2012年04月10日

サードシアター近況【12/4/4〜4/10】

4/4  ミホ分場
レース後、ミホ分場へリフレッシュ放牧に出ました。「レースの翌日に近郊の牧場へ放牧に出させていただきました。レース直後、翌日、そして放牧先の様子を見ている限りでは大きな反動もなさそうですね。今回の放牧の目的は次へ向けての充電とリフレッシュが主なので、緩めない程度に乗ってもらって、態勢が整い、出走間隔の面でも問題ないと思えるタイミングで帰厩させたいと考えています」(鈴木伸師)

4/10  ミホ分場
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「競馬のあとにこちらへ帰ってきましたが、時間の経過とともにいくらか疲れを見せるようになりました。背腰に疲れと、右前脚に少しだけ骨りゅうの前兆のようなものが見られます。ただし、ひどい痛みがあったり熱感があったりするわけではないので、しっかり治療していけば問題ない程度だと思いますし、今週は徐々に良化傾向にありますよ。キャンター調教もじっくり距離を乗るようにして行えていますし、体のケアをしていけばまた競馬へ向けて厩舎に戻せると思います」(牧場担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

サードシアター近況【12/3/31】

3/31  鈴木伸厩舎

33.12.3.31.jpg

31日の中山競馬では促しながら先団を進む。いい手応えで勝負どころから直線へ向いたが直線で踏ん張り切れず7着。「気合いをつけるためにもスタートから少し出していきましたが、乗せていただいた前回よりもこれまでのレースと比較しても進んでいたように感じます。道中の感触もよく、かなりいい手応えで勝負どころへ向かえたのでこのまま行けるかもと思いましたが、最後は脚色が鈍ってしまいました。内側でずっと追っ付けつつも粘っていた馬がいたので外目を回ったことが最後に影響したのかもしれません。今日の走りができれば小回りは気にならないと思います。ぜひまたよろしくお願いします」(横山和騎手)「前走は体が減っていましたが、プラス体重で送り出せたし、良かったです。今回も積極的に乗ってもらいましたが、ここ最近のなかではいちばんいい競馬だったと思います。小倉の時などを考えると小回りに不安を感じていたのですが、今日の内容ならば小回りも含めて考えていけそうですね。カッカしがちな馬で今日も気持ちの高ぶりを見せていましたから、短期間の放牧に出してガス抜きしてから次へ向かいます」(鈴木伸師)出走を1週延ばしたことでプラス体重でレースへ送り出すことができました。テンションの高揚は見られましたが、気配は悪くなく、前進を期待できました。スタート後の行きっぷりがこれまでのなかでは良かったですし、4コーナーではほぼ持ったままで並びかけてきたときは力が入りましたが、外を早めに動いていった分と目標にされた分で最後は頭が上がってしまいました。減量騎手の起用もいいのでしょうし、内容が徐々にいいほうへ変わってきていますから、何とかチャンスをもぎ取りたいですね。このあとは優先出走権がないこともありますが、気持ちの高ぶりと次走へ向けて体をふっくらさせることを考えて一度リフレッシュさせる予定です。あくまでも馬の状態と出馬状況次第になるので前後する可能性はありますが、数週間の短期放牧を挟んだ上で次走へ向かうことを検討しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

サードシアター近況【12/3/29】

3/29  鈴木伸厩舎
28日は美浦坂路で追い切りました(51秒6−37秒6−25秒0−12秒5)。29日は軽めの調整を行いました。「前走直後の思惑よりは時間はかかりましたが、その後はいい形で回復し、いいコンディションになってきました。カイバも食べてふっくらしてきましたし、次の競馬へ向けた負荷をかけられると週末の時点で判断できましたので、今週の競馬を目標に水曜日に坂路で追い切っています。ほぼ馬なりで坂路をこの時計で上がってきましたし、好感触ですよ。雰囲気だけでなく動きを見ても大丈夫だろうと思いました。あとは土日どちらのレースへ向かうかだったのですが、天気予報が微妙でした。あくまでも週中の時点での天気予報では土曜日の後半の時間帯に雨が降り出しそうなので、影響する可能性が少しでも少ないであろうと思える土曜日の午前中のレースを選ぶことにしました。引き続き減量の利く和生に乗ってもらってさらなる前進を期待したいと思っています」(鈴木伸師)31日の中山競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に横山和騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

サードシアター近況【12/3/14〜3/21】

3/14  鈴木伸厩舎
14日は軽めの調整を行いました。「先週はもうひとつピリッとし切れませんでしたが、少し上向いた内容でしたし、何とかこの良化傾向を継続していきたいですね。レース後こちらに帰ってきてから様子を見ていますが、大きなダメージはなさそうです。輸送で体が減ってしまいましたが、輸送だけで減った分を戻すのは案外早いところもありますし、しっかりケアしてあげればまたすぐ次の競馬を考えられるようになってきそうな状態に感じています。それなので、このまま様子を見ながら手元で調整を続けていくつもりです。あくまでも今後の体の回復具合を見ながらですが、先週のようにメンバーが弱いのは中京ですよね。いちおうプランのひとつとして頭に入れながら検討していきたいと思います」(鈴木伸師)

3/21  鈴木伸厩舎
21日は軽めの調整を行いました。「前走で減ってしまった体の戻り具合がどんなものかが大きなポイントでしたが、当初の見立てより回復がやや遅かったですね。カイバを食べている割には戻りがスローで、今週になってようやく戻ってきたような印象を受けます。すぐに回復するようならば前走同様にメンバーが薄くなりえる中京開催を使いたいと考えていたのですが、再度追い切りを行って、輸送を挟んで競馬となるとちょっとコンディションが整いきれない可能性が高いような気がしています。明日の状態を見てからになりますが、今のところは今週は普通のところにとどめて来週以降のレースを考えるほうがいいのかなと思っているところです」(鈴木伸師)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

サードシアター近況【12/3/8〜3/11】

3/8  鈴木伸厩舎
7日は美浦坂路で追い切りました(52秒8−38秒2−24秒8−12秒0)。8日は軽めの調整を行いました。「水曜日に坂路で追い切りましたが、感触はいいですね。背腰の張りもそれほどきつくなっていないし、体もふっくらしていてコンディションはいい。メンタル面をよく見ていますが、気持ちがないようなこともないし、いい意味で普通なんです。前走、前々走が不可解な負け方だっただけに自信を持って言い切ることはできませんが、この中間の気配はいいんですよ。動きもいいし、これならば今週の競馬を考えられると思いました。当初は中山を中心に考えていましたが、中京の想定を見るとそれほど強力なメンバー構成というわけでもなさそう。右左の得手、不得手はないと思うのですが、改めて振り返ると東京でいい走りができていたし、左回りにいい印象をもてたのは確かなので、中京に矛先を向けることにしました。少しでも利点を増やすために今回は減量騎手を起用したいと思い、横山和生ジョッキーに依頼して稽古にも乗ってもらいました。スタート後の行きっぷりにもよるのでしょうが、積極的な競馬でいい走りを見せてくれればと思っています」(鈴木伸師)11日の中京競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に横山和騎手で出走いたします。

