年11月13日

サードシアター近況【11/10/22〜11/9】

10/22 鈴木伸厩舎

33.11.10.22.jpg

22日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り中団の位置から徐々に押し上げて前を捕らえにいこうとするも、最後は脚色が鈍り6着。「ダートの走りはいいですね。ハミの受け方もいいし、フォームのバランスもまずまずでした。ピュッと来る脚がまだ使えない分と馬場を考慮して早めに動いたのですが、その分だけ最後は甘くなってしまいました。今日はレコード決着になるくらいでしたし、時計のかかる馬場で見なおしてあげたいです。いい脚を使って上手に走れるようになるまではダートの1600〜1800mあたりを使いつつまず初勝利を目指すほうがいいかもしれません」(北村宏騎手)「雨の分がどう出るかというところもありましたが、芝でもいい馬なので道悪のダートになるのはそれほど不安には思っていなかったんですけれどね。スタートは悪いわけではないのですが、もう少し楽に前の位置を取れれば理想的です。走りがややワンペースなので、楽にポジションを取るには同じ条件でももう少し時計のかかる中か長めのところのほうがいいのかもしれません。この血統のなかでは肉体面の反動が出にくい馬ですが、使ってきているのでレース後の疲れ具合を見てからこのあとのことを決めていきます」(鈴木伸師)条件替わりに期待をしましたが、あいにくの悪天候で逃げた馬がそのまま押し切る前残りの展開になり、積極的なレースをしたものの最後は脚が上がってしまいました。鞍上の感触ではダートの走りはまずまずのようでしたし、芝でもダートでも時計のかかる条件であれば巻き返す余地はあるはずです。このあとはレース後の状態をよく見て目立った疲れを見せるようならば無理をしませんし、それほど変わりないようならばこのまま次走へ向かっていく方針です。

10/27 鈴木伸厩舎
26日、27日は軽めの調整を行いました。「先週は可哀想な馬場でしたし、ちょっと辛かったですね。硬い馬場で走った分、痺れた分もあってかソエっぽいところが両前脚にあるのですが、それほど痛みはないし、大きな心配をするほどではありません。ここで緩めると却って使いづらくなるでしょうから、可能ならばこのまま続戦するつもりです。もちろん無理はしないですよ。ケアの一環として電気針治療を行っていましたが、その効果はあったようです。北村と改めて話をしたところ、トモのハマりが良くなってきていると言ってくれましたからね。今後も入念に馬体のケアを行いながら成長を促し、レースでも前進を図っていければと思っています。今のところここと決めていませんが、東京と新潟の両方を見ながら決めていければと考えています」(鈴木伸師)

11/2 鈴木伸厩舎
2日は軽めの調整を行いました。「引き続きレース後の状態を見ながら調整を行っているところですが、いい意味で変わりありませんね。今朝も無理のない程度に動かしていますが、身のこなし、脚の捌きなどを見る限りそれほど気になるところはありません。今回も背腰のケアを入念に行って、よりいい状態に持っていきたいと思っています。このまま変わりなく調整を進めていければ来週の競馬を考えようかと思います。翌週の新潟の1800m戦を考えることも頭の中にはあったのですが、第3場だからといってメンバーが薄くなるとは限らないですし、できれば同じ鞍上で変化を確認していきたいという思いもありますからね。北村の調整が問題なく付くようならば来週のダート1600m戦を考えています」(鈴木伸師)今のところ12日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)に出走を予定しています。

11/9 鈴木伸厩舎
9日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒0−54秒3−39秒7−12秒8)。「この中間は背中のケアを行うために電気治療を行いました。前回の電気治療の時はしっかりと効果が出て、北村も誉めてくれていましたからね。緩い馬だし、しっかりしてくるまでは定期的に施していくことになるでしょう。レース後に出たソエの状態はそれほども問題なさそうです。硬い馬場で走ったので響いたのでしょう。今のところ歩様を見る限りそれほど気にした素振りは強く見せていませんので、その点も大きな心配は要らないかと思います。当初は今週の競馬を北村で予定していたのですが、金曜日あたりに雨が降って馬場が悪くなりそうな天気予報です。前回と同じことにもなりかねませんよね。延ばしてかならず天気になるとは限りませんが、できるだけ良馬場で走らせたいので今週に限っては見送ろうと思います。北村が怪我をしてしまったのもありますが、騎乗できるできないは別にして来週の日曜日は他の競馬場で乗る予定になっているようなので、来週ならばしっかり追ってもらえるようにベリーにお願いをしました」(鈴木伸師)12日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)は見送り、20日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)にベリー騎手で出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユールフェスト近況【11/9/20〜11/8】

