2012年04月10日

ケミカルチェンジ近況【12/4/4〜4/7】

4/4  栗田博厩舎
4日は障害練習を行った後、美浦北Cコースで追い切りました(69秒5−54秒9−40秒9−13秒0)。「順調ですね。予定通り週末は大きめのところを乗りましたし、レース後の疲れも取れています。今週の競馬へ向けて順調に来ていますし、これまでどおり当該週の追い切りを今朝行いました。その前に小さな障害を飛ばせて確認し、馬場へ移ってサラッと時計を出したわけですが、気になることは特になく、いい意味で変わらずに来ています。競馬もあと少しというところまで来ていますから、今回も安定した走りをしてもらい、結果はさらに上を目指して欲しいですね。穂苅は結局先週の競馬を自重したようですが、今週は乗るつもりと言ってくれているし、大丈夫でしょう」(栗田博師)7日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

4/5  栗田博厩舎
7日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走いたします。

4/7  栗田博厩舎

27.12.4.7.jpg

7日の中山競馬では道中中団からの競馬になるも、勝負どころになってもなかなか上がっていけず、直線もジリジリとした伸びになってしまい6着。「障害の飛越や道中の折り合いが極端に悪いということはなかったのですが、流れの中でなかなか先団との差を詰められませんでした。直線で伸びてくれてはいますが、やはりもう少し前から進めたかったですね。結果論にはなってしまうのですが、ここのところ馬場が重い中での競馬が続いていましたし、今日は良馬場でそれなりにスピードを求められたことに戸惑ったところがあったのかもしれません。今日こそはと思っていたのですが、申し訳ありません」(穂苅騎手)「最後は詰めてきているし、今の出馬状況を考えてもあの着差は大きかったですね。穂苅はスピードを求められたからなのかちょっと苦しかったと言ってました。これまで道悪馬場を続けて走っていたし、変化に対応しきれなかったのかもしれませんね。位置もちょっと後ろすぎました。状態は変わりなくきていたし、勝たせてあげたかったのですが、申し訳ありません。もしかしたら見えない部分で溜まってきているものもあるかもしれませんし、権利も外してしまったので、一回リセットさせようかと考えています」(栗田博師)前走では勝ち馬と差のない走りをしてくれましたし、今日は初勝利に期待のかかる一戦でしたが、良馬場の競馬の流れに乗り切れなかったのか、思うような脚を見せることができませんでした。ここまでコンスタントに競馬を使ってきたことで目に見えない疲れが蓄積してくる可能性がありますし、優先出走権を逃して直ぐの出走が難しい状況でもありますので、この後は放牧に出してリフレッシュを図る予定です。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

ケミカルチェンジ近況【12/3/28】

3/28  栗田博厩舎
28日は軽めの調整を行いました。「いい意味で変わりありませんし、順調ですよ。競馬が続いていますから、こちらでやることはいかに今の調子をキープするかだけになるでしょう。タフな馬場を何度も走っているわけだし、強い負荷ばかりをかけていると馬も堪えて調子落ちを招いてしまいかねませんからね。今回も次の競馬までは中2週になりますので、週末にかけて大き目を乗り、来週整えて競馬という方法を取るつもりです。先週の競馬で穂苅が落馬したのでこちらはヒヤヒヤしましたが、当の本人はのん気なもの。“だいじょうぶです〜”と軽く返されましたからね(苦笑)。まぁ、これまで付きっ切りで育ててくれたジョッキーがこのあとも乗れることに越したことはないので、今週も無事にレースを終えてもらって来週に臨んでもらえればと思っていますよ」(栗田博師)4月7日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

ケミカルチェンジ近況【12/3/7〜3/22】

3/7 栗田博厩舎
7日は軽めの調整を行いました。「先週1週間しっかりと見てきましたが、大きなダメージはなかったですね。疲れもひと通り抜けましたし、回復自体も速かったですからこれならばすぐに競馬を考えられるなと思って穂苅と相談しました。馬の感じと調整の仕方、そして穂苅の都合などを合わせて来週の競馬にしようということになりましたので、そのつもりで乗っているところです。今朝は普通のところをじっくり乗るようにして、週末大きめ、来週それなりにやって再度競馬へ向かう調整方法を考えています」(栗田博師)17日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

3/15 栗田博厩舎
14日は障害練習を行った後、美浦北Cコースで追い切りました(70秒5−54秒9−40秒8−13秒2)。15日は軽めの調整を行いました。「今週が予定の競馬の週なので、当該週の追い切りはこれまでと同様に穂苅に乗ってもらって行いました。最初に小さな障害を飛ばせたのですが、感触は変わらず良好だったようで、なんら問題ありませんでした。その後はダートコースで動かしていますが、使ってきているし、間隔もそれほど空いていませんからコンディションを維持する程度。穂苅の話からも引き続き順調に来ているという手ごたえをつかめましたし、これで良いでしょう。前走、前々走はなんだか歯がゆい競馬。見方を変えれば安定して走れているので偉いですが、他の馬に気を使って遠慮しているような感じですもんね。特に前走は後ろから押してあげたくなるくらいもどかしかったのですが、少しずつ内容が良くなっているのは確かなので、今回3度目の正直とならないかなと思っています」(栗田博師)17日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走いたします。