3/11  鈴木伸厩舎

33.12.3.11.jpg

11日の中京競馬ではスタート後に好位に付けようとするも、まわりが速く中団を追走する。直線では勝ち馬から離されてしまうも、最後までしぶとく伸びて5着。「前々で運びたかったので押して行ったのですが、内の馬が速かったのですし、大外枠からの競馬で中途半端な位置に付けて外々を回らされるのは避けたかったので、途中で切り替えて無理せず脚を溜めることを心がけました。勝ち馬は強かったですし離されてしまいましたが、この馬も終いまでしっかり伸びていました。最低限の優先出走権は確保することが出来ましたし、展開やメンバー次第ではもっとやれると思います」(横山和騎手)「今日は和生を乗せて積極的に言ってほしいと指示を出していました。スタートから出していってくれましたが、大外枠もあってコーナーで位置が下がってしまいました。こればかりは致し方ないでしょうが、ここ数戦より道中の行きっぷりは良かったので、気持ちを乗せていったのが良かったのだと思います。時計がもうひとつ詰まってこないのが気になる部分ではありますが、内容はここ最近より持ち直しているので悪くない。それに今回は輸送で体が減ってしまったんです。追い切り翌日には468キロあったので、10キロちょっと減ってしまったのは誤算でしたし、競馬でもグンッと来なかった要因になったのかもしれません。権利は獲ってくれましたが、まずは体を戻すこととレース後の疲れ具合を見て、このあとのことを考えていくつもりです」(鈴木伸師)速い時計で逃げ切った勝ち馬から離されてしまいましたが、この馬自身の脚を使って終いまでしっかりと伸びてくれました。輸送の影響があったのか大きく体が減ってしまいましたし、まずはレース後の状態をしっかり確認してから今後のことを決めていきます。

続きを読む
posted by NAOKI at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

サードシアター近況【12/2/29】

2/29  鈴木伸厩舎
29日は美浦坂路で追い切りました(52秒8−38秒4−25秒1−12秒5)。「先週帰厩してきてから特に気になる点はなかったので金曜日に終い重点で時計を出しました。動きは悪くなかったし、メンタル面でもそれほど気になる点はありませんでしたよ。状態は良さそうなのでそう遠くないタイミングの出走へ向けてピッチを上げています。今朝は再び坂路へ入れて追い切ったのですが、全体が53秒を切るくらいの時計で終いも12秒半。背腰などの張りも目立つことがないし、身のこなしも悪くない。これなら来週あたりの競馬を考えることができるかなと思っています。中京開催もありますが、中京は新しいこともあってか頭数も揃いますし、関西からの遠征馬も多数含まれる傾向がありますからね。基本的には中山戦をメインに考えるつもりです」(鈴木伸師)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

サードシアター近況【12/2/22】

2/22  鈴木伸厩舎
22日に美浦トレセンへ帰厩しました。「乗り出した当初は1800mほどの距離をじっくり動かすものにしていましたが、特に気になるところもなくてその後は倍の距離の3600mでじっくり動かしていました。負荷を強めてもガクッと来るような面を見せませんでしたし、メンタル面も見ていましたが、特に悪さをしたり、後ろ向きだなと思える素振りは見せていませんでした。競馬へ行ってみないとわからない部分もあるかもしれませんが、環境を変えたことで息抜きにはなったでしょう。本日戻りましたので、少しでも前進してくれることを祈って応援しています」(牧場担当者)「本日トレセンに戻すことにしました。短期間のリフレッシュ放牧の予定でしたし、牧場でも問題なく乗れていたとのこと。輸送などで減っていた体もふっくらして数字も10キロちょっとは回復してコンディションはいいですからね。さっそく明日から動かしていき、感触を確かめつつ次走を考えていきます」(鈴木伸師)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

サードシアター近況【11/12/13〜12/2/15】

12/13 NF天栄
周回コースか坂路でハロン17秒のキャンター調整を行っています。「現在は周回コースと坂路を交互に織り交ぜながら乗っています。疲れはまだ残りますので、速いところは行っていませんが、回復具合を見ながら徐々に進めていければと思います。可能であれば年が明けて徐々に具体的なことを決められればいいですね」(天栄担当者)

12/20 NF天栄
周回コースでハロン17秒のキャンター調整を行い、週2回は坂路にも入っています。「順調ですね。先週と同様にコースと坂路を併用しつつ乗り込んでいるのですが、全体的な疲れも徐々に緩和していますし、この調子で行きたいですね。まだ具体的な日程などは決まっていませんが、このまま行けば年明けの中山開催のタイミングで次走へ向かえそうかなとイメージしているところです。詳細についてはこのあとの動きを見つつ鈴木伸尋調教師と相談していければと考えています」(天栄担当者)

1/4 鈴木伸厩舎
4日に美浦トレセンへ帰厩しました。

1/6 鈴木伸厩舎
6日は軽めの調整を行いました。「天栄でじっくり調整を行ってもらっていたおかげで脚元もわりといいようですし、乗り込み量も補えていたようです。それならば当初の予定通り年明けの開催を目指したいと思いましたので、今年最初の検疫を押さえて帰厩させていただきました。その後じっくり動かしながら様子を見ていますが、状態面で気になるところはありませんでしたので、このままドンドン進めていければと思います。当初は中山開催を考えていたのですが、トモなどに疲れが出やすいこともありますし、直前で輸送をして肉体的にも精神的にも堪えさせないようにできる滞在競馬を試してみたいなと思っているんです。ちょうど来週から小倉競馬が始まりますし、小倉を目指して進めていきます」(鈴木伸師)

1/12 鈴木伸厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒6−39秒2−12秒9)。「変わりなく調整を行うことができていますよ。最初の時計は月曜日に出したのですが、半マイル重点でサラッと動かす内容。まずまずでしたから続けて今朝も追い切りました。時計は半マイルになっていますが、少し長めから動かして後半重点。月曜日より少し負荷を強めにかけたのですが、相手2頭のさらに外を馬なりで回ってきてほぼ併入の形に持ち込めていましたからまずまずでしょう。まだ息遣いが荒くて休み明けの影響を感じますが、実質最初の追い切りですからね。許容範囲内のものですし、乗り込んでいけば順当に良化しそうな気がします。このあとは週末にかけて小倉競馬場へ移動させる予定です。それで来週の追い切りを行い、大丈夫と思える動きであれば来週、もう少し調教量を積みないなと思えれば翌週にスライドする形でレースを考えていきます」(鈴木伸師)状態次第で延ばす可能性はありますが、早ければ21日もしくは22日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に丸田騎手で出走を予定しています。