9/20 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「骨が成長してしっかりしてくれば問題ない症状ですし、マシンで動かしていても状態が悪くなることはありませんね。乗っていけるのに越したことはありませんが、まだこれからの馬でもあります。ここで無理をしなかったことが先々につながってくるでしょうし、今後も状態に合わせて調整を進めていきます。馬体重は480キロです」(空港担当者)

9/27 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「この中間もマシンで軽めに動かしていますが、状態はいい意味で変わりないと思います。骨や筋肉の成長には時間が必要ですし、先々につなげていくためにも焦らずジックリと進めていきたいと思います」(空港担当者)

10/4 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「運動メニューは変わりありませんが、時間が経つごとに安定感が増しているように感じます。本当に良くなってくるのはもう少し時間をかけていく必要はあるでしょうが、最近の状態を考えれば、今月中にはトレッドミルでの運動を開始出来ると思いますし、少しずつ調整を進めていきます。馬体重は487キロです」(空港担当者)

10/12 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「脚元の状態は少しずつ安定してきていると思いますし、この中間もマシン運動を行っていく上で不安なところを見せることはありませんね。先週もお伝えした通り、このまま脚元が落ち着いて来れば今月中にはトレッドミルを開始できる見込みです」(空港担当者)

10/18 NF空港
トレッドミルでダクを10分とウォーキングマシンでの運動を行っています。「この中間からトレッドミルでの運動を開始しました。当初の見立て通りに運動を進めることが出来ていますし、引き続き脚元の状態を見ながら一歩一歩進めていきたいですね。馬体重は491キロです」(空港担当者)

10/25 NF空港
トレッドミルでダクを10分とウォーキングマシンでの運動を行っています。「トレッドミルを継続しても脚元は落ち着いていますし、問題なく運動を取り入れることが出来ていますね。この中間は試し乗り程度に周回コースにも入れていますが、状態は変わりありませんし、徐々にその頻度を高めていければと思います。今後も脚元の状態を見ながら運動を進め、この馬の成長を阻害しないようにしていきたいですね」(空港担当者)

11/1 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン25秒のキャンター1500mを行っています。また、週2回は角馬場でフラットワークを取り入れています。「先週は試し乗り程度に周回に入れていましたが、この中間からコースか角馬場で毎日乗り運動を行っています。運動後の歩様も問題なさそうですし、今後も脚元を見つつ運動を重ねていきたいと思います。馬体重は487キロです」(空港担当者)

11/8 NF空港
周回ダートコースでダクを500mと軽めのキャンター2500mを行っています。また、週1日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを取り入れ、週2日は角馬場でのフラットワークを消化しています。「この中間も状態面に不安を見せることはありませんでしたし、坂路での調教を開始しました。負担が掛かり過ぎないようにまだ週1日ですが、確実に調教負荷を強めることが出来ていますし、少しずつ前進しているのは何よりです」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ユールフェスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォルトファーレン近況【11/10/25〜11/8】

10/25 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに戻ってきて馬体をチェックし、異常がないことを確認しました。音無調教師と話をして、しばらくは心身の成長を促していこうということになりましたから、半月ほどはトレッドミル中心にゆったりと体を動かして、まずは疲れを取ってあげたいと思います」(NFしがらき担当者)

11/1 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週に引き続き、トレッドミル中心にゆっくり体を動かしています。間違いなく素質はありますから、ここは焦らずに成長を促していきたいですね。疲れは取れてきていますし、これから中身をじっくり鍛えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

11/8 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間も、ウォーキングマシンとトレッドミルを中心とした軽めの調教で体調を整えています。馬体もいいですし、どこが悪いということはありませんから、まずは精神面のリセットというつもりで取り組んでいるところです。いつ乗り出してもいい状況ですが、この休養で心身ともにしっかりと成長させるつもりですから、焦らずに進めていきます」(NFしがらき担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フォルトファーレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリティカルヒット近況【11/9/20〜11/8】