3/17 栗田博厩舎

27.12.3.17.jpg

17日の中山競馬では道中は好位から進め、直線では勝ち馬との脚比べになり2着。「道中はリズムよく運べましたし、直線もしっかりと伸びてくれたのですが、勝ち馬がしぶとく残っていて…。もう少しでしたし、あそこまで行ったら勝ちたかったです。申し訳ありません。結果こそ2着でしたが、レースを重ねるごとに道中はリラックスして走れるようになっていますし、確実に前進していますから、次こそはの気持ちです」(穂苅騎手)「雰囲気が良かったし、下見所でも落ち着いて歩けていましたので、いい形でレースに臨めるなと思いながら送り出しました。レースは比較的安定した飛越を見せていましたし、さらに内容に進展があったんですけれどね。勝ち馬も強かったのですが、あの手応えなら差し切ってほしかったのが正直なところですよね。前回と同様に気を使ったところがあったのかな。離れたところから一気に交わすような形ならもしかしたら違ったかもしれませんが、あれからさらに外というのも極端かもしれませんし、仕方ありませんね。指定席になりかけていた5着ではなく2着に前進してくれましたから、次はもうひとつ前ですね」(栗田博師)外から勢い良く上がって直線に向かえたときは期待が高まりましたが、勝ち馬もしぶとく伸びて悔しい2着となってしまいました。それでもレースぶりに進展が見られますし、次こそは初勝利を収めてほしいものです。今後についてはタフな馬場での競馬が続いたあとですし、より慎重に状態を確認してから決めていきます。

3/22 栗田博厩舎
21日、22日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は残念でした。下見所でケミカルには“遠慮しなくていいからね”と喋りかけておいたのですが、伝わっていなかったかな(苦笑)。体を併せに行ったことで相手もしぶとく伸びることができていましたから、出し抜けを食らわせるくらいの感じで乗れればあの差も逆転していたような気もしますが、仕方ありませんね。現在はレース後の様子を見ているところですが、脚元等は問題なさそうです。タフな競馬が続いているのですが偉い馬です。疲れは多少なりともありますので、しっかりケアをして次走へ向かいます。今のところ3週目のレースを目標にできればと考えていますよ」(栗田博師)4月7日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

ケミカルチェンジ近況【12/3/1】

3/1  栗田博厩舎
1日は軽めの調整を行いました。「先週は勝ちパターンかと思ったんですけれどね。最後にグッと来れなかったのには物足りなさは感じますが、全体の内容を見ると安定感は徐々に増しています。コツコツとレースを経験していって力をつけさせていければと思っていますよ。レース後の様子を見ている最中ですが、今のところレースを走ったことで脚元などに不安を発症することはなさそうです。昨日も今日も軽く乗っていますが、引き続きチェックしていきます。続けて使ってきている分、そしてタフな馬場で走っている分だけ疲れもありますから、今後の回復具合を見つつ具体的なことを穂苅と相談していければと思っています」(栗田博師)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

ケミカルチェンジ近況【12/2/23〜2/25】

2/23  栗田博厩舎
22日は美浦北Cコースで追い切りました(69秒7−54秒0−39秒9−12秒6)。23日は軽めの調整を行いました。「予定通り先週末にポリトラックでサラッと動かし、最終追い切りを今週の水曜日に行いました。穂苅に跨ってもらって北馬場に入り、障害を飛ばさせてからコースでの追い切っています。穂苅に一任しているので細かい指示は出していませんでしたが、飛越の確認も問題なかったですし、動きに関しても気になるところはなかったと言ってくれましたよ。いよいよ今週が競馬になるわけですが、中山コースは息が入るので改めての気持ちですね。変な天気予報で、雨が降っては止んで、また土曜日に降りそう。馬場がきれいに越したことはないのですが、下に気を使いながら走るだろうから前走のようにガツンと行くことはないんじゃないかなと思っています。それでもガツンと行けばある意味大したものなんですけれどね(苦笑)。ここ2戦は上々の走りを見せてくれていますし、今回は内容だけでなく着順も前進してくれないかと思っています」(栗田博師)25日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走いたします。

2/25  栗田博厩舎

27.12.2.25.jpg

25日の中山競馬では4番手で流れに乗り、レースが動き出したときにじわっと進出して接近していくが踏ん張り切れずに5着。「今日のような馬場でも極端にノメるようなところはなく、飛越もまずまずでした。直線では手応えが残っていましたし、もっと行けるかと思ったのですが、伸びそうで伸びなかったですね。それでも、厩舎スタッフの方々の取り組みの成果が出てきてくれたのか、道中の折り合いは少しずつつきやすくなっているように感じますし、今後も安定して走れればチャンスはくるはずです」(穂苅騎手)「う〜ん、あそこまで行けば差し切ってほしかったな眼鏡ぴかぴか(新しい)。課題の折り合いについては前回より良かったような気がするし、リズムもそれほど悪くなかったですからね。直線に向いてあとは伸びるだけという感じだったのにまるで他の馬に遠慮しているように伸びてくれませんでした。それでも毎回掲示板を確保できるので立派ではあるんですけれどね。今は力をつけるときでもありますし、経験を積みながらチャンスを掴めるようにしたいです」(栗田博師)折り合い面を考えると中山替わりはプラスに出ると読んでいましたが、ほぼ思惑通り悪くないリズムで道中を運べていたと思います。課題点はクリアできていたでしょうが、最後のひと踏ん張りという点で力のまだ足りないところはあるので、経験を積みつつさらなる地力強化を図っていきます。このあとについてはあくまでも馬のレース後の疲れ具合を見た上で続戦するかどうかを判断していきます。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

ケミカルチェンジ近況【12/1/11〜2/15】

1/11 栗田博厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「まだ課題はあるけれど、上々でしょう。前半そろっと乗って、後半に頑張らせるというレースをしてくれたことで障害への慣れも出やすいでしょうし、長い距離のレースをこなすことを考えても今後に活きるでしょうからね。初戦としては馬も頑張ってくれましたし、穂苅もうまくリードしてくれたと思います。幸い、レースのダメージはそれほどなさそうですよ。まだレースからそれほど時間が経っていないので少なくとも今週いっぱいは様子を見ますが、問題なければこのまま次へ向かっていきましょう。そういう状況なのでまだどこのレースへ行くと決めているわけではないのですが、可能な限りまた穂苅に乗ってもらいたいと思っているので、馬の状態と乗り役の都合を照らし合わせながらレースを選べれば理想的と思っているところです」(栗田師)