1/14 小倉競馬場
14日に小倉競馬場へ移動しました。

1/18 小倉競馬場
18日は小倉ダートコースで追い切りました(67秒2−52秒3−39秒2−12秒2)。「先週末に無事現地へ移動を済ませることができました。渋滞もなく非常にスムーズな輸送だったこともあってか輸送熱を出すこともなく調整できていますよ。レースでの騎乗を予定している丸田ジョッキーに調教も手伝ってもらって今朝追い切ったのですが、動きは良かったと報告を受けました。ただ、息遣いがもうひとつのようで、先週の追い切りから思ったほど良化しなかったようなんです。できればこの小倉遠征のうちにまず初勝利を決めたいと思っていますし、よりいい形でレースへ向かわせてあげたいので今週の競馬は見送り、来週のレースへスライドすることにしました」(鈴木伸師)今週の出走は見送り、28日か29日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に出走を予定しています。

1/26 小倉競馬場
25日は小倉ダートコースで追い切りました(56秒9−41秒4−13秒2)。26日は軽めの調整を行いました。「予定を1週延ばさせてもらいましたが、その甲斐あって状態は上向いてきました。先週の動きはまだ重たかったものの、ビシッとやったことから気配も上向いてきて普段の様子も良化。日曜日にも終い重点で動かしたのですが、もう仕上がってきていると丸田も感じてくれたようでした。週明けの様子もいいことから今週の最終追いは単走でサッと行ったのですが、感触は引き続き良かったと現地から報告をもらうことができました。丸田も評価してくれているようだし、いいところを見せてほしいですね。土日2鞍とも空けておくようにして、相手関係等を見た結果、日曜日のダート1700mへ向かうことにしました」(鈴木伸師)29日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に丸田騎手で出走いたします。

1/29 小倉競馬場

33.12.1.29.jpg

29日の小倉競馬ではスタートで後手を踏んでしまい後方を追走。追い上げていきたかったが行きっぷりもひと息で最後も伸びがなく13着。「スタートで躓いて遅れてしまいました。流れに乗せようとしたのですが、その後も突っ張り気味でなかなか進んでいきませんでした。本当は早めにアクセルを踏んでいきたかったのですが、内にややモタれていたので、修正しながらの競馬を強いられてしまいました。調教のときは目立っていたわけではなかったんですけれど…。ツンツンツンした走りだったのは硬い馬場を気にしていたのかもしれません。血統的にもさばきの硬さがあるようなのでもっとふかふかの馬場で走らせてあげたかったです」(丸田騎手)滞在効果を求め、また乗り込みを重ねて今週の競馬へ向かいましたが、残念ながら不得手な硬い馬場コンディションになってしまい走りにも影響が出てしまったのでしょう。このあとに関しては馬の状態、出馬状況などを考慮してこのまま滞在して次へ向かうか否かを検討していく予定です。

2/1 小倉競馬場
1日は軽めの調整を行いました。「先週はいいところがなくて敗因を模索するのに悩んでしまうほどでした。具合は良かったはずなのに申し訳ございません。改めて丸田とも話をしたのですが、仕上がりが悪かったということはなかったし、レース前から気がなかったというわけでもなかったようなんです。ちょっとだけテンションの高揚があったことと流れに乗れなかったことで空回りしてしまったのかもしれません。レース後の様子を見ていても走った感がなく、元気な様子を見せていますからね。ちょっと消化不良になってしまいましたが、一回使ったことでフィットしてくるはずです。初戦で結果が伴わなければという前提でしたが、小倉で2戦するつもりでしたので、そのまま滞在させています。ただ、来週で最後になりますから出られるかは何とも言えません。あくまでも出馬状況次第になるのですが、堪えた様子がありませんし、中1週だけでなく連闘も視野に入れるかもしれません」(鈴木伸師)

2/2 小倉競馬場
「想定を見ていたところダートより芝のほうが入る可能性が高い状況でした。来週にしたから確実に入るという保障もなかったので、今週を考えることにしました。今の芝は時計もかかりやすくなっていますし、芝もダメな馬ではないはずです。丸田は乗れませんが、松田大作が乗れることになりましたし、もしかしたら小倉のダート1700mのような急がされる条件よりはゆったりと回れるほうがいいのかもしれませんので2000mということに不安はありません。改めて芝を使ってみることでジョッキーから感想も聞けるし、今後に活かすこともできるでしょうからね。先週が消化不良な形になってしまったので改めて期待したいと思っています」(鈴木伸師)5日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)に松田騎手で出走いたします。

2/5 小倉競馬場

33.12.2.5.jpg

5日の小倉競馬ではスタート後の行きっぷりがひと息で後方から。内々を回りながら差を詰めようとしたが伸びがなく11着。「騎乗が決まってからこれまでのレースをすべて見たのですが、北村騎手が乗っていた時のように好位で進めるのが理想的かなと思っていました。ゲートを出ていい位置を取りに行きたかったのですが、全然進んで行きませんでした。どこかでハミを取ってくれるのかと思ったのですが、そういったところのないまま一周してきてしまいました。初騎乗なのではっきりとした事は言えませんが、連闘による目に見えない疲れなどがあったのかもしれません」(松田騎手)「連闘で臨んだ今回でしたが外見上で肉体的な疲れはそれほど感じませんでしたし、悪くない状態で臨めたと思います。前走が競馬にならなかったので、ある程度のポジションに付けてほしいとジョッキーに指示したのですが、スタートから進んでいきませんでした。お休み前のときのような気持ちが見られなくて、まったくいい走りができていません。能力からすれば芝でもダートでもそれなりにやれるはずなのに、今回の走りを見るとどうも精神的なものが影響しているようです。小倉までの長い輸送が堪えたのか、はたまた他に原因があるのかは何とも言えませんが、このままでは悪いほうに傾いていく一方になりえるでしょうから、メンタル面のリフレッシュを促してから次へ向かうようにします。申し訳ありません」(鈴木伸師)消化不良になった前走でしたし、刺激を与える意味でも連闘策を取り巻き返しを狙いましたが、前回に続いてピリッとしない内容となってしまいました。前走は他の敗因も考えられましたが、今日の走りは精神的なものによるような感触を受けました。そのことを考慮して、いったん美浦トレセンへ戻したあとにリフレッシュ放牧を挟んで次走へ向かっていく方針を持っています。

2/8 鈴木伸厩舎
8日に美浦トレセンへ移動しました。「火曜日に小倉競馬場を出発して今朝方こちらに帰ってきました。前々走は直接見ることができなかったのですが、前走はしっかりと確認するためにも小倉まで臨場しに行ってきたのですが、直前直後の様子を見ていても精神的な落ち着きにやや欠けるような感じが見受けられました。どこか苦しいのか精神的に安定していなかったことから走る際も気持ちが整わなかったのかもしれません。この血統のなかでもいいんじゃないかと思っているし、期待しているのに結果が伴わず歯がゆい。それは出資されている皆様も同じだと思いますし、上手くいかずに本当に申し訳ありません。この苦しさを取らないと成績を上げることも難しいですし、使っていくこともできませんから、ちょっとの期間でもリフレッシュをさせたいと思っています。NF天栄へ出すことも考えたのですが、輸送も短くて美浦のすぐ傍にある、藤沢厩舎なども使っているミホ分場で3〜4週間ほどリフレッシュをさせます。もし思ったより期間が必要そうと思える状況になるのであればそのときは大きな施設のある天栄へ移動して現地で調整を進めてから次走を目指すつもりです」(鈴木伸師)9日にミホ分場へ放牧に出る予定です。