9/20 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「マシン運動を継続しても脚元に不安を見せることはありませんし、カイバ喰いも安定していますね。引き続きこの調子で進めて、先々の乗り運動の再開につなげていきたいと思います。馬体重は558キロです」(空港担当者)

9/27 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「調教内容は先週と変わりありませんが、今の時期は無理をせずにジックリ進めていくことが重要ですし、継続して運動を取り入れられていことは何よりです。今後も適度な運動を取り入れつつ、脚元が固まってくるのを待ちたいと思います」(空港担当者)

10/4 NF空港
トレッドミルでダクを5分と、ウォーキングマシンでの運動を行っています。「この中間からマシン運動から一段階進めて、トレッドミルでの運動を開始しました。運動後の歩様も問題ないようですし、この調子で少しずつ進めていきたいと思います。馬体重は558キロです」(空港担当者)

10/12 NF空港
トレッドミルでハロン24秒のキャンター5分と、ウォーキングマシンでの運動を行っています。「トレッドミルでの運動を継続していますが、脚元に不安を見せることはりありませんし、この中間は少しペースを上げています。ここまでで気になるところはありませんが、脚元が固まってくるにはある程度時間がかかるものですから、今後も一歩一歩慎重に進めていきたいと思います」(空港担当者)

10/18 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24〜25秒のキャンター1500mを行っています。「この中間から馬場での運動を開始していますが、運動中の脚さばきや運動後の歩様などを見る限りでは安定しています。とは言っても試し乗り程度の軽めの運動ですし、今後も脚元の状態をしっかりと見ながら少しずつ段階を踏んでいきたいと思います。馬体重は552キロです」(空港担当者)

10/25 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24〜25秒のキャンター1500mを行っています。「馬場での運動を継続しても脚元に不安を見せることはありませんし、体調も安定していますね。ただ、馬体を見るとまだ余裕がありますし、あまり焦って進めては余計に負担がかかりやすくなってしまいますので、今後もジックリと負荷をかけていきたいと思います」(空港担当者)

11/1 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24〜25秒のキャンター1500mを行っています。「脚元を含め状態面に不安を見せることはありませんし、この中間もスムーズに運動をこなすこと出来ていますね。この調子で体を慣らしつつ、徐々に乗り込む距離を延ばしたり、ペースアップしていきたいと思います。馬体重は554キロです」(空港担当者)

11/8 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24〜25秒のキャンター1500mを行っています。「まだそれほど速いペースで乗っているわけではありませんが、どこかに不安を見せることはなく、この馬なりに順調に進めることが出来ていますね。雄大な馬体の持ち主で脚元にかかる負担も大きくなってしまいますから、今後も脚元を慎重に見ながらひとつひとつの調教を大事に進めていきたいと思います」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルヒット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピグマリオン近況【11/9/22〜11/8】

9/22 加藤征厩舎
21日は美浦坂路で追い切りました(55秒0−40秒3−27秒0−13秒6)。22日は軽めの調整を行いました。「先週ゲートをクリアしてくれましたので、体調面などを慎重に見てきて13−13程度をやってみて動けるようならばこのまま進めることにしました。週明けまでの様子を見ても体調面はいい意味で変わりなかったので水曜日の朝一に追い切ったのですが、動きがちょっとモタモタした感じでした。まだ緩さもあり、グンと来るところが見られませんね。このままやっていくと疲れも合わさってダラダラとなってしまいますし、体力を養う期間を設けた方が結果的に良かったと言えるような気がしますので、いったん放牧に出させていただくことにしました。楽しみにされている方も多いと思いますが、あくまでも将来を見据えての判断なのでご理解いただければと思います」(加藤征師)23日に山元トレセンへリフレッシュ放牧に出る予定です。

9/23 山元TC
23日に山元トレセンへリフレッシュ放牧に出ました。

9/27 山元TC
坂路でキャンター1本の調整を行っています。「先週にこちらへ放牧に出てきました。疲れなどはそれほどなさそうなのですが、体を見ると緩さがかなり目立ちますね。まだ完成途上の状態で、調教師が言うように今無理をせずしっかり動けるように時間を設けられたのはこの馬のためになると思いますよ。現在は坂路1本登っていますが、少し時間をかけてじっくり乗り込んでいくつもりです」(山元担当者)