1/18 栗田博厩舎
18日は軽めの調整を行いました。「先週いっぱいは軽めに動かしつつレース後のケアに充てていましたが、脚元を含めて変わりなかったです。安心できましたので、今週から徐々に上げていこうかなと思っていますよ。まだ今朝は角馬場とコースでじっくり動かす程度の調教にとどめていますが、問題なく進めていけるでしょう。穂苅と相談したところ来週の競馬で調整ができそうなので、このまま問題なければ来週の東京戦を考えます。おそらく週末にちょっと濃い目のところを乗って、来週追い切りを課してからレースへ向かうという調整方法を取ることになると思います」(栗田博師)28日の東京競馬(4歳上障害未勝利・ダ3000m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

1/25 栗田博厩舎
25日は障害練習を行ったあと、美浦北Cコースで追い切りました。「予定通り先週末に55−40くらいを乗って、今朝追い切りを行ってレースへ向かう調整を行うようにしています。今朝は穂苅を乗せてまず北馬場のスタンド前の障害3つを飛ばせました。わりと安定した飛越を見せていましたし、良かったと思いますよ。そして向こう正面で止めて、外コースのダートコースへ移動し、じわっと動かしました。動きも軽さがあって良かった。総体的に見ていい調教ができたと思いますし、いい形でレースへ臨めるような気がします。前走は調教みたいなものだったから、一度実戦を経験した今回は上積みを期待できると思うんです。もちろんコースも違いますから一筋縄ではいかないかもしれませんが、楽しみのほうが大きいですね」(栗田博師)28日の東京競馬(4歳上障害未勝利・ダ3000m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

1/26 栗田博厩舎
28日の東京競馬(4歳上障害未勝利・ダ3000m)に穂苅騎手で出走いたします。

1/28 栗田博厩舎

27.12.1.28.jpg

28日の東京競馬では道中で早めに先頭に立って直線で粘り込みを図るも、最後は徐々に脚が鈍ってしまい5着。「理想としては前に馬を置いて進めたかったのですが、周りが遅く押し出されるようなところがありましたし、少しハミを噛み気味に行ってしまいました。飛越はまずまず安定していましたし、もう少し上手くなだめながら乗れれば良かったのですが、申し訳ございません」(穂苅騎手)「ジョッキーが言っていたように道中で少しハミを噛んでいたようだけど、競られて極端に厳しい展開でなかったことを考えればもう少し粘ってほしかったかな。それでも権利は確保出来ましたし、まずまずと言えるでしょう。中山のほうがバンケットがある分息が入れやすいのかもしれませんが、今日の東京の走りも安定していたし悪くなかったでしょう。この後の番組を見ると中1週での東京開催か中3週での中山開催。権利内での次走を考えればどちらかを目標にすることになると思いますが、あくまでもレース後の状態を見てから最終的に決めたいと思います」(栗田博師)道中で少し力んでしまい踏ん張り切ることが出来ませんでしたが、飛越を含めレース内容は悪くなかったでしょう。この後はレース後の状態を確認してから決めることになりますが、自分のリズムで運んで結果に結び付けたいところです。

2/1 栗田博厩舎
1日は軽めの調整を行いました。「具合も良かったし、先週は前進を狙っていたんですが、結果はもうひとつとなってしまいました。飛越などは一度使って安定味もいくらか増していたように感じましたし良かったのですが、いかんせん道中でがっちりハミを取ってしまいましたからね。平地のときから乗り難しさはあった馬ですが、もう少しリラックスしてハミをくわえないでふわっと走れれば最後におつりを作れたはずなんですけれどね。残念。ただ、それでいて権利は外さないわけですから、徐々に力をつけていって走り方も上手になっていってくれればと思っていますよ。レース後の様子を見ているところですが、今のところは変わりありません。このあとについてはもう一度東京を使う考えもなくはなかったのですが、気性を考えると間隔を詰めてカッカした状態で行かせるよりは十分な間隔を持っていったほうがいいのではないかと思いました。穂苅とも喋りましたが、バンケットがあれば息も入りやすいだろうということでしたので、次の目標は中山の開幕週にしようと思います」(栗田博師)25日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に出走を予定しています。

2/8 栗田博厩舎
8日は軽めの調整を行いました。「その後も変わりなく来ていますよ。十分な間隔を取って次走へ向かいますので、今週は軽め。やればすぐトップギアに入ってしまうから今はゆったりじんわり乗ったほうが馬も楽になりますからね。来週あたりまでじわじわと乗って競馬が近くなってきたら徐々にピッチを上げていきたいと考えていますよ。前走は案外だったけれど、まだ2戦。それで安定して上位に来ているわけですから、何とかしたいですね」(栗田博師)25日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

2/15 栗田博厩舎
15日は軽めの調整を行いました。「引き続きじんわりと動かしながら調整をしていますが、前走の疲れも癒えてきましたし、精神的にもまずまず。たっぷり時間をかけながら調整をできていることから心身ともに悪くない状態を維持できていますよ。仕上がり早のタイプですし、ガリガリやることはありませんから、週末に大き目を乗って来週にビシッとやれば大体の態勢は整うでしょう。使ってきている馬だし、それで十分だと思っています。穂苅もいろいろとオファーのあるジョッキーですが、来週の競馬はしっかり調整してくれているみたいですし、このコンビで問題なく行けそうですよ」(栗田博師)25日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

