2011年05月01日

アルマニャック近況【11/4/27〜4/30】

4/27 浅見厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(56秒8−エラー−26秒7−13秒2)。「中1週の競馬が続いていますし、今朝は坂路で軽く馬なり程度の時計を出しました。以前はこのぐらいの時計でも一杯になっていましたが、今は力がついてきてまだまだ余力があるように見受けられます。使ってきてさらに動ける状態になっていますし、新潟コースで積極的に乗ってくれる中舘騎手を配しましたから、期待の大きな一戦になりますね」(浅見師)30日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に中舘騎手で出走を予定しています。

4/28 浅見厩舎
30日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に中舘騎手で出走いたします。

4/30 浅見厩舎

64.11.4.30.jpg

30日の新潟競馬ではまわりの動向を見ながら中団を追走。3コーナー付近からレースが動き出すがそこで控えて終い勝負に徹するも、結果的に前が残り、追い上げるものの6着まで。「勝負どころから捲ることも考えていたのですが、後ろにいた馬に外から一気に来られたし、そこで主張していっても苦しい展開になりそうだったので、そこはあえて待ってロスなく立ち回るほうを選びました。最後に伸びて来ているのですが、結果的に前が残ってしまったし、迫ることができませんでした。悔しいです。ややワンペースなところがあるようですが早めに動きすぎても終いが甘くなるかもしれないし、難しいところですが、もしまた乗せていただけるのであれば今回の経験を活かしてこの悔しさを晴らしたいです」(中舘騎手)短い間隔で続けて使っていますが、うまく調整してもらえていることもあり、馬が堪える様子はなさそうで、輸送を挟んでもプラス体重で出走することができました。平坦コースでさらにもうひと押しを期待したのですが、脚抜きのいい馬場になったことと前が止まらない展開になったことから差を詰めることはできても交わすことまではできませんでした。ただし、復帰してからは常に安定して走れていますし、展開ひとつでチャンスが巡ってくるでしょう。今後につきましてはレース後の状態などを考慮して短期放牧に出すかこのまま続戦するかを判断することになりますが、次走で勝ち名乗りをあげてくれることに期待したいものです。

【管理人コメント】

中舘騎手を配して今度こそと思いましたが、何とも中途半端な感じになってしまいましたね。前2走よりも行きっぷりが良くありませんでしたし、中1週続きの疲れが出たのか、湿った馬場が合わなかったのか、良く分かりません。

一つはっきりしているのは、終い勝負にかけても全然ダメということですね。中舘騎手の言うように、4角でまくるような競馬が合うのではないでしょうか。

次戦がいつになるかはわかりませんが、そろそろ決めておきたいところですね。

応援お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ競馬ブログランキングへ




posted by NAOKI at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。