10/4 天栄HP

19.11.10.4.jpg

1日に天栄ホースパークへ移動しました。周回コースでハロン20秒のキャンター調整を行っています。「まだ移動してきたばかりですから、まずは環境に慣らせることに主眼を置いて調整を行っています。角馬場でのフラットワークの時はいいのですが、馬場に入ると気持ちが高ぶるような面が見られます。まだ若い馬ですしこの1ヶ月だけでもいくつか環境の変化に対応していますから、徐々に落ち着いてくるでしょう」(牧場担当者)

10/11 NF天栄
周回コースでハロン20秒のキャンター調整を行っています。「元気のいい面を時折見せるのですが、若い馬ですし、ある程度は仕方ないでしょう。ひとつひとつ経験しながら成長を促していく必要があります。体の緩さもあることから、良くなるのはまだ先でしょう。先々につなげていくためにも今は心身のバランスを見つつ、じっくり動かしていきます」(牧場担当者)

10/18 NF天栄
周回コースでハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。「テンション面に課題はありますが、人の手を煩わせて問題があるというレベルではありませんし、成長とともに緩和するものでしょうから、それほど心配は要らないはずです。現在は周回コースで普通キャンター程度の調教を行っています。距離を乗り込みながら体をしっかりさせ、走りもいいものへとしていけるように取り組んでいくつもりです」(天栄担当者)

10/25 NF天栄
周回コースでハロン18秒のキャンター調整を行い、週2回は坂路でハロン15〜16秒のキャンター調整を行っています。「先週は周回コースのみでしたが、まだ気持ちが走るほうへ向ききっていないのかやや前向きさを欠くような感じが見受けられますね。ただし、体の緩さはあるものの体調自体はそれほど悪いわけではないので、調教は進めていますよ。今週は週2回のペースで坂路に入れる予定です。調教師と相談しながら進めて、気持ちを出していければと考えているところです」(天栄担当者)

11/1 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週は順調に乗れていたのですが、先週末に右前脚の内側を踏みかけ(後肢で前肢を追突する等のこと)を起こしてしまいました。その影響で蹄を傷めて一時期は歩様を気にしたのですが、すぐに対処したことで今では歩様も緩和しています。順調に行っていたところだったのにご心配をお掛けして申し訳ありません。現在はマシン運動のみにして様子を見ているところで、脚元の様子を見つつ、再び乗り出せるタイミングを図っていきたいと思っています」(天栄担当者)

11/8 NF天栄
角馬場で軽めのキャンター調整を行っています。「先週は別の脚でぶつけて歩様が悪くなったこともありましたが、一過性のもので今は痛みも落ち着き歩様も緩和しました。数日は様子を見ていましたが、その後も問題なさそうでしたので、この中間より乗り運動を再開しています。現在は角馬場で軽めに動かしているところです。体の緩さがある馬ですし、しっかりしてくるにはもうしばらく時間を必要とするタイプでしょう。状況に合わせた調教負荷をかけながら少しでもしっかりしてくるように促しつつ、再入厩につなげていけるようにしたいと思っています」(天栄担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ピグマリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

アルマニャック近況【11/9/27〜11/8】

9/27 NF空港
26日に去勢手術を行い、無事に終了しました。「去勢手術を無事に終え、今日はウォーキングマシンで軽めに動かしています。しばらくは軽めの運動で状態を確認していく必要はありますが、ホルモンバランスが変わったばかりで体調が悪くならないとも限りませんので、無理をせずに少しずつ動かしていきたいと思います。馬体重は556キロです」(空港担当者)

10/4 NF空港
角馬場での調整を行っています。「去勢の影響か馬体重は544キロと減っていますが、体調自体に問題はありませんので、角馬場で軽めに動かし始めています。今のところ状態が悪くなることはありませんからこのまま進めていきたいと思いますが、しばらくは術後の変化を慎重に見ながら調整メニューを組んでいきます」(空港担当者)

10/12 NF空港
角馬場での調整を行っています。「角馬場で軽めに動かしながら、引き続き去勢後の体調の変化を見ています。運動の様子を見ていても今のところ問題なさそうですので、この中間は初歩の障害練習を開始しています。今後も状態を見ながら、この調子で少しずつ進めていきたいと思います」(空港担当者)