ケミカルチェンジ近況【12/1/6〜1/9】

1/6  栗田博厩舎
9日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走いたします。

1/9  栗田博厩舎

27.12.1.9.jpg

9日の中山競馬では中団やや後方からじわっと進めていく。勝負どころから徐々にポジションを押し上げていくも5着まで。「調教から跨がってこの馬の特徴を掴むようにしていましたが、やはりトップスピードを求められる実戦になると飛越が近くなるなど、まだ不安定なところはありましたね。それでも終いはジリジリと来ていますし、障害初戦としてはまずまずだったと思います。一度使ったことで次はもう少し競馬がしやすくなるでしょうし、経験を糧にして次走では前進したいですね」(穂苅騎手)「いかんせん初めての障害レースだからどう出るか心配な部分もあったのですが、とりあえず無事に走り終えてホッとしています。慎重な面がやや見られることもありますし、今回は最初から最後までちゃんと飛んできてくれればそれでいいと思っていたくらいです。欲を言えば4着には来てほしかったけれど、この混雑した中で優先出走権を獲ってくれたことは何より大きいことでしょう。今日は調教みたいなものなので、実戦を一度経験したあとの次以降は楽しみになりますよね。走り終えたばかりなのでまずはレース後の状態をしっかりと見た上で考えていきます」(栗田博師)活躍の場を求めてトレーニングに励み再スタートしました。前半は折り合いをつけながら様子を見つつのレース運びで、後半はジリジリと脚を使えていました。まだ飛越に不安定な面は残るものの、練習時も時間をかけつつ良くなってきた馬です。経験を積んでいってさらに上の結果を出せるように成長していってくれればと思っています。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

ケミカルチェンジ近況【11/11/15〜12/1/3】

11/15 NF空港
週3回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行い、残りの日は角馬場での調整を取り入れています。16日にNF空港を出発し、17日にNF天栄へ移動する予定です。「去勢手術後もここまでスムーズに調整を行うことが出来ていましたし、今のところ明日こちらを出発してNF天栄へ移動する予定です。向こうでも引き続き障害練習を行ってもらい、状態を見ながら帰厩時期を探っていくことになるでしょうが、まずは出発までしっかりと体調確認を行っておきます」(空港担当者)

11/17 NF天栄
17日にNF天栄へ移動しました。

11/22 NF天栄
角馬場での軽めのキャンター調整を行っています。「先週、北海道よりこちらへ移動してきました。北海道でも多少障害練習を行っていたようですから、こちらでも定期的に練習を行い、調教を進めていって、感触を確かめながら調教師と相談していければと考えています」(天栄担当者)

11/24 NF天栄
25日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。

11/25 栗田博厩舎
25日に美浦トレセンへ帰厩しました。

11/30 栗田博厩舎
30日は障害練習を行いました。「先週無事に帰ってきてくれました。北海道で調整しているときも何度か見に行っていましたし、順調に乗り込んでもらえていたので楽しみにしていたんです。今後は障害レースを基本に考えていくことになりますが、体がしっかりしてくればいいものはあるはずですから、期待したいですね。さっそく今週から障害練習を開始していて、昨日は慣らし程度に動かして、今朝はスタンド前の竹柵障害2つを飛ばせました。穂苅ジョッキーに手伝ってもらっているのですが、飛びはまずまずのようです。北海道でしっかりやってもらえたことで基礎もある程度できているのでしょう。昨日、今日の感触ならばもしかするとそれほど長い時間を要さずに障害試験まで行けるかもしれませんね」(栗田博師)

12/7 栗田博厩舎
7日は障害練習中心のメニューを行いました。「引き続き障害練習を行っていますが、順調ですね。穂苅ジョッキーに手伝ってもらっていて今朝も乗ってもらいましたが、まずまず。小さな馬場だけでなくスタンド前も飛ばせていますし、水濠障害なども徐々に入れるようにしています。最初は気を使って低い飛越になっていましたが、慣れが出てくればスムーズ。まだコースをひと回りに一気に飛ばすことはしていませんが、徐々に形になってくるでしょう。馬自身に前向きなところがあるから、障害のセンスもあるほうでしょう。順調に来ていますよ」(栗田博師)

12/14 栗田博厩舎
14日に障害試験を受けて、見事合格しました(116秒1−53秒3−39秒8−13秒7)。「ここ数週間の過程を踏まえて今週試験を受けてみることにしました。今週は受験する頭数が少なめでほかに4頭ほどしかいなかったのもあり、ケミカルは単走で試験を受けることになりました。稽古をつけてくれている穂苅を背に受けたのですが、慎重に飛ぶためスピードに長けた走りではなかったものの、馬も自ら完歩を合わせて飛越していたし、まずまず。向こう正面の最初の障害だけちょっとリズムが悪かったですが、全体を通してみれば悪くないなと思える飛越と走りでした。最後も形だけで無理をしていませんから、時計は遅かったのは気にしなくていいでしょう。乗り役は五分五分という評価だったのですが、無事に合格をもらうことができましたのでホッとひと安心ですね。まだすぐに競馬という感じではないかなという気もしますので、このあとも練習と追い切りを重ねていってどのあたりから再スタートして行くか考えていきたいと思います」(栗田博師)

12/22 栗田博厩舎
21日は美浦南Pコースで追い切りました(55秒8−40秒3−13秒1)。22日は軽めの調整を行いました。「その後も順調ですよ。今週から障害練習と追い切りを上手く織り交ぜながら負荷をかけていくようにしているのですが、穂苅ジョッキーも調整方法についていろいろと考えてくれていて、お互いの意見交換をした上で水曜日に70−40程度の負荷をかけることにしました。ほぼ予定通りの時計ですし、動きもまずまず。思惑どおりに進めることができていますよ。今のところ金曜日には障害コースへ行って飛ぶ練習をさせようと思っています。年末年始の期間もありますし、これからもじわじわと稽古を積み重ねていってレースへ向かっていきますよ」(栗田博師)