2/9 ミホ分場
9日にミホ分場へ放牧に出ました。

2/15 ミホ分場
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週トレセンからこちらへ放牧に出てきました。調教師からは疲れやすい背腰のチェックとケア、そしてリフレッシュをかねて調整をしてほしいと指示を受けています。来てから数日は軽めで様子を見ていましたが、肉体面に大きな傷みはなさそうですね。必要ならばマイクロレーザーなどを当てるつもりですが、今のところは大掛かりな治療は必要ないかもしれませんね」(牧場担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

サードシアター近況【11/11/16〜12/6】

11/16 鈴木伸厩舎
16日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒6−39秒9−12秒8)。「先週の競馬は見送らせていただきましたがコンディション自体はキープできていますし、順調です。ただ、あまり延ばしすぎると気持ち的にも精神的にも良くなさそうなので今週の競馬は使いたいと考えていますが、気になるのは空模様ですね。天候が崩れそうな予報ですが、単純に比較すれば先週よりはそれほど馬場が悪くならないんじゃないかなとも思っています。前走のような極端な馬場にさえならなければ大丈夫だと思いますので、今週は予定どおり行くつもりで今朝追い切りました。多少内に向くようなところはあったけれど悪くはありません。ソエのほうもコンクリートのような馬場を走ったことで響いただけですし、悪くはなっていません。背腰も大丈夫ですから、何とかいい走りをさせてあげられればと思っています」(鈴木伸師)20日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)にベリー騎手で出走を予定しています。

11/17 鈴木伸厩舎
20日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)にベリー騎手で出走いたします。

11/20 鈴木伸厩舎

33.11.11.20.jpg

20日の東京競馬は中団からの競馬。馬群の中で脚を溜め直線では外から伸びるも4着。「スタートしてからの200mくらい全然スピードに乗らなかったですね。その後、一瞬ゴチャつきかけましたが、それ以外はスムーズな競馬が出来ました。直線では脚を使ってくれてはいますが、脚抜きのいい馬場であそこまで追い込むのが精一杯でした。まだ、体がしっかりしていなくて幼いけど、素直な馬ですし、もう少し距離があればもっといい競馬が出来ると思います」(ベリー騎手)「良馬場で走らせてあげたかったので1週延ばしたけど、結果としては前走と同様の不良馬場でのレースとなってしまいました。それでも、後ろで溜めて直線ではそれなりに脚は使ってくれたのは収穫ですね。ただ、硬い馬場を2走連続走っているし、ソエも出かかっている馬ですからこのあたりでいったん放牧へ出したいと思います。休養を挟むことで体もしっかりしてきてくれると思います」(鈴木伸師)良馬場で走らせたいと願っていましたが前日の大雨でまたもや不良馬場での出走となってしまいました。優先出走権利は獲得しましたが権利が有効なうちに出走をさせようとするとソエの症状がきつくなる可能性がありますので、いったん今週中にNF天栄へ放牧に出る予定です。まだまだ幼い面が残る本馬ですがこれからの成長に期待したいと思います。

11/23 NF天栄
23日にNF天栄へリフレッシュ放牧に出ました。「思った以上に雨が降り、馬場も悪くなってしまったので頭を抱えていたのですが、最後はいいところを見せてくれましたね。道中で少しふわふわするところがあったので厳しいかもと思ったときもあったのですが、直線ではまずまずの脚。ベリーがしっかり動かしてくれたことも良かったのでしょう。いいところを見せてくれたし、今後につながるいい内容だったのでこの調子で上昇させたいですね。ただ、さすがに使ってきた疲れが出てきているようなので、優先出走権はありますがここでひと息入れたいと思います。天栄で疲れを癒してもらいますが、回復具合を見て可能ならば年明けの中山開催、もう少し時間が欲しいとなれば臨機応変に考えていければと思っています」(鈴木伸師)

11/29 NF天栄
角馬場で軽めの調整を行っています。「先週の水曜日にこちらへ帰ってきました。デビューから前走までの間にソエの症状が出たりしたようですし、背腰の疲れも見られたようなので、そのあたりの見極めから入っています。先週いっぱいはマシン運動のみにとどめていましたが、今朝から乗り出しています。大きな不安はなさそうなので乗り出しているのですが、まだ軽めです。少しずつ動かしながら気になるポイントが出てこないかをよくチェックしながら調整を行っていきます」(天栄担当者)

12/6 NF天栄
坂路でハロン17秒のキャンター調整を行っています。「先週はじめは角馬場での軽めの調整を行っていましたが、今週は進めて坂路で普通キャンターの調教を行っていますよ。ちょっとだけですが全体的に疲れたような印象を抱かせますから、じわじわと乗りつつコンディションを整えていこうと考えています」(天栄担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

サードシアター近況【11/10/22〜11/9】

10/22 鈴木伸厩舎

33.11.10.22.jpg

22日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り中団の位置から徐々に押し上げて前を捕らえにいこうとするも、最後は脚色が鈍り6着。「ダートの走りはいいですね。ハミの受け方もいいし、フォームのバランスもまずまずでした。ピュッと来る脚がまだ使えない分と馬場を考慮して早めに動いたのですが、その分だけ最後は甘くなってしまいました。今日はレコード決着になるくらいでしたし、時計のかかる馬場で見なおしてあげたいです。いい脚を使って上手に走れるようになるまではダートの1600〜1800mあたりを使いつつまず初勝利を目指すほうがいいかもしれません」(北村宏騎手)「雨の分がどう出るかというところもありましたが、芝でもいい馬なので道悪のダートになるのはそれほど不安には思っていなかったんですけれどね。スタートは悪いわけではないのですが、もう少し楽に前の位置を取れれば理想的です。走りがややワンペースなので、楽にポジションを取るには同じ条件でももう少し時計のかかる中か長めのところのほうがいいのかもしれません。この血統のなかでは肉体面の反動が出にくい馬ですが、使ってきているのでレース後の疲れ具合を見てからこのあとのことを決めていきます」(鈴木伸師)条件替わりに期待をしましたが、あいにくの悪天候で逃げた馬がそのまま押し切る前残りの展開になり、積極的なレースをしたものの最後は脚が上がってしまいました。鞍上の感触ではダートの走りはまずまずのようでしたし、芝でもダートでも時計のかかる条件であれば巻き返す余地はあるはずです。このあとはレース後の状態をよく見て目立った疲れを見せるようならば無理をしませんし、それほど変わりないようならばこのまま次走へ向かっていく方針です。

