2012年03月27日

アルマニャック近況【12/3/25】

3/25  引退
ノーザンファーム天栄へ移動後に改めて馬体チェックを行ったところ右前脚の繋部分に剥離骨折を負っていることが判明しました。「放牧に出てきて様子を見ていたのですが、右前脚の球節付近が少し気になったのでタイミングを見て検査しました。その結果、繋部分の骨の一部が剥離していることがわかりました。負担のかかりやすい箇所だったようだし、レースで傷めてしまったのかもしれません」(天栄担当者)「レース後数日の様子では、安心はできないけれど歩様の乱れやキツい熱感は見られなかったので、疲れを取る期間を設けてあげればまた次走へ向えるだろうと思っていました。それで先週半ばに放牧に出させていただいたのですが、現地へ移動して時間が経ってから少し気になるところが出てきたということで確認してもらいました。そして、骨に剥離している箇所があることが判明したと連絡がありました。右前脚は以前から負担がかかっていましたし、ギリギリのところで競馬へ向かっていたのもあり耐えきれなかったのかもしれません。せっかくいただいた機会でしたし、なんとかいい走りをさせたいし、馬にも会員の皆様にも喜んでいただきたいと思いながらジョッキーと厩舎スタッフ一丸となってやってきただけに、このようなことになってしまい誠に申し訳ありません」(木村師)あと一歩のところで平地の未勝利戦を勝ち上がることができませんでしたが、心機一転して新しいステージに活躍の場を求めてこれまで取り組んでまいりました。右前脚は負担のかかり箇所だっただけに入念なケアの元これまで調整を行っていましたが、タフな馬場になっていたこともあってか堪えきれなかったのかもしれません。骨折自体は時間をかけてあげれば癒えるものですが、治癒には少なからずとも3〜4ヶ月ほどのお時間をいただくことになります。また、怪我を癒しても負担がかかりやすいことは変わらないので今後も同じ悩みを抱えていくことにもなりかねません。これまでの戦績、本馬の状態面を考慮しますとこれ以上は会員の皆様のご負担にもなってしまうことから、木村哲也調教師と協議を行った結果、中央競馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもってご案内いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

アルマニャック近況【12/3/7〜3/21】

3/7 木村厩舎
7日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒8−57秒2−42秒5−13秒7)。「先週に続いて今週も体重の軽い山本ジョッキーを背に追い切りを行っています。2頭併せでアルマニャックが先行して最後に併入するという形の追い切りだったのですが、動きそのものはいい意味で変わりありませんし、順調に来ていると思います。山本に印象を聞いてみたところ“気配は良くなってきているように感じるし、走る際の頭の位置も少しずつ解消はされている。息遣いもまずまず”とのことでした。追い切りを行って午後に改めて馬体チェックを行いましたが、球節の状態は悪くなっていません。スッキリもしてはいませんが、コンディションは横ばいですし、この調子でしっかりケアをしていって来週の競馬を考えられればと思っているところです。ゲートの確認は行っていますが、今のところは課題と感じるほどではありませんよ」(木村師)17日の阪神競馬(4歳上障害未勝利・ダ2970m)に山本騎手で出走を予定しています。

3/15 木村厩舎
14日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒7−54秒5−40秒6−13秒5)。15日は軽めの調整を行いました。「これまでと同様にジョッキーの山本を背に水曜日に追い切っています。動きはまずまずで、当該週の追い切りということで今朝はこれまでのなかではいちばん強い負荷をかけたつもりです。時計的には5ハロン70秒ほどですが、外めを回ってのものですし、数字以上の負荷をかけることができていると思いますよ。いい意味で不安なことを考えずに体重のあるウチのスタッフを乗せて追い切れるようになればいいのかもしれませんが、球節は相変わらず不安定なので、やれることを工夫しながらやっていくしかありません。ギリギリのラインで攻めてきましたし、何とか競馬でもいい走りをしてほしいですね。前回で前進を見せてくれましたが、脚元を考えると常に一戦一戦が勝負になりますから、いい結果を出して欲しいと思って送り出します」(木村師)17日の阪神競馬(4歳上障害未勝利・ダ2970m)に山本騎手で出走いたします。