1/3 栗田博厩舎
3日は美浦南Pコースで追い切りました(67秒0−52秒5−38秒5−13秒0)。「順調ですね。障害試験翌週の調整に続いて年末年始もコンスタントに普段の調教と障害練習を行ってきました。年末には障害練習からの延長線で時計も出していますし、徐々に態勢が整ってきたなと言う印象を受けました。穂苅ジョッキーも同感だったようで、年明け最初の障害レースへ向かって調整を行うことにしました。今朝はポリトラックで5ハロン67秒の負荷をかけたのですが、まずまず。あとは明日以降に再び飛越の練習を行い、金曜日に必要ならば微調整をして9日の競馬へ向かうつもりです。最初のレースになりますから、まず何より無事に終えてほしいですし、今後につながるような競馬を見せてくれれば嬉しいですね」(栗田博師)9日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に穂苅騎手で出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

ケミカルチェンジ近況【11/9/27〜11/8】

9/27 NF空港
26日に去勢手術を行い、無事に終了しました。「昨日、無事に去勢手術を終えています。今後は軽めに動かしながら術後の状態を見ていくことになりますが、状態が安定しているようならば少しずつ動かしていくことになるでしょう」(空港担当者)

10/4 NF空港
角馬場での調整を行っています。「去勢手術後にマシンから動かしはじめ、特段気になるところはありませんでしたので、この中間から乗り運動を開始しています。その後の体調も安定しているようですし、今後も状態を見ながら動かしていきたいと思います。馬体重は510キロです」(空港担当者)

10/12 NF空港
角馬場での調整を行っています。「この中間も角馬場で軽めの運動を行っていますが、体調を崩すようなところは見られませんし、術後の経過は順調と言えるでしょう。今しばらくは軽めのフラットワークになると思いますが、状態を見ながら障害練習を開始する時期を探っていきます。馬体重は516キロです」(空港担当者)

10/18 NF空港
角馬場での調整を行っています。「心身の状態は特段変わったところは見られませんでしたので、この中間から竹柵での障害練習を開始しています。今のところスムーズさを欠くようなところはありませんし、今後もこの調子で進めていきたいですね」(空港担当者)

10/25 NF空港
周回コースで軽めのキャンターと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行い、週2回は2本登坂しています。また、日によっては角馬場での調整を取り入れています。「障害練習を行っていても体調に変化はありませんし、順調に進めることが出来ています。この中間から周回や坂路での調教も行っていますが、コース調教の動きも悪くありませんね。今後もこの調子で乗っていくことになりますが、ある程度のペースまで進められるようになったら、NF天栄に移して調整していくことも考えています」(空港担当者)

11/1 NF空港
週3回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行い、残りの日は角馬場での調整を取り入れています。「この中間は坂路での調教ペースを上げていますが、状態は安定していますし、この馬なりに順調と言えるでしょう。障害に対する慣れも出てきて、飛越も悪くないですね。ここまで順調に進めることが出来ていますし、11月中にはNF天栄へ移動して調整を行っていけると思います」(空港担当者)

11/8 NF空港
週3回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行い、残りの日は角馬場での調整を取り入れています。「体調は引き続き安定していますし、この中間も障害練習を織り交ぜつつ順調に調整を進めることが出来ていますね。そう遠くなくNF天栄へ移動することになると思いますので、移動に備えてしっかりと体調を整えていきます。馬体重は524キロです」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

ケミカルチェンジ近況【11/9/20】

9/20  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「この中間も軽めに動かして状態の確認に努めています。これまでのレースで極端にうるさくなることはなかったのですが、時折テンションが高くなることがありましたし、集中力を高める効果がある去勢手術を行おうことになりました。効果は実際にやってみないとわからない部分もありますが、それは体質面の強化にもつながり、息の長い競走生活につながる場合があります。また、障害を飛ぶとなると負担がかかりやすいので、牡馬の多くが去勢することになります。まだ具体的な日にちは決まっていませんが、そう遠くないタイミングで去勢手術を行うことになるでしょう」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

ケミカルチェンジ近況【11/9/7〜9/14】

9/7 札幌競馬場
7日は札幌ダートコースで追い切りました(85秒4−68秒7−53秒6−39秒7−12秒3)。「競馬は吉田隼人が調整してくれるということで彼にお願いすることにしました。入るかどうかは今週も蓋を開けてみないとわからない状況だったのですが、出られるという強い気持ちで今朝追い切ったんです。馬場次第では無理もしなくて良かったのですが、思ったほど悪くなかったようなので隼人を背にダートコースで追い切りました。時計は5ハロン69秒を切るところで、終いの1ハロンが12秒ちょっとと最後を伸ばすような調教。全体を通して上々の動きを見せてくれたと思います。ジョッキーも“未勝利にいる馬とは思えない”と動きを誉めてくれました。体が未完成であったり、精神的にも難しいところがあるから、なかなか歯車がかみ合わずここまで来てしまっていますが、乗り役が言うように素質は高いと思っているので何とか決めて欲しい。まずは入るかが大きな問題になりますが、入ればぜひ有言実行してもらいたいですね」(栗田博師)10日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。

9/8 札幌競馬場
10日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)に吉田隼騎手で出走いたします。