10/27 鈴木伸厩舎
26日、27日は軽めの調整を行いました。「先週は可哀想な馬場でしたし、ちょっと辛かったですね。硬い馬場で走った分、痺れた分もあってかソエっぽいところが両前脚にあるのですが、それほど痛みはないし、大きな心配をするほどではありません。ここで緩めると却って使いづらくなるでしょうから、可能ならばこのまま続戦するつもりです。もちろん無理はしないですよ。ケアの一環として電気針治療を行っていましたが、その効果はあったようです。北村と改めて話をしたところ、トモのハマりが良くなってきていると言ってくれましたからね。今後も入念に馬体のケアを行いながら成長を促し、レースでも前進を図っていければと思っています。今のところここと決めていませんが、東京と新潟の両方を見ながら決めていければと考えています」(鈴木伸師)

11/2 鈴木伸厩舎
2日は軽めの調整を行いました。「引き続きレース後の状態を見ながら調整を行っているところですが、いい意味で変わりありませんね。今朝も無理のない程度に動かしていますが、身のこなし、脚の捌きなどを見る限りそれほど気になるところはありません。今回も背腰のケアを入念に行って、よりいい状態に持っていきたいと思っています。このまま変わりなく調整を進めていければ来週の競馬を考えようかと思います。翌週の新潟の1800m戦を考えることも頭の中にはあったのですが、第3場だからといってメンバーが薄くなるとは限らないですし、できれば同じ鞍上で変化を確認していきたいという思いもありますからね。北村の調整が問題なく付くようならば来週のダート1600m戦を考えています」(鈴木伸師)今のところ12日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)に出走を予定しています。

11/9 鈴木伸厩舎
9日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒0−54秒3−39秒7−12秒8)。「この中間は背中のケアを行うために電気治療を行いました。前回の電気治療の時はしっかりと効果が出て、北村も誉めてくれていましたからね。緩い馬だし、しっかりしてくるまでは定期的に施していくことになるでしょう。レース後に出たソエの状態はそれほども問題なさそうです。硬い馬場で走ったので響いたのでしょう。今のところ歩様を見る限りそれほど気にした素振りは強く見せていませんので、その点も大きな心配は要らないかと思います。当初は今週の競馬を北村で予定していたのですが、金曜日あたりに雨が降って馬場が悪くなりそうな天気予報です。前回と同じことにもなりかねませんよね。延ばしてかならず天気になるとは限りませんが、できるだけ良馬場で走らせたいので今週に限っては見送ろうと思います。北村が怪我をしてしまったのもありますが、騎乗できるできないは別にして来週の日曜日は他の競馬場で乗る予定になっているようなので、来週ならばしっかり追ってもらえるようにベリーにお願いをしました」(鈴木伸師)12日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)は見送り、20日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)にベリー騎手で出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

サードシアター近況【11/10/5〜10/20】

10/5 鈴木伸厩舎
5日は軽めの調整を行いました。「レース後の様子を見ているところで、今朝も朝一番で乗りましたが、大きな問題はなさそうですし、疲れも目立ちませんね。もう少し様子を見ますが大丈夫でしょう。先週の競馬はいい勝負になると思っていたし、もっといい走りをできると思っていただけに残念。休み明けの影響が大きいと思いますが、フットワークが変わらなかったことがやや気になります。当初はもう1回芝を使って変化を見ることも考えたのですが、いいときに違う舞台を試す意味も大いにあると思いますから、次はダートへ向かってみるプランも検討しています。距離がダメということはないでしょうが、ダートならば1600mくらいで見てみたい気もするので、今のところ3週目のマイルを目標にしようと思っています」(鈴木伸師)今のところ22日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)を目標に調整しています。

10/13 鈴木伸厩舎
12日、13日は軽めの調整を行いました。「出走間隔が短くなりますし、今週はそれほどやるつもりは元々なかったのですが、週末に少し疲れがあったんです。腰に疲れが出たので、日曜日に電気針をあてて治療を行いました。その効果もあってか腰の状態は上向きですね。それほどやる必要もないので、今週の時計は明日以降の週末に出すつもりで、来週も変則日程の影響がありますから、月曜日にそれなりのところをやって、最終調整を大きめにするか終い3ハロン程度をスッと動かすようなものにしようと考えています」(鈴木伸師)22日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)に出走を予定しています。

10/19 鈴木伸厩舎
17日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒8−39秒9−12秒7)。19日は軽めの調整を行いました。「先週に続いて今週も美浦トレセンは変則日程なので今朝が全休日明けになります。レースが土曜日なので木曜日に追い切るとちょっと可哀想かなという気もしますので、当初の予定どおり最終追い切りは月曜日に済ませました。ウッドチップにて2頭併せで後ろから追いかける形でした。半マイル重点でしたが馬なりで来ましたし、終始手ごたえがありましたよ。動きを見る限り不安という不安はありません。中間に電気針をあてた腰に関してもガクッと来たというほどではなく、元々背腰の甘いところがあるところに使ったなりの張りが見られたくらいで、ケアの一環として行ったものですからそれほど心配は要りませんよ。感触は引き続き良好なので前走からのひと叩きでより動けるようになってくれているはずです。今回条件が替わる分やってみないとわからない面はありますが、走りからこなすことはできそうですから、前進を期待しています」(鈴木伸師)22日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)に北村宏騎手で出走を予定しています。

10/20 鈴木伸厩舎
22日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)に北村宏騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

サードシアター近況【11/9/22〜10/1】

9/22 鈴木伸厩舎
21日は軽めの調整を行いました。22日は美浦南芝コースで追い切りました(64秒8−50秒6−37秒2−11秒7)。「先週の追い切り後も変わりはないですね。感じは相変わらずいいですから、コンスタントに動かして競馬へ向かっていける態勢を整えるようにしています。水曜日は天候が悪かったので速いところは控えて木曜日に行うようにしました。今朝いちばんにコースへ入ったのですが、芝コースが程よいクッションの利いた馬場だったので本馬場で追い切ったんです。新馬2頭が先行しているところを約1秒ほど後ろから追いかけて、並びかけるようなものを求めたのですが、手応えが違いすぎて抜け切ってしまいました。念のためもう1週乗り込んでから競馬へ向かいたいと思いますので、来週にします。1600mと1800mがあり、どちらでもいいのでしょうが、1800mのほうが距離だけでなくコース形態を見てもよりいいような気もしますね。そのときの状況次第で変わる可能性もゼロではありませんが、今のところ土曜日の1800mを第一に考えています」(鈴木伸師)10月1日の中山競馬(2歳未勝利・芝1800m)に出走を予定しています。

