2011年11月13日

ユールフェスト近況【11/9/20〜11/8】

9/20 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「骨が成長してしっかりしてくれば問題ない症状ですし、マシンで動かしていても状態が悪くなることはありませんね。乗っていけるのに越したことはありませんが、まだこれからの馬でもあります。ここで無理をしなかったことが先々につながってくるでしょうし、今後も状態に合わせて調整を進めていきます。馬体重は480キロです」(空港担当者)

9/27 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「この中間もマシンで軽めに動かしていますが、状態はいい意味で変わりないと思います。骨や筋肉の成長には時間が必要ですし、先々につなげていくためにも焦らずジックリと進めていきたいと思います」(空港担当者)

10/4 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「運動メニューは変わりありませんが、時間が経つごとに安定感が増しているように感じます。本当に良くなってくるのはもう少し時間をかけていく必要はあるでしょうが、最近の状態を考えれば、今月中にはトレッドミルでの運動を開始出来ると思いますし、少しずつ調整を進めていきます。馬体重は487キロです」(空港担当者)

10/12 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「脚元の状態は少しずつ安定してきていると思いますし、この中間もマシン運動を行っていく上で不安なところを見せることはありませんね。先週もお伝えした通り、このまま脚元が落ち着いて来れば今月中にはトレッドミルを開始できる見込みです」(空港担当者)

10/18 NF空港
トレッドミルでダクを10分とウォーキングマシンでの運動を行っています。「この中間からトレッドミルでの運動を開始しました。当初の見立て通りに運動を進めることが出来ていますし、引き続き脚元の状態を見ながら一歩一歩進めていきたいですね。馬体重は491キロです」(空港担当者)

10/25 NF空港
トレッドミルでダクを10分とウォーキングマシンでの運動を行っています。「トレッドミルを継続しても脚元は落ち着いていますし、問題なく運動を取り入れることが出来ていますね。この中間は試し乗り程度に周回コースにも入れていますが、状態は変わりありませんし、徐々にその頻度を高めていければと思います。今後も脚元の状態を見ながら運動を進め、この馬の成長を阻害しないようにしていきたいですね」(空港担当者)

11/1 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン25秒のキャンター1500mを行っています。また、週2回は角馬場でフラットワークを取り入れています。「先週は試し乗り程度に周回に入れていましたが、この中間からコースか角馬場で毎日乗り運動を行っています。運動後の歩様も問題なさそうですし、今後も脚元を見つつ運動を重ねていきたいと思います。馬体重は487キロです」(空港担当者)

11/8 NF空港
周回ダートコースでダクを500mと軽めのキャンター2500mを行っています。また、週1日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを取り入れ、週2日は角馬場でのフラットワークを消化しています。「この中間も状態面に不安を見せることはありませんでしたし、坂路での調教を開始しました。負担が掛かり過ぎないようにまだ週1日ですが、確実に調教負荷を強めることが出来ていますし、少しずつ前進しているのは何よりです」(空港担当者)

【管理人コメント】

遅生まれですし、種子骨の炎症もありましたので無理は禁物ですね。ただキャンターを始めてからは進めるのが早いので、思っていたよりは早くデビューできるかもしれません。

とにかくまたぶり返さずに進められるかがカギですね。

応援お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ競馬ブログランキングへ




posted by NAOKI at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ユールフェスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235020888

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。