9/10 札幌競馬場

27.11.9.10.jpg

10日の札幌競馬では好位から進めるも、勝負どころでモタついて勝ち馬に差を付けられてしまい、最後もジワジワとした伸びになり4着。「スタートは良かったですし、道中で外から馬が来ても自分のリズムで走れていましたね。理想どおり前々で進めることが出来ていましたし、勝負どころの手ごたえも悪くなかったのですが、勝ち馬が上がって来たときには一気に交わされてしまいました。また、直線もこの馬なりに伸びてくれてはいるのですが、ジリジリッという脚になってしまいました。これからと言うところで少しモタついてしまいましたし、まだこれから変わりそうな気配を感じましたが、そうは言っても今日は結果が求められていましたし、最後のチャンスを活かせず、申し訳ございません」(吉田隼騎手)「スッとスタートして無理なく前目の位置につけ、レースの流れに乗ることができたんですけどね。ただ、いざトップスピードを求められるとモタモタして勝ち馬に一気に行かれてしまいました。まだ完成していない分どうしても差がついてしまうのでしょう。なんとか勝たせて先を見たいと思っていただけに残念でなりません。怪我もありましたし、精神面もようやく良くなってきたところ。少しずつ上向いてきたここで終わらせるのはもったいないという気持ちが強かったのですが、携わる人の多くが同様の意見だったようで、障害にチャレンジしてみようということになりました。明日いったんノーザンファームへ放牧に出しますので、体に溜まった疲れをしっかり取ってから少しずつ練習を進めて、センスの有無を確認してもらうことになると思います。今日のレースで勝ったリザーブカードのようになってくれることを願っています」(栗田博師)休養明けを一度叩いて気配は上向いていましたし、最後の一番で好走を期待されましたが、ジリ脚になってしまい思ったような伸びを見せることができませんでした。レース後に現状で未勝利戦に出走することができない状況を踏まえ協議を行った結果、障害競走への出走を目指していくことになりました。今後は11日にNF空港へ放牧に出る予定ですが、当地で障害練習などを含めた調整を行っていくことになります。

9/12 NF空港
11日にNF空港へ放牧に出ました。

9/14 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「こちらに到着してから間もないですし、現在は軽めに動かしてレースの反動が出ないか確認を行っています。今後は障害レースを目指していくことになるので、脚元などはいつも以上にしっかりと見ていきたいと思います」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

ケミカルチェンジ近況【11/8/17〜9/1】

8/17 札幌競馬場
17日は軽めの調整を行いました。「もう少しやれると思っていただけに先週の競馬はショックだったのですが、久々で気負っていたところもありましたからね。それでいてずっと外を回って長いこと脚を使っていましたから、最後の失速も仕方のないところでしょうし、一度使った上積みに期待したいですね。レースでは元気いっぱいでしたが、滞在の効果があるようで、普段は落ち着いて調教に臨むことができているんです。いつ出られるかわかりませんし、おそらく1回札幌を使うことは難しいでしょうから、チャンスは次が最後になるはずです。まだレース後の様子見をしているところなので、具体的な調整過程は決めていませんが、可能ならばこのまま次走へ向かえればと考えています」(栗田博師)

8/25 札幌競馬場
24日、25日は軽めの調整を行いました。「北海道の競馬場は馬房に限りがあるのですが、滞在効果が特に見込めるケミカルはできるだけ置いてあげたいですし、そのまま札幌に滞在させて調整を行っています。幸い、長期休養明けの反動が大きく出ることはありませんでしたし、元気にしています。速いところを再開しても問題ないとは思いますが、想定を見るとちょっといつ出られるのかわからない状況です。ムダに速いところばかりやっていって肝心の体調を落としてしまっては元も子もないので今朝はまだやっていません。いちおう、イメージとしては2回札幌の最初あたりを考えているので、今後の状況を見ながら調整内容を考えていきます」(栗田博師)

9/1 札幌競馬場
8月31日は札幌ダートコースで追い切りました(69秒9−54秒2−39秒8−12秒8)。1日は軽めの調整を行いました。「場合によってはチャンスを増やすために通常の未勝利戦への出走も視野に入れていたのですが、想定を見るとやはり先週に続いて今週も混雑していますね。こればかりは仕方ないですし、切り替えて進めています。今週の追い切りはいずれにせよそれなりの時計は出すつもりでしたので、調整に狂いはありません。隊列を組んだ形から終いだけ伸ばす調教内容で、全体はだいたい70秒くらいかな。動きはまずまずだし、引き続き精神状態も悪くないようだからこのまま行きたいですね。蓋を開けてみないとわかりませんが、来週からは限定未勝利戦となり、頭数もいくらか落ち着くでしょう。状況次第になりますが、早ければ来週の競馬へ向かえるようにやっていきます」(栗田博師)10日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)に出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

ケミカルチェンジ近況【11/8/14】

8/14  札幌競馬場

27.11.8.14.jpg

14日の札幌競馬では道中中団に付け、勝負どころから捲り気味に進出。前に取り付くところまでは行ったが、直線ではジリジリとした伸びになってしまい6着。「跨がった感じは悪くなかったのですが、実際レースにいってみるとモタれて走っているなど、久しぶりの影響が出てしまいましたね。勝負どころでは少し掛かりながら上がっていきましたが、外々を回って来たこともあり、そこからは脚色が一緒になってしまいましたね。一度使った次はもっとやれると思いますが、今日は最低でも掲示板を取りたかったです。申し訳ありません」(蛯名騎手)「稽古の動きから勝負になるとかなり期待していたのですが、申し訳ありません。枠、展開などから外を回らざるを得ないのは仕方ないのかもしれませんが、さすがに最後は脚色が鈍ってしまいました。長く脚を使ったからというのもありますが、約5ヶ月半の休み明けでもありましたからね。まだ緩さがあってパンとし切れていない部分もありますが、一度使ったことでいいほうに変わってほしいです。チャンスは多いほうがいいのでこの後の状況をまず見ますが、最悪の場合、限定未勝利戦へ直行することも考えることになると思います。いずれにせよ、久々のレースを走ったあとですから、馬の状態もよく見ておきます」(栗田博師)調教の動きは悪くなかったのですが、休養明けの一戦ということもあり、直線では思ったほど伸び切ることができませんでした。優先出走権を確保できなかったために、どのレースに向かえるかが分かりにくい状況ですが、勝利を目指して調整を進めていければと思います。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