10/18 NF空港
角馬場での調整を行っています。「この中間も角馬場での障害練習を進めています。竹柵を飛ばせていますが、無難にこなしてくれていると思いますし、運動を進めても去勢の影響が出ることはありませんね。引き続き状態を見ながら少しずつ進めていきたいと思います」(空港担当者)

10/25 NF空港
周回コースで軽めのキャンターと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整を取り入れています。「この中間は日のよってコースで乗る日と角馬場で障害を行う日がありますが、体調は安定していますし、順調ですね。今後もこの調子で障害練習やコースでの調教を織り交ぜていきたいと思います」(空港担当者)

11/1 NF空港
周回コースで軽めのキャンターと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整を取り入れています。「この中間は坂路でハロン15秒に近いところまで乗った日があったのですが、調教後に少し疲れた様子を見せていましたので、無理をせずにペースを戻しています。このタイミングで無理をする必要はありませんし、まずは体調をしっかり戻してから再度速めの開始につなげていきます」(空港担当者)

11/8 NF空港
週2回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整や、周回ダートコースで軽めのキャンターを取り入れています。「先週の段階で無理に進めなかったことが功を奏したようで、その後の体調は安定していますし、この中間からは調教ペースを上げて進めています。障害は竹柵を飛ばせていますが、こちらも問題なく対応してくれています。今後もしっかりと体調の変化を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は548キロです」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケミカルチェンジ近況【11/9/27〜11/8】

9/27 NF空港
26日に去勢手術を行い、無事に終了しました。「昨日、無事に去勢手術を終えています。今後は軽めに動かしながら術後の状態を見ていくことになりますが、状態が安定しているようならば少しずつ動かしていくことになるでしょう」(空港担当者)

10/4 NF空港
角馬場での調整を行っています。「去勢手術後にマシンから動かしはじめ、特段気になるところはありませんでしたので、この中間から乗り運動を開始しています。その後の体調も安定しているようですし、今後も状態を見ながら動かしていきたいと思います。馬体重は510キロです」(空港担当者)

10/12 NF空港
角馬場での調整を行っています。「この中間も角馬場で軽めの運動を行っていますが、体調を崩すようなところは見られませんし、術後の経過は順調と言えるでしょう。今しばらくは軽めのフラットワークになると思いますが、状態を見ながら障害練習を開始する時期を探っていきます。馬体重は516キロです」(空港担当者)

10/18 NF空港
角馬場での調整を行っています。「心身の状態は特段変わったところは見られませんでしたので、この中間から竹柵での障害練習を開始しています。今のところスムーズさを欠くようなところはありませんし、今後もこの調子で進めていきたいですね」(空港担当者)

10/25 NF空港
周回コースで軽めのキャンターと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行い、週2回は2本登坂しています。また、日によっては角馬場での調整を取り入れています。「障害練習を行っていても体調に変化はありませんし、順調に進めることが出来ています。この中間から周回や坂路での調教も行っていますが、コース調教の動きも悪くありませんね。今後もこの調子で乗っていくことになりますが、ある程度のペースまで進められるようになったら、NF天栄に移して調整していくことも考えています」(空港担当者)

11/1 NF空港
週3回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行い、残りの日は角馬場での調整を取り入れています。「この中間は坂路での調教ペースを上げていますが、状態は安定していますし、この馬なりに順調と言えるでしょう。障害に対する慣れも出てきて、飛越も悪くないですね。ここまで順調に進めることが出来ていますし、11月中にはNF天栄へ移動して調整を行っていけると思います」(空港担当者)

11/8 NF空港
週3回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行い、残りの日は角馬場での調整を取り入れています。「体調は引き続き安定していますし、この中間も障害練習を織り交ぜつつ順調に調整を進めることが出来ていますね。そう遠くなくNF天栄へ移動することになると思いますので、移動に備えてしっかりと体調を整えていきます。馬体重は524キロです」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイルノート近況【11/9/20〜11/8】

9/20 NF早来
屋外周回コースで軽めのキャンター2400mの調整を行っています。「調教師の期待の通り、順調に進めていければいいのですが、なかなか一気にペースを上げていきにくい状況を脱することができませんね。3つ上のクランエンブレムが大きな仕事をしてくれましたし、この血統は遅咲きであるのは間違いありませんから、それを励みに、今のこの苦しい時期を将来の飛躍のための布石として、辛抱強く接していければと考えています」(早来担当者)

