2012年04月02日

ペドレリーア(ジェリクルの10)に追加出資!

キャンセル募集も終わり追加出資をするかどうか皆さん考えている頃だと思います。今年度から始まったポイントもありますし、今年は3ヶ月で3勝と良いペースで勝ってくれているので、もう1頭はいきたいなと。このクラブもなかなか様子見ができなくなってきていますので、ちょっとタイミングが早かったかもしれませんが、ペドレリーア(ジェリクルの10)に出資することにしました。

10年産駒はこれまでオルヴィエートとサークレットに出資しましたが、この2頭はほぼダートで決まりだと思うんですよね。なので出来れば芝馬が欲しいなと思っていたのですが、なかなか良いのがいないので悩んでいました。

この子はここまでの調教がかなり順調で早期デビューできる可能性は十分ですし、動画の坂路調教も一直線に駆け上がっており好印象でした。半姉がダートで良いレースをしていますから、もしかしたらダートにでるかもしれませんが、一応芝でもいけるんじゃないかとふんでいます。まぁこの子も父ネオユニヴァースなので、最悪芝がダメでもダートで勝ちあがれるんじゃないかなという感じですね。

とりあえずこれまでの近況を載せておきます。

9/10 早来F
馬体重:442kg 
体高:156cm 
胸囲:176cm 
管囲:19.7cm

9/30 早来F

28.11.9.30.jpg

馬体重:449kg 
現在も夜間放牧を継続して行いながら基礎体力の強化に励んでいます。中サイズの伸びやかな馬体には窮屈さがなく、健康度の高さが際立っています。気性面での気の強さはありますが、社交的で環境の変化への順応性も高く、今後の育成過程でもメリットとなるでしょう。

10/12 NF空港
本格的な育成を行うため、NF空港へ移動しました。

10/31 NF空港

28.11.10.31.jpg

馬体重:463kg 
移動までは放牧メニューに加えてウォーキングマシンでの常歩運動を40分、馬房内での背馴らしも行っていました。移動後は騎乗馴致に備えて、鞍を付けてのウォーキングマシンでの運動をこなしています。元から伸びやかな馬体でしたが、ふっくらとした厚みも加わり、牝馬らしい丸みも備わってきました。負けん気が強く、グループ内でも自己主張をはっきりする勇ましさがありますが、無駄にテンションが上がるタイプではなく、じっくりと鍛えていけそうです。

11/30 NF空港

28.11.11.30.jpg

馬体重:461kg 
環境の変化にもすぐに対応し、無事に騎乗馴致を終えています。現在はロンギ場での調整を経て、角馬場でのフラットワークをこなしています。運動中はまだ周囲を気にする素振りを見せますが、慣れとともに徐々に解消されていくでしょう。今後も基礎体力の強化をメインに進めていきますが、牝馬にしては馬格があり、非常に頑丈な印象です。父ネオユニヴァースはこれまで牡馬の活躍馬が目立っていましたが、今年のサマー2000シリーズを優勝したイタリアンレッドを出すなど牝馬にも勢いが出てきている点も見逃せません。

12/22 NF空港

28.11.12.22.jpg

馬体重:464kg 
現在は角馬場でのフラットワークと周回コースでのスローキャンター調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン20秒で1本元気に駆け上がっています。ここまでしっかりと調教負荷をかけることができており、順調に調整が進んでいる1頭です。仕上がりが早そうなタイプですので、今後もしっかり負荷をかけていきます。母父メジロライアンは血統的には地味に感じる方もおられるかもしれませんが、同じサンデーサイレンス系種牡馬を交配したことで誕生したフェアリーステークス4着馬メジロオードリーなどが出ており、本馬も早期から活躍できる下地は整っています。

1/13 NF空港
馬体重:467kg 
年末年始は順調に調整をこなしていました。現在は周回コースでのスローキャンター調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン18〜20秒で2本元気に駆け上がっています。少しずつ調教の負荷を強めていますが、疲れを見せることは全くありません。また落ち着いて調教に取り組めており、騎乗者の指示にも即座に反応してくれます。父ネオユニヴァースの活躍馬に共通する自在な操作性があることは見逃せない点でしょう。

1/31 NF空港

28.12.1.31.jpg

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン18秒で1本元気に駆け上がっています。ここまで坂路コースでの調教ペースを上げていますが、相変わらず抜群の手ごたえで登坂しています。回転の速いピッチ走法で安定感抜群の動きを見せており、非常に順調に調整が進んでいる1頭です。動きには現時点で文句のつけどころはなく、母父のメジロライアンからは昨年の朝日杯FS2着馬マイネルロブストが出ている実績もあり、最も注目の1頭です。

2/15 NF空港
馬体重:460kg 
現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン17秒で2本元気に駆け上がっています。さらに調教負荷を高めていますが、体力的に全く堪えるところはありません。気性面で少しカリカリした面を見せていますので、今後はリラックスできるよう慎重に進めていきますが、動きに関しては現時点で不安は一切なく、評価が急上昇している1頭です。

2/29 NF空港

28.12.2.29.jpg

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン17秒で2本元気に駆け上がっています。ここまでの過程はとてもスムーズなもので十分に早期デビューを狙える素材と踏んでおります。今後はリフレッシュを挟みながら調教ペースを上げていき、更なる動きの良化を促していく予定です。

3/15 NF空港
馬体重:458kg 
現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン16秒で2本元気に駆け上がっています。調教の動きはいい意味でスピードが有り過ぎるので、オーバーペースにならないように騎乗者が抑えるのに苦労するほどです。2歳のこの時期としては進んだ調教を課していますが、疲れを見せることもなく、息遣いも良好です。ここまで順調に調整を行うことができており、今後は早期入厩に向けて細心の注意を払いながら進めていきます。

3/30 NF空港

28.12.3.30.jpg

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン16秒で2本駆け上がっています。ここまで速めの時計で調整を進めていますが、動き・息遣い共に良好な状態をキープしています。馬体も更に筋肉量が増えて一層競走馬らしくなっています。「無事に本州へ移動となりますが、何よりここまで抜群の動きを見せてくれていた1頭です。スピードがあり過ぎるといった感じで坂路では時に3ハロン45秒を持ったまま計時できるほどです。テンションが若干高めではありますが、カイバ喰いが落ちることもないので今後に向けても何ら不安な点はないでしょう。早期での始動を期待しています」(空港担当者)「今週の月曜日に見てきたのですが、良くなっていましたね。年が明けて少し経ったくらいのタイミングだったかと思うのですが、そのときはどちらかというと気持ちが表に強く出て走りがややワンペースなところがあったんです。それが今ではそのあたりの課題も徐々に改善されてきているのか、いい走りっぷりをするなかでコントロールも少しずつ利くようになっているみたいですね。華奢に映った1歳時でしたが、今では乗り込み量とともに体に幅も出てきて、心身ともに成長してきたように感じます。だからと言って、そんなにボテッとしているわけではなく程よく引き締まって早期始動を考えられそうな体つきに映りました。近々、入厩に備えてノーザンファーム天栄のほうへ移動してもらう予定ですが、そこで体調を整えて問題ないと思えるようならば4月中のトレセン入厩も考えたいと思っています」(栗田博師)順調な育成過程で調教を積み重ねていることから早期入厩も視野に入れられると判断し、4月2日にNF空港を出発し、NF天栄へ移動して最終調整を進めていく予定です。

応援お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ競馬ブログランキングへ




posted by NAOKI at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ペドレリーア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。