3/17 木村厩舎

64.12.3.17.jpg

17日の阪神競馬では好スタートから2番手につけてスムーズな飛越。後半後続に並びかけられると徐々に位置を下げ、最後は伸びを欠いて7着。「スタートが良かったし、うまく前々で進めることができたのですが、最後は速い脚がない分苦しくなってしまいました。前走の京都のように、もう少し後続が来るのが遅ければまた違ったと思います。ただ、レースぶりは徐々に良化していますし、使いつつ速い脚もついてくると思います」(山本騎手)「スタートも落ち着いて切れるようになりましたし、悪くない形でレースに入れたと思います。ただ、隊列の入れ替わりがあったりしてキツかったところも否めないでしょう。レース後に山本と話をしましたが、速い脚がないことを考えて積極的に行ったことが、却って自分でキツいペースになってしまったと言っていました。飛越は上手い部類の馬ですし、初戦より感触は良くなっているのですが、結果が伴わず悔しいです。申し訳ありません。悪い馬場を走ったあとでもありますし、まずはよく馬をチェックしておきます」(木村師)しぶとさを活かすためにも前々で進めましたが、結果的に早めに後続に来られて苦しいレースになってしまいました。とはいえ、スムーズに好位で進められるようになっているのは収穫ですし、今後につながる内容と言えるでしょう。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

3/21 NF天栄
「先週はもうひとついい競馬ができずに申し訳ありませんでした。結構ボコボコとした馬場を走っていたのもありましたし、レース後の反動が心配ではあったのですが、極端に悪くなっているようなことはありませんでした。ただ、安心できるものでもありませんし、今後も慎重に見極めながら接していかなければいけないのは確かだと思います。その他でも大きなダメージはなさそうなのですが、続けて使ってきた分の疲れも感じるような内容でしたし、いったんリセットする意味でも放牧に出したいと思います。本日天栄へ放牧に出しましたので、様子を見ながら調整を進めてもらい、態勢が整うようならば春の東京開催あたりを目指していければと考えているところです」(木村師)21日にNF天栄へリフレッシュ放牧に出ました。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

アルマニャック近況【12/3/1】

3/1  木村厩舎
1日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒4−56秒3−41秒9−13秒6)。「引き続き状態を確認しながら調整を行っています。レース後から疲れの見られる球節の状態は正直に言うとスッキリし切れていなくてまだ気になる面は残ります。ただ、しっかりケアをしていけば乗れなくはないのでバランスを見ながらやっているところです。今のところ次走は4週目の阪神に設定して優先出走権を行使できる期間を目一杯使わせていただこうと考えています。阪神にするのはバンケットのある中山で走るのはあまり得意でないからというのがあるからです。4週目と言ってもそのタイミングで使うとなると今週くらいから徐々に時計を出していかないと間に合わなくなりますから、脚元への負担を軽くする意味でも体重が軽いジョッキーを乗せてサラッとした追い切り。フットワーク、身のこなしはいい意味で変わりありませんから、脚元と相談しながら負荷をかけていきます」(木村師)3月17日の阪神競馬(4歳上障害未勝利・ダ2970m)に山本騎手で出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

アルマニャック近況【12/2/22】

2/22  木村厩舎
22日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はいちばんいい結果だったわけではないのでもちろんぬか喜びはできませんが、内心ホッとしました。これでどこにもないような競馬をしてしまったら会員の皆さんにも申し訳ないし、今後の進退問題にもなるかもしれないとプレッシャーを感じていましたからね。そういう意味でも競馬の内容を考えると明らかな前進が見て取れたので良かったです。レース後の様子を見ているところですが、走った分だけ球節に若干疲れを感じさせますね。山本と相談しながらレースについては考えていきますが、可能ならば優先出走権をできるだけ有効的に使って次走へ向かいたいと思っています」(木村師)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

アルマニャック近況【12/2/19】

2/19  木村厩舎

64.12.2.19.jpg

19日の京都競馬ではまずまずのスタートから好位でレースを進める。終始無難に飛越をこなし、最後までよく粘って5着。「攻め馬の感じや乗り味などからは、このぐらいやれて当然ですし、前走は納得いかない内容だったんです。ゲート内でソワソワしがちなところを、厩舎スタッフがしっかり教え込んでくれて、今日はスタートもまずまず。うまくいい位置で進められました。飛越も上達していますし、こういうレースを続けていければ、期待に応えることができると思います」(山本騎手)「課題だったスタートをうまく決めてくれて、好位でレースを進められたことが大きかったですね。飛越もすべてうまくこなしてくれましたし、これで一歩前進という気持ちです。調教でもまずはスタートという感じでやってきたので、まだ攻めていける余地を残しています。これからもっと良くなってくると思いますので、期待して待っていただければと思います」(木村師)障害初戦は10着という結果でしたが、課題のゲートを克服した今回はスムーズに好位でレースを進め、しっかり掲示板を確保してくれました。大きな前進でしたし、今後慣れてくればもっと上を目指せそうです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

