2012年01月05日

ケミカルチェンジ近況【11/11/15〜12/1/3】

11/15 NF空港
週3回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行い、残りの日は角馬場での調整を取り入れています。16日にNF空港を出発し、17日にNF天栄へ移動する予定です。「去勢手術後もここまでスムーズに調整を行うことが出来ていましたし、今のところ明日こちらを出発してNF天栄へ移動する予定です。向こうでも引き続き障害練習を行ってもらい、状態を見ながら帰厩時期を探っていくことになるでしょうが、まずは出発までしっかりと体調確認を行っておきます」(空港担当者)

11/17 NF天栄
17日にNF天栄へ移動しました。

11/22 NF天栄
角馬場での軽めのキャンター調整を行っています。「先週、北海道よりこちらへ移動してきました。北海道でも多少障害練習を行っていたようですから、こちらでも定期的に練習を行い、調教を進めていって、感触を確かめながら調教師と相談していければと考えています」(天栄担当者)

11/24 NF天栄
25日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。

11/25 栗田博厩舎
25日に美浦トレセンへ帰厩しました。

11/30 栗田博厩舎
30日は障害練習を行いました。「先週無事に帰ってきてくれました。北海道で調整しているときも何度か見に行っていましたし、順調に乗り込んでもらえていたので楽しみにしていたんです。今後は障害レースを基本に考えていくことになりますが、体がしっかりしてくればいいものはあるはずですから、期待したいですね。さっそく今週から障害練習を開始していて、昨日は慣らし程度に動かして、今朝はスタンド前の竹柵障害2つを飛ばせました。穂苅ジョッキーに手伝ってもらっているのですが、飛びはまずまずのようです。北海道でしっかりやってもらえたことで基礎もある程度できているのでしょう。昨日、今日の感触ならばもしかするとそれほど長い時間を要さずに障害試験まで行けるかもしれませんね」(栗田博師)

12/7 栗田博厩舎
7日は障害練習中心のメニューを行いました。「引き続き障害練習を行っていますが、順調ですね。穂苅ジョッキーに手伝ってもらっていて今朝も乗ってもらいましたが、まずまず。小さな馬場だけでなくスタンド前も飛ばせていますし、水濠障害なども徐々に入れるようにしています。最初は気を使って低い飛越になっていましたが、慣れが出てくればスムーズ。まだコースをひと回りに一気に飛ばすことはしていませんが、徐々に形になってくるでしょう。馬自身に前向きなところがあるから、障害のセンスもあるほうでしょう。順調に来ていますよ」(栗田博師)

12/14 栗田博厩舎
14日に障害試験を受けて、見事合格しました(116秒1−53秒3−39秒8−13秒7)。「ここ数週間の過程を踏まえて今週試験を受けてみることにしました。今週は受験する頭数が少なめでほかに4頭ほどしかいなかったのもあり、ケミカルは単走で試験を受けることになりました。稽古をつけてくれている穂苅を背に受けたのですが、慎重に飛ぶためスピードに長けた走りではなかったものの、馬も自ら完歩を合わせて飛越していたし、まずまず。向こう正面の最初の障害だけちょっとリズムが悪かったですが、全体を通してみれば悪くないなと思える飛越と走りでした。最後も形だけで無理をしていませんから、時計は遅かったのは気にしなくていいでしょう。乗り役は五分五分という評価だったのですが、無事に合格をもらうことができましたのでホッとひと安心ですね。まだすぐに競馬という感じではないかなという気もしますので、このあとも練習と追い切りを重ねていってどのあたりから再スタートして行くか考えていきたいと思います」(栗田博師)

12/22 栗田博厩舎
21日は美浦南Pコースで追い切りました(55秒8−40秒3−13秒1)。22日は軽めの調整を行いました。「その後も順調ですよ。今週から障害練習と追い切りを上手く織り交ぜながら負荷をかけていくようにしているのですが、穂苅ジョッキーも調整方法についていろいろと考えてくれていて、お互いの意見交換をした上で水曜日に70−40程度の負荷をかけることにしました。ほぼ予定通りの時計ですし、動きもまずまず。思惑どおりに進めることができていますよ。今のところ金曜日には障害コースへ行って飛ぶ練習をさせようと思っています。年末年始の期間もありますし、これからもじわじわと稽古を積み重ねていってレースへ向かっていきますよ」(栗田博師)

1/3 栗田博厩舎
3日は美浦南Pコースで追い切りました(67秒0−52秒5−38秒5−13秒0)。「順調ですね。障害試験翌週の調整に続いて年末年始もコンスタントに普段の調教と障害練習を行ってきました。年末には障害練習からの延長線で時計も出していますし、徐々に態勢が整ってきたなと言う印象を受けました。穂苅ジョッキーも同感だったようで、年明け最初の障害レースへ向かって調整を行うことにしました。今朝はポリトラックで5ハロン67秒の負荷をかけたのですが、まずまず。あとは明日以降に再び飛越の練習を行い、金曜日に必要ならば微調整をして9日の競馬へ向かうつもりです。最初のレースになりますから、まず何より無事に終えてほしいですし、今後につながるような競馬を見せてくれれば嬉しいですね」(栗田博師)9日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

【管理人コメント】

ここまで順調に障害競走に出られるところまで来ることができました。1度は骨折した馬なので障害馬となるのは心配でしたが、無事デビューできそうです。

まだまだ練習が足りているとは言えないですし、障害試験のタイムも優秀とは言えません。何度かレースを経験しながら未勝利脱出してもらえればと思います。

まずは無事に周ってきてください。

応援お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ競馬ブログランキングへ




posted by NAOKI at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。