9/28 鈴木伸厩舎
28日は美浦南Pコースで追い切りました(67秒5−52秒2−38秒5−12秒7)。「先週は1週前追い切りということで本馬場でビシッと追い切りましたから、最終追い切りはそれほどやる必要もないだろうと思っていました。それなので、負荷をかけるというよりはスピードに慣らすようにポリトラックで終い重点の調教を課しています。前を追いかけて内から並びかけるというものだったのですが、追い出してからの反応もしっかりしていましたし、伸びもよかったですよ。時計も考えていたものに近いですし、無事に仕上がったと思います。デビューのときは息づかいが気になりましたが、今回はそういったことはありません。あのときはおそらく暑さもあってピークを越えていて、呼吸器官もしっかりし切れていなかったから堪えていたのかもしれません。体力的に苦しかったのでしょうが、それでいて見どころのある走りをしてくれたわけですし、順調に来ている今回は当然楽しみも広がりますよね。1800mの組まれている土曜日の中山には松岡がいないようなので、信頼をしている北村宏司にお願いしました」(鈴木伸師)10月1日の中山競馬(2歳未勝利・芝1800m)に北村宏騎手で出走を予定しています。

9/29 鈴木伸厩舎
10月1日の中山競馬(2歳未勝利・芝1800m)に北村宏騎手で出走いたします。

10/1 鈴木伸厩舎

33.11.10.1.jpg

1日の中山競馬では5、6番手につけて流れに乗る。スローを見越して早めに動き出すが直線で脚色が鈍り5着。「上手に走る馬ですし、いい形で立ち回れました。距離云々は問題ないと思います。ただ、ペースが遅かったので早めに動いたのですが、追い出してから思ったよりストライドが伸びなかったですね。硬いというほどではないんですけれど、もう少し体を大きく使って前へ進んでいく走りが出てきてほしいですね。間が少し空いていた分もあるでしょうから、使った分の変化があるかもしれません。次に期待したいですね」(北村宏騎手)「具合は良かったし、いい勝負になると思っていましたが、追ってからがモタモタしてギアが上がりませんでしたね。まだトモがパンとしていないのもあってか追ってからフットワークが変わり切れません。久々の分もあるのでしょうから再度同じようなゆったりと行ける条件を使うつもりですが、先ではダートを選択肢のひとつに入れていいかもしれませんね」(鈴木伸師)立て直した効果で、まずまずの状態で2戦目へ向かうことができました。しかし、休み明けの影響もあってか追ってからグッと来るところが見られませんでした。ひと叩きした効果が見込める次走での巻き返しに期待したいものです。今後についてはレースの疲れが出ないかをよく確認してから次走へ向けた調整を行っていきます。

続きを読む
posted by NAOKI at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

サードシアター近況【11/9/8〜9/14】

9/8 鈴木伸厩舎
7日は美浦南Wコースで追い切りました(58秒4−42秒5−14秒2)。8日は軽めの調整を行いました。「水曜日に追い切ったのですが、ちょっと時計が遅くなってしまいましたね。ただ、この馬自身が一杯一杯になったわけではなく、併走した馬が思ったより動けなくて、その馬に合わせたため時計が遅くなったというものでした。それなので、この調教時計を見て心配されることはないかと思います。今週の競馬を使うわけではありませんし、調整はつけられます。週末や来週の調教の際にうまく補うようにして、乗り込んでいきます。まだ具体的な予定は決めていませんが、早くて中山3週目かそれ以降のレースかなとイメージしています」(鈴木伸師)

9/14 鈴木伸厩舎
14日は美浦坂路で追い切りました(52秒4−38秒6−25秒7−13秒1)。「先週の追い切り時計はちょっと遅かったのですが、週末にしっかり動かして補いましたし、順調に進めることができていますよ。今朝も坂路で追い切ったのですが、感触は上々ですね。だいぶ動きもしっかりしてきましたし、思惑通りに仕上がりつつあります。これならば近いうちに競馬へ向かってもいいかなと思わせる状態ですが、来週の競馬と決め付けないで、再来週も視野に入れつつ検討するつもりです。3週目も4週目も1600m、1800mともに組まれていますし、メンバーも分散しやすいでしょうから、あくまでも今後の馬の状態次第でいずれかのレースへ向かっていくようにしたいと思っています」(鈴木伸師)

続きを読む
posted by NAOKI at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

サードシアター近況【11/8/16〜8/31】

8/16 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24〜25秒のキャンター3500mを行っています。また、週2回は屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本を取り入れています。「状態は落ち着いていましたので、この中間から坂路での調教を開始しています。もちろん無理にペースアップしているわけではありませんし、調教を重ねる中で基礎体力を養い、成長を促していければと考えています」(牧場担当者)

8/23 NF空港

33.11.8.23.jpg

周回ダートコースでダクを500mとハロン24〜25秒のキャンター3500mを行っています。また、週2回は屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本を取り入れています。「それほど速いペースで乗っているわけではありませんが、リラックスしていい調教を行えているようですし、状態は徐々に上向いてきていますね。調教師からは秋競馬に備えて近々移動させたいと聞いていますし、検疫次第では今週中に戻る可能性もありますから、移動の声がかかったらスムーズに対応できるように調整を進めていきます。馬体重は463キロです」(牧場担当者)

8/26 鈴木伸厩舎
26日に美浦トレセンへ帰厩しました。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

サードシアター近況【11/8/9】

8/9  NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24〜25秒のキャンター3500mを行っています。「先週まではマシン運動にとどめて、状態把握に努めていました。基礎体力が付き切っていないため疲れを見せたこともありましたが、現状では馬場で軽めに乗り始めています。今後も馬の状態と成長に合わせて焦らず進めていきたいと思います。馬体重は457キロです」(牧場担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

サードシアター近況【11/8/2】

8/2  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「状態は先週と大きく変わらず推移していますが、熱い中で競馬をした後ですし、マシンで軽く動かしながら状態を確認しています。2歳馬と言うこともあり、まだこれから基礎体力を養っていかなければならない部分もありますから、引き続きジックリと負荷をかけていければと思います」(牧場担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

サードシアター近況【11/7/26】

7/26  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「先週こちらに戻ってきて、マシンで軽めに動かしながら状態を確認しています。レースの反動が大きく出ているわけではありませんが、まだ体力が付き切っていない部分もあるようですから、状態をしっかり見極めつつ進めていきたいと思います」(牧場担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

サードシアター近況【11/5/3〜7/20】

5/3 NF空港
屋内坂路コースでハロン15秒などを取り入れられているようにここまで順調に進められていることから、5日にNF空港を出発し、7日に美浦トレセンへ入厩する予定です。

5/8 鈴木伸厩舎
7日に美浦トレセン・鈴木伸尋厩舎へ入厩しました。

5/11 鈴木伸厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「先週末に無事トレセンへ入ってきました。初めての長距離輸送によって体調を崩すようなこともありませんし、順調に美浦での生活をスタートすることができていますよ。まだ最初の段階ですから角馬場やコースなどをじっくり動かして馴染ませることから始めています。この血統に見られる敏感な面はそれほど目立っていませんし、この調子で少しずつ動かしていって、最初の課題であるゲートの練習を徐々に取り入れていければと考えているところです」(鈴木伸師)