ケミカルチェンジ近況【11/8/4〜8/11】

8/4 札幌競馬場
3日は札幌ダートコースで追い切りました(68秒4−53秒2−38秒9−12秒5)。4日は軽めの調整を行いました。「環境の変化を考慮してじっくりジワジワと乗るようにしていますが、順調に進められていると思います。週末はサッと大きめのところを乗るようにして今週は長めから負荷をかける調教を行いました。ダートコースで併せ馬をして最後併入していたのですが、現地スタッフからの報告もいい動きだったというものでした。この調子で問題なく進めていけるようであれば、予定どおり来週の競馬を考えることができるでしょう。来週の日曜の重賞に正義が乗りに来るということなので、今回も続けて乗ってもらいます。まだ成長の余地がありそうな格好をしていますが、何とかその成長を見届けていくためにも勝ち残りたいですよね」(栗田博師)14日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)に蛯名騎手で出走を予定しています。

8/10 札幌競馬場
10日は札幌ダートコースで追い切りました(68秒1−53秒5−39秒5−12秒8)。「今朝はジョッキーが札幌に行くということでしたので追い切りに跨ってもらいました。先週と同様に5ハロンから時計を出す形を取ったのですが、時計もまずまず。正義に感触を聞いてみたところ“全体的にいいリズムで走れていたし、動きもしっかりしていました。これならば長期休養明けでもいい勝負をしてくれそうですね”ということでしたよ。この目標に合わせてしっかりと乗り込んできましたし、いい状態で臨めると思います。これ以上延ばすと却ってテンションの高揚を招いてしまう恐れもありますから、相手関係も極端なものにならなければいいなと心配していたんです。想定では、権利持ちの馬が今のところ1頭のみとまずまずのメンバー構成になりそうですね。小回りがポイントになるでしょうが、滞在効果も見込めますし、成長した部分もあるでしょうから、いい走りをしてくれると思っています。未勝利の残り期間を考えてもぜひこのタイミング、このレースで勝負したいですね」(栗田徹師)14日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)に蛯名騎手で出走を予定しています。

8/11 札幌競馬場
14日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)に蛯名騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

ケミカルチェンジ近況【11/7/27】

7/27  札幌競馬場
27日は札幌ダートコースで15−15を行いました(75秒7−59秒1−44秒2−14秒9)。「先週半ばに札幌競馬場へ移動しましたが、さすがに疲れが出たのか週末に熱発してしまいました。ただ、微熱でその後はすぐに落ち着いたので大きな影響はないと思います。今朝は15−15程度に軽く動かしていますし、今後の様子を見ながら徐々に調教を進めていければと思っています。立派に映っていた体はいくらか絞れて500キロほどになっていますよ。あくまでも今後の仕上がり次第になるのですが、いちばん早い目標は開幕週の2000mを考えています」(栗田博師)早ければ8月14日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2000m)に出走を予定していますが、状態次第では翌週以降にスライドする可能性があります。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ケミカルチェンジ近況【11/6/27〜7/21】

6/27 山元TC
25日に山元トレセンへ移動しました。

6/28 山元TC
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末に北海道からこちらへ移動してきました。輸送のケアと帰厩に備えた最終調整を行っていますが、今のところ体調面の問題もないので普通に乗れています。新潟開催を目標にしているようなので、じわじわと動かしながら進めていって、タイミングを見ながら調教師と具体的なことについて相談していこうと考えています」(山元担当者)

7/5 山元TC
周回コースと坂路でハロン15〜17秒程度のキャンター調整を行っています。6日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。「周回コースと坂路コースを併用してじっくり動かしてきましたが、怪我を負った脚元を含めて歩様に異常は見られませんし、動きに問題はないと思います。以前と比較するとまだ緩さは感じさせますが、落ち着きが少し出てきたかなという印象を受けますね。今週に入って蕁麻疹が少し出ているのでケアしていますが、問題ないようならばこのままトレセンへ送り出す予定です」(山元担当者)

7/6 栗田博厩舎
6日に美浦トレセンへ帰厩しました。「怪我が順調に癒えて、調教もスムーズに積むことができていましたので、入厩に備えていったん山元トレセンへ移動させてもらっていました。山元でもまずまずの状態だったようですし、調教でも気にならなかったようなので本日トレセンへ戻しています。少しケアすべき場所はあるようですから、よく見ながら調整を進めていければと思っています。北海道で見た時はまだヤンチャなところがあるようでしたが、心身ともに以前よりいくらか成長を見せてくれていると思いますし、楽しみにしたいですね。具体的なところは馬の様子を見ながら決めていきたいと思います」(栗田博師)

7/14 栗田博厩舎
13日は軽めの調整を行いました。14日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒1−39秒6−13秒1)。「先週トレセンに入ってきて数日は軽めに動かしながら様子を見ていましたが、特別気にしなければいけないというほどの大きな問題もありませんでしたし、下元や膝回りなど脚元全体の状態も大丈夫そうでしたので徐々に競馬へ向けて進め出したところです。水曜日は今週の競馬を予定している馬を中心に混み合い、時間が後ろになるにつれて暑くなるので、ケミカルは木曜日の朝一番の組で行うことにしました。最初なので半マイル重点の調教ですが、悪くないですね。強いて課題を触れるとすると左トモの甘さが依然として残ること。お休み前の競馬を見ていても左に若干モタれるところがあったのはそのトモの影響があったからでしょう。グッドルッキングな馬なのですが、甘さ・緩さに関しては馬の成長に従うしかないところもありますし、悪くしないようにケアしながら調整していこうと思います。当初は新潟開催を中心に考えていたのですが、テンションが高めの馬だし、滞在効果の見込める北海道開催も視野に入れることにしました。具体的な日程は週末と来週のコンディションを見て決めるつもりですが、前向きに考えているところです」(栗田博師)