9/27 NF早来
屋外周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mの調整を行っています。「先週まではごく軽めの調教に終始していましたが、この中間よりほんの少しだけ進めて現在はハロン18秒程度のキャンターを乗っています。まだトモがパンとしたわけではないので様子を見ながらの調整になり、負担のかかり方次第で調教の強弱もうまくつけていければと考えています。馬体重は544キロです」(早来担当者)

10/4 NF早来
屋外周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mの調整を行っています。「先週に引き続きハロン18秒程度のハロンペースでキャンター調教を行っているところです。まだ軽いところと言っても過言ではないペースなので過信は禁物ですが、この調子で上げていきたいですね。今を乗り越えてくれれば、帰厩へ向けてまたペースを上げていきたいですね」(早来担当者)

10/11 NF早来
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週2回は屋内坂路でハロン20秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「これまでは周回コースに専念した調教を行っていましたが、今週より過度な負担がかからない程度に坂路へも入れ出しています。坂路の調教を一気に詰め込んでいくと背腰を中心にガクッと来やすくなってしまいますから、現在は週に2回程度です。今のところ問題なく乗れていますから、何とかこのままガクンと来ないまま進めていきたいですね」(早来担当者)

10/18 NF早来
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週2回は屋内坂路でハロン16秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「先週から坂路調教を取り入れたのですが、今のところ背腰の疲れがぶり返すことはありませんよ。乗り進め出したちょうどいいタイミングで和田正道調教師にも確認してもらえたんです。無理をしない程度に乗り進めていって、年内に帰厩そして復帰のメドを立てられればという話になったとのこと。馬もひと頃は大人しさが目立ちすぎるくらいの状態だったのですが、最近は気持ちが徐々に出てきたので、心身ともにいい傾向にあるのは間違いないでしょう。安心はできませんが、順調に行ってくれればと思います」(早来担当者)

10/26 NF早来
週3回は屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター2000mの調整を行い、週2回は屋内坂路でハロン16秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「坂路調教を織り交ぜ始めて少し経ちますが、今のところ変わりはありません。一気に攻め込むとウィークポイントである背腰などに負担がかかってしまう恐れがありますし、今週の調教も先週のものとほぼかわらないものにしてあります。ジワジワ乗り込んでいき、ある程度の形ができれば次のステップへ移行していくことになるでしょう」(早来担当者)

11/1 NF早来
屋内周回コースでハロン17〜18秒のキャンター2000mの調整を行っています。「今週は工事のため坂路入りできない状況なので周回コースのみの調整を行っています。背腰に負担がかかりやすい馬なので基本はフラットコースでの調整を行っている馬ですし、それほど大きな影響はないでしょう。坂路調教再開後は元の調教を行い、その後の様子を見て15−15を取り入れていくことになると思います。馬体重は546キロです」(早来担当者)

11/8 NF早来
週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン15〜16秒のキャンター調整を行っています。「じわじわと進められているようにようやくまともな調教を行えるようになって来ましたね。やはり以前と比べると馬の雰囲気が違いますし、最初の頃の疲れ切ったような雰囲気ではなくなっていますよ。痛みもなくなってきたのでしょうね。そう遠くないうちにまた調教師に状態を確認してもらえると思いますし、今後の進み具合とともに今後の移動のタイミングなどについて相談していければ理想的と考えています」(早来担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイルノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

エンプレスティアラの10近況【11/10/31】

10/31  NF空港

60.11.10.31.jpg

馬体重:473kg 
すでに初期馴致を終えており、現在は角馬場でのフラットワークをこなしています。また400m周回コースでの調教も少しずつ取り入れています。乗り出して1ヶ月経ちますので、徐々に筋肉が付いてきて、脚取りもしっかりしてきています。乗り運動と併行して、トレッドミルでの運動も行っています。今後も基礎体力の強化をメインにじっくり進めていきます。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サークレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンシェントヒルの10近況【11/10/31】

10/31  NF空港

51.11.10.31.jpg

馬体重:435kg 
すでに初期馴致を終えており、現在は角馬場でのフラットワークをこなしています。騎乗運動開始直後は前のめりに走る傾向がありましたが、徐々にトモに力が付いてきており、走りのバランスが良くなってきました。素直な気性で、騎乗者の指示にも敏感に反応してくれています。運動を進めてもカイバ喰いは旺盛で体調は安定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オルヴィエート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。