5/19 鈴木伸厩舎
18日、19日はゲート練習中心のメニューを行いました。「トレセンに着いて数日はそれほど気にならなかったものの、ちょっとカイバの喰いに頼りない一面を見せることがありました。そのため空港牧場の担当者と連絡を取って、カイバをうまく調整をすることで今では少し食べてくれるようになっていますよ。引き続きゲート主体で調教を行っていますが、まだビュンッという速いスタートは切れないものの、練習のたびに反応は見せてきていますので、順調に良化していると思っていただいて大丈夫です。体や表情を見ても幼さが残る馬ですが、変なクセは見せませんし、いい性格の持ち主だと思いますよ」(鈴木伸師)

5/26 鈴木伸厩舎
26日はゲート試験を受けて見事一発合格しました。「先週に続いて今週のゲート練習の感触が良かったので、練習の意味も込めて今朝受けてみました。私は別の馬に跨っていたので直接感じることはできませんでしたが、入り、駐立ともに問題なく、スタートもまずまず。いい意味でクセがなく普通に出てくれて無事に合格してくれましたよ。これまで本当にスムーズ。北海道でもガクッと疲れが出て調教をしばらくお休みしたという話を聞いたことがないし、根本が強い馬なのでしょうね。余裕綽々というわけではないけれど、今も耐えているというほどギリギリな印象も受けませんし、いい形でデビューへ向けて進めていけそうです。今週いっぱいは様子を見ますが、問題なければこのまま進めていって中山開催のデビューを目指すつもりですよ」(鈴木伸師)

33.11.5.26.jpg

6/1 鈴木伸厩舎
1日は軽めの調整を行いました。今週は明日2日に追い切る予定です。

6/2 鈴木伸厩舎
2日は美浦坂路で15−15を行いました(60秒0−44秒7−29秒7−14秒9)。「ゲート合格後の様子を見ても特段変わりはなかったですから、予定どおり今週よりデビューへ向けて動かしていくことにしました。火曜日、水曜日はじっくり動かすメニューに終始し、今朝少し時計を出しました。そうは言ってもこれまでほとんどゲート練習に費やしてきましたし、初めて行くようなものですから今日は15−15前後のところ。問題なく登れていたし、最初としては悪くないかなという走りでしたから、この調子で少しずつ上げていければと思っていますよ」(鈴木伸師)

6/9 鈴木伸厩舎
8日は美浦坂路で追い切りました(57秒0−42秒4−27秒7−13秒6)。「デビュー戦へ向けて15−15からスタートしていますが、先週に時計を出したあとも順調ですよ。それを踏まえて今週はまた一歩進めて14−14から終いを少し伸ばす追い切りを課しました。全体は57秒でほぼ予定どおりです。気配は悪くないし、このレベルの調教でも対応できているので、このあともうまく進めていけそうですよ。可能ならば来週はさらにもうひとつ詰めてみたいと考えているので、そのときの感触を持ってある程度の計画が立てられるようになるのではないかと思っています」(鈴木伸師)

6/16 鈴木伸厩舎
15日は美浦坂路で追い切りました(52秒1−38秒4−26秒0−13秒4)。16日は軽めの調整を行いました。「鈴木伸尋厩舎の調教のお手伝いをさせてもらっているのですが、今週のサードシアターの追い切りに跨らせていただきました。これまでは基礎的な乗り込みが中心だったようで、今週は本格的に速いところを行ったのですが、時計は52秒台。まずまずの反応を見せていましたし、動きは悪くなかったですよ。坂路の分、息などについてはジャッジしにくい部分があるのは否めないのですが、感触は良かったので、そろそろデビューを検討できるようになってくると思います。スピードを求められるような競馬より、前半はゆったりめに入って持久力を発揮するような競馬のほうがベターのような気もしますから、少し距離はあってもいいのかもしれませんね」(千葉騎手)「これまでは4ハロン55秒ほどの時計を重ねて速いところへ移行していく下地作りをしていたのですが、順調に来ていましたので今週から少しピッチを上げ出すことにしました。今回は52〜53秒くらいのところで登ってくることができれば理想的かなと思っていましたが、ほぼ思惑通りで時計だけでなく動きも良かった。これならばもう数週間すれば出走の態勢も整ってきそうな気がします。血統などのイメージもあるのですが、最初は1200mからというより少し距離のあるほうが良さそうな気もしています。もちろんこれから速いところを重ねていって変化が出てくれば考え直すかもしれませんが、中山にも新潟にも組まれているマイルくらいの番組を目指していくのがいいかなと考えているところです」(鈴木伸師)

6/22 鈴木伸厩舎
22日は美浦坂路で追い切りました(50秒3−37秒1−24秒8−12秒7)。「先週から少しピッチを上げ出しましたが、強めた分だけ堪えるかと思いきや、まったく大丈夫そう。それならばということで今週はさらに上げて4ハロン51〜52秒くらいのところを指示しました。前回の追い切りに続き千葉ジョッキーを乗せて行ったのですが、彼も高評価をしていましたし、見ている側としても満足できる動きでした。ほぼ馬なりで上がってきて50秒3。乗り手曰く“終いに少し出してやや狭いところへ入れようとしたら戸惑いもあって少し気を使った。その分だけ少し時計を要したが慣れれば大丈夫そう”という課題も挙げてくれましたし、いい過程のなかで調整を進めることができています。この調子ならば近々のデビューを考えることができるでしょう。コース形態を考えれば広々とした新潟を使いたい気もしますが、仕上がりを考えれば中山の4週目でも良さそう。乗り役などの兼ね合いもありますし、いろいろな要素を踏まえてどちらかのレースへ向かうことにしたいと思います」(鈴木伸師)7月9日の中山競馬(2歳新馬・芝1600m)か17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)のいずれかのデビューを目標に調整を進めています。

6/29 鈴木伸厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒1−54秒7−40秒4−13秒0)。「今朝の追い切りで松岡ジョッキーに跨ってもらいました。そして、これまでは坂路主体の調教でしたので、実戦を想定して今朝はウッドチップコースへ入っています。3頭併せで後ろから追いかける形だったのですが、馬なり併入とまずまずの動きを見せてくれました。コースでも変に気を抜くようなことがなかったし、時計はそれほど目立つものではなかったけれど、いい追い切りができたと思いますから、このままデビューへ向かっていきたいですね。ジョッキーに感想を聞いたところ距離は1800m以下のほうが良さそうということでした。あくまでも今後の仕上がり具合を見ながらですが、新潟のマイル戦に目標を設定するつもりです」(鈴木伸師)7月17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に松岡騎手で出走を予定しています。

