2012年03月04日

フォルトファーレン近況【12/2/29〜3/4】

2/29 音無厩舎
29日は栗東Pコースで追い切りました。「まだトモの力がつききっていない状態で、今の荒れた坂路を走らせるのはマイナスですから、今朝はPコースで併せて追い切りました。相手は新馬でしたが、最後はあっさりと突き放して1馬身ほど先着。終いは12秒6と少し時計がかかりましたが、6ハロンは77秒台でしたからね。ポリトラックとはいえ、後半の時間帯でかなり荒れてきた状態だったことを考えると上々と言えるでしょう。この追い切りでも分かるとおり軽い走りをするので、良馬場がいいですね。帰厩後はそれほど気の悪いところは見せていませんが、念のためレースではパシュファイヤーを着用する予定です」(音無師)3月4日の中京競馬(3歳未勝利・芝1600m)に藤岡康騎手で出走を予定しています。

3/1 音無厩舎
4日の中京競馬(3歳未勝利・芝1600m)に藤岡康騎手で出走いたします。

3/4 音無厩舎

42.12.3.4.jpg

4日の中京競馬では中団後方から追走。直線で追い出しにかかった際には伸びてくるかと思われたが、思うような伸びはなく14着。「厩舎スタッフさんから事前にこの馬の性格のことを聞いていたのですが、聞いて抱いてたイメージほど極端にまわりを怖がって気を遣っているようには感じませんでした。内枠がどう出るかと思っていたのですが、それほど問題ではなかったような気がします。道中の感触は悪くないし、勝負どころではハミも取れていました。これならば終いに脚を使えるかなと思ったのですが、追ってからはむしろ勢いがなくなってしまいました。まだ馬がしっかりしていないからなのかもしれまんが、同じような形を継続するより違ったことを試して刺激を与えながら気持ちを表に出せるようにするのもひとつの手ではないかと思います」(藤岡康騎手)「コースでやった直前の追い切り内容が良かったので、開幕週の馬場はいいのではないかと思っていたのですが、追ってから脚が使えませんでした。久々ということも影響したのでしょうし、レースを使いつつしっかりするのを待った方がいいように思います。芝のレースは間隔を空けないと使えないでしょうし、血統的にダートがダメとは思いませんから、次はダートを使ってみたいですね。競馬を重ねて走り方を覚えていく部分もあるでしょうし、今日は気の悪いところも見せなかったと聞いていますので、叩いた上積みとレース慣れで前進を期待したいと思います」(音無師)帰厩後ひと月以上の期間をかけて乗り込んできましたし、馬場を変えて感触を確かめてみたりパシュファイヤーを試してみたりと試行錯誤してきました。良馬場でレースを迎えることができたのですが、タフな馬場なのかもうひとつ動き切れないまま終わってしまいました。気持ちの問題なのかもしれませんが、経験を積ませつつ変化をつけるなどしながら改善を図っていければと考えています。今後はまずレース後の状態をよく見極めてから判断していく予定です。

【管理人コメント】

うーん、ガッカリとしか言いようがありません。放牧に出してから精神面での成長が見られたようなので、今回は前進してくれると思ったんですがね。はっきり言って一つも良いところがありませんでした。

予想外だったのは中京の馬場がビックリするくらい重いことですが、それにしても負けすぎだと思います。次戦はダートを試すみたいですが、正直芝の重い馬場くらいで競馬にならない子がダートにいって通用するとは思えないですね。

もし勝てても500万下で通用するとは思えないですし、次戦で掲示板を外すならいっそのこと引退も考えてもらいたいなと思ってしまいます。

応援お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ競馬ブログランキングへ




posted by NAOKI at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | フォルトファーレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。