7/21 札幌競馬場
21日に札幌競馬場へ移動しました。「先週木曜日にサッと時計を出して、その後も大きめのところをじっくり乗っていました。この中間に捻挫をしたのか左前脚に少し腫れが見られたのでヒヤッとしましたが、すぐに落ち着いて大事には至っていません。一過性の疲れだったようで、その後も問題なさそうなので大丈夫でしょう。予定どおり札幌競馬場へ向けて昨日美浦を出発して本日到着しました。さすがに長旅で見えない部分も含めて疲れが出てくる可能性もあるでしょうし、環境に慣らす作業がまず必要だと思います。しばらくは軽めから普通キャンター程度をじっくり乗って徐々にピッチを上げていくつもりです」(栗田博師)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

ケミカルチェンジ近況【11/5/3〜6/21】

5/3 NF空港
ウォーキングマシン内で人が跨ってダク程度を行っています。「少し元気が良すぎるところがありますので、スタッフが跨ってマシンに入れていますが、運動を行えているように状態は良化してきていますね。歩様も安定していますし、体調は良好です。今後も馬の状態を第一に取り組んでいければと思います。馬体重は524キロです」(空港担当者)

5/10 NF空港
屋内坂路コースでハロン20秒のキャンターを行っています。「脚元を含め体調面で気になるところはなかったので、この中間から坂路に入れ始めました。まだ軽めに乗っている程度ですし、しっかりと状態を確認しつつ進めていければと思います。気性面のうるささは良くも悪くも見られますので、今後も注意していければと思います」(空港担当者)

5/17 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターを行っています。「この中間は坂路での調教負荷を強めていますが、脚元を始めいい意味で気になるところはありませんね。馬体重は518キロとまだ余裕が残っていますが、気温の上昇とペースアップで見た目には競走馬らしくなってきていますね」(空港担当者)

5/24 NF空港
屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行っています。「馬体や調教中の動きは、継続して負荷をかけることで確実に良化してきていますし、この中間も坂路での調教負荷を強めています。今後も脚元を確認しながらになりますが、この調子で馬体や動きに磨きをかけていきたいと思います」(空港担当者)

5/31 NF空港
屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを行っています。「徐々に負荷を強めているように、その反動が出ないかよりしっかりと馬体を確認していかなければなりませんが、この中間もスムーズに運動をこなしてくれています。いい流れの中で調教を進めることができていますが、まだ良化余地を残していますし、引き続き状態アップを図っていきます。馬体重は518キロです」(空港担当者)

6/7 NF空港
屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを行っています。また、週1回は屋内坂路コースで15−15を、週2回は2本登坂しています。「この中間から速めを開始しました。乗り込みを重ねるごとに確実に動き、馬体は良くなってきていますし、順調と言えるでしょう。この調子で速めの本数を重ねていきたいと思います」(空港担当者)

6/14 NF空港
屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを行っています。また、週1回は屋内坂路コースで15−15を、週2回は2本登坂しています。「速めを開始しても右前脚をはじめ脚元の状態は落ち着いていますし、順調に回復してきていると言えるでしょう。もう少々速めの本数を重ねる必要はありますが、少しずつ確実に帰厩できる状態に近づいてきていますね。馬体重は518キロです」(空港担当者)

6/21 NF空港
屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを行っています。また、週1回は屋内坂路コースで15−15を、週2回は2本登坂しています。「この中間も順調に調整を進めることができていますね。最近の好調具合からも、近々に山元トレセンへ移動するプランも出てきていますし、この調子で移動に備えていきます」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

ケミカルチェンジ近況【11/4/26】

4/26  NF空港
常歩運動を行っています。「全体的な安定感が増してきましたし、脚元の状態も落ち着いています。この中間から軽めの乗り運動を行っていますが、歩様を始め特に気になる点はありませんので、この調子で進めていきたいですね」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

ケミカルチェンジ近況【11/4/4〜4/19】

4/4 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「手術後約一ヶ月が経過しましたが、ここまでの回復具合は良好ですね。この中間から開始したマシン運動もスムーズにこなしてくれています。心身ともに落ち着いていると思いますし、それが脚元の回復に一役かってくれていると思います。馬体重は522キロです」(空港担当者)

4/12 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「マシン運動を継続していますが、脚元は安定していますし、スムーズに運動をこなしてくれています。この調子で進めていければ早ければ今月中には乗り運動の再開にこぎつけられると思いますので、今後も状態をしっかりと確認しつつ進めていきます」(空港担当者)

4/19 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「現状のメニューはしっかりとこなしてくれていますし、いい意味で変わりなく推移しています。運動を制限しているので馬体重は530キロと幾分余裕が出てきていますが、今後の運動でムダを省いていけば問題ないでしょう」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

ケミカルチェンジ近況【11/3/16〜3/28】

3/16 NF空港
舎飼にて休養しています。「この中間も脚元は安定しています。今後も状況を確認しながらになりますが、そう遠くなく軽めに動かして状態を見てみる予定です。その際に歩様などをしっかりと見たいと思います」(空港担当者)

3/23 NF空港
曳き運動を行っています。「この中間も脚元は安定していましたので、軽めの運動を開始しました。現状では歩様など気になる点はありませんし、引き続き状態をしっかり見極めながら進めていければと思います。馬体重は520キロです」(空港担当者)

3/28 NF空港
曳き運動を行っています。「運動を継続していますが状態は安定していますし、いい意味で気になる点はありませんね。次のステップに進むためにはもう少々脚元の状態が安定してからと考えていますが、ここまで経過は問題ありませんし、この調子でじっくりと取り組んでいければと考えています」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ケミカルチェンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。