7/6 鈴木伸厩舎
6日はゲート練習を行いました。「ここ1〜2週間で急激に暑くなったことで先週末あたりは少し暑さが堪えた様子を見せていました。あまりやりすぎるとコンディションの下降を招くと思っていたので、今朝は速い追い切りを行わずにデビュー前の確認の意味も込めてゲートから出す練習を行いました。パートナーのほうが速かったものの、この馬も大きな問題はありません。このあとをどうするか少し悩むところですが、厩務員に言わせると持ち直してきているとのこと。たしかに今朝はそれほどジメジメした感じが少ないので、その分いいのかもしれません。予定を前倒しすることも考えましたが、いい乗り役もいなそうなので予定どおり来週の競馬へ向けて調整を行います。万が一、再度疲れを見せるようなことがあれば先々を考えて無理しない選択肢も持っておきたいと思います」(鈴木伸師)17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に松岡騎手で出走を予定しています。

7/13 鈴木伸厩舎
13日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒3−55秒0−41秒2−13秒2)。「疲れが出てきたかなと思えた後は慎重に様子を見てきましたが、先週無理をさせなかったことが良かったようで、また盛り返してきましたね。週末の様子を見てこのまま競馬へ向かっても大丈夫と思えましたので、今朝追い切ることにしました。それなりにやってきたので今朝は70−40くらいの時計を無理せず出すことに終始しましたが、3頭併せで先行し、直線もいちばん外をまわる形でした。それでも持ったまま楽に動けていましたし、軽く仕掛けてからの反応も上々。態勢は整ったと思いますよ。血統面などを見ると派手さはないですが、この馬はこれまでのホワッツニューの仔のなかではちょっと違うかもと期待しているんです。競馬はやってみないとわかりませんが、松岡も楽しみにしてくれているみたいだし、私も楽しみにしています。あとは除外だけですね」(鈴木伸師)17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に松岡騎手で出走を予定しています。

7/14 鈴木伸厩舎
「予定通り日曜日のマイル戦へ投票したのですが、残念ながら除外となってしまいました。来週のマイルへ向かわざるを得ないかと思っていたのですが、土曜日の1400mに空きがあり、なんと松岡も乗れるとのこと。ジョッキーがかなり乗りたがっていたし、来週の予定している馬を調整までしようとしてくれていたのですが、この暑い中なので出走が延び延びになってコンディションを落とすのは避けたい。また、松岡が跨って追い切ったときの感触では“長くて1800mまでで、短めの距離でもいいのでは”という言葉もありましたので、迷いなく再投票をさせてもらいました。不幸中の幸いと言いますか、大幅な予定のズレがなく出走させてあげられるのは間違いなくいいことなので、楽しみにしています」(鈴木伸師)17日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に出馬投票しましたが非当選除外となり、再投票して16日の新潟競馬(2歳新馬・芝1400m)に松岡騎手で出走いたします。

7/16 鈴木伸厩舎
16日の新潟競馬ではスタート後のダッシュがもうひとつで後方から。ポジションを上げていって直線へ向かいジリジリと伸びるも5着まで。「二の脚がひと息でしたし、その後の動きも稽古の時とはやや異なりましたね。終始追いっぱなしになったのですが、それでいて終いも脚をそれなりに使えているし、狭いところにも入れる。普通ならば直線で下がってしまってもおかしくなかったのですが立派な馬です。勝てなかったのは残念ですが、内容は100点に近い評価を与えられるものだったと思います。調教で乗せてもらったときから期待していたのですが、今日の走りを見てもやはり走ってきそうだし、いい馬ですよ。少し息遣いが気になった部分もありますが、しっかりしてくれば楽しみです。真面目だから距離が長すぎるのはあまりいいとは思いませんし、1600〜1800mくらいが良さそうな気がします」(松岡騎手)「真面目な性格でしっかりと走るから跨った人間は距離が長くなりすぎるのは良くないという話でしたし、再投票してここへ向かいました。しかし、結果からするとちょっと忙しかったですね。それでも、松岡が言うように内容は十分で、走ってきそうなのを確認できた収穫のあるレースだったと思います。普段はおっとりして穏やかな馬なのですが、競馬場に着いてから一変して結構煩かったですね。いつもと違うのを察知したのでしょう。その影響からスタートもやや遅めになったのだと思います。気持ちの変化がいいほうへ活きればいいのでしょうが、苦しくなるリスクもありますから、今後は注意しながら接していきたいと思います。レース後、少しだけ咳をしていたと松岡が言っていました。体調は良かったし、大きな問題ではないのですが、まだしっかりし切れていないことと、この暑い中で走った分もあるでしょうから、このあとは無理をしないでお休みにしてあげたいと思っています」(鈴木伸師)デビュー戦を無事に迎えることができました。これまでの感触から期待は高まりましたが、稽古の動きとはやや異なった印象で、終始鞍上の手が動くほど忙しさを感じさせるレース内容でした。デビュー勝ちできればもちろん言うことはないのですが、収穫のあったレース内容と言えるでしょう。今回の経験を今後に活かして初勝利を目指していきます。気温が上昇する中、入厩してからデビューまで馬も頑張ってくれました。まだ内臓面や肉体面などしっかりしていない部分もありますし、しっかり疲れを癒してさらなる成長を促すために今後はリフレッシュ放牧に出る予定です。

33.11.7.16.jpg

7/20 NF空港
「デビュー戦は結果こそ残念でしたが、荒削りな中でも光るものがあったし、今後がとても楽しみになる内容でしたね。レース後の反動がないかを数日かけて見てきましたがこれと言った問題はありません。松岡が指摘した息遣いだけが少し気になりますが、疾患というほどではありません。ただ、用心するに越したことはないでしょうから予定どおり放牧に出します。山元トレセンでも良かったのですが、最初はわかっているところへお願いする方がいいでしょうし、本州より涼しいですからね。北海道へ放牧に出し、向こうでの状態を見ながら具体的なことを決めていきたいと思っています。札幌でもいいのではと思っていますが、戻す時期や馬場コンディションなどを踏まえて北海道を考えるかこちらの秋競馬を目指していくことになるでしょうね」(鈴木伸師)20日にNF空港へ向けてリフレッシュ放牧に出ました。

続きを読む
posted by NAOKI at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

サードシアター近況【11/4/28】

4/28  NF空港

33.11.4.28.jpg

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16〜17秒で2本元気に駆け上がっており、うち1回はハロン15秒の調教も開始しました。残りの3日は1000m周回ダートコースでスローキャンター調整をこなしています。調教ペースを上げてもテンションが上がることはなく、カイバ喰いも安定しています。今後もリフレッシュ期間を設けるなど緩急をつけた調教で進めていきます。

続きを読む
posted by NAOKI at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

追加出資決定(サードシアター)

なかなか更新できずにいましたが、その間に気になっていた馬に残口警報が出てしまったので、考えた結果出資することにしました。その子はサードシアター(ホワッツニューの09)です。

追加した決め手としては、

1、調教過程が順調で体質も良さそうであること
2、馬体重がそこそこあり、測尺も出資できる範囲内であること
3、血統的に適性が広そうで、チャンスが数多くありそうなこと

他にもいろいろ考えましたが、値段も手ごろですし(笑)出資することになりました。ご一緒の方よろしくお願いします。

とりあえずこれまでの近況を載せておきます。

続きを読む
posted by NAOKI at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サードシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。