続きを読む
posted by NAOKI at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

アルマニャック近況【12/1/12〜2/16】

1/12 木村厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日に障害試験を受けて、見事合格しました(109秒2−52秒2−39秒3−13秒8)。「脚元の様子を見ながらの調整ですが、ここ最近はまた落ち着いてきたかなという感じでした。坂路なども織り交ぜながら順調に進めることができていたし、中間に障害を飛ばせたときも感触はまずまずでしたので、山本ジョッキーと相談して今週障害試験を受けてみることにしたんです。試験は単走だったのですが、最初にあるスタンド前の連続障害も問題なくこなせていましたし、向こう正面も問題なし。トータルで無難に飛んでくることができ、全体の時計も109秒とまとめてくれて、無事に合格までもらうことができました。ようやくここまで来ましたが肝心なのはこれから。今日もいい負荷をかけることができましたし、順調に行くようならば来週の競馬を考えたいと思っているところです。もちろん脚元含めて状態をしっかりと見ておきます」(木村師)今のところ21日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に山本騎手で出走を予定しています。

1/19 木村厩舎
18日は美浦北Cコースで追い切りました(69秒1−54秒3−40秒9−13秒3)。19日は軽めの調整を行いました。「先週無事に障害試験をパスできましたので、今週の競馬に向けて調整を行っています。日を選んで障害練習も行い、昨日は久々の実戦に備えてゲートの確認をして、追い切っています。動きに関してはまずまずという感じで悪くないのですが、気になるのは飛越がだんだん低くなってきていることです。以前はしっかりと上へ飛んでいたのですが、回を重ねるごとに最近はやや前へと突っ込むような形になりつつあります。気持ちが出てきているのもあるのでしょうが、障害の高さがある中山開催ということを考えるとそのあたりが課題かもしれません。そのあたりは付きっ切りで調教もつけてくれている山本ジョッキーに乗ってもらいますから、まず焦る気持ちをうまくなだめながら覚えさせるようなレースをしてあげられればと思います。体については球節に負担がかかりやすいのは否めません。稽古では我慢できていますが、レースの負荷とは異なりますからね。レースを経てそのあたりが変わらずにいてくれれば今後にもつながるでしょう。あと、大型馬だからというのもあるのでしょうが、ノドの音も聞こえるので気になるポイントなんです。以前との比較がつかないので何とも言えませんが、調教を行っている段階では大きな支障はなさそうなので、そのあたりもしっかりケアをしてよりいい形でレースへ臨めるようにしていきます。不安ばかりを並べてしまって申し訳ありませんが、素質はあると思いますし、山本ジョッキーも期待してくれていますから、何とか皆様にいい走りをお見せできればと思っています」(木村師)21日の中山競馬(4歳上障害未勝利・ダ2880m)に山本騎手で出走いたします。

1/21 木村厩舎

64.12.1.21.jpg

21日の中山競馬ではバンケットで体勢を崩すシーンがあるなど上手く流れに乗ることが出来ず10着。「調教で跨がった感触は悪くなかったですし、返し馬のスクーリングの雰囲気もまずまずだったのでそれなりに形になるかと思っていたのですが、ゲートに行ったら急にソワソワし始めてうるさくなってしまいました。また、バンケットでは臆病な面を見せ、躊躇してしまったために躓いてしまいましたし、走るリズムが悪くなってしまいました。飛越自体はまずまずでしたし、余計に障害間の平地の部分を上手く走って流れに乗りたいですね。調教と言うよりも少しレース経験は必要そうですが、その中で少しでも変わるキッカケをつかんでほしいですね」(山本騎手)「ゲートは確認しておいたのですがソワソワしていてもうひとつでしたね。それで構える形になったのもあって最初の飛越はあまりよくありませんでした。その後はまずまずだったものの、バンケットは上手くなかったですね。調教のものとは違うから馬も気にしてしまったのだと思います。経験は何より大事ですから今後に活きてくるとは思いますが、バランスを崩しながら走っていたところもあるので、球節をはじめレース後の状態をよく確認しておきます」(木村師)今日は初障害でなおかつ前走からの間隔が開いてましたから苦しかったところはあると思いますが、気持ちの面で難しいところを見せてしまいましたし、一度使ったことで慣れが出て少しでも前進していきたいところです。障害戦を使いましたし、より慎重に状態を確認して今後のことを決めていきます。

1/25 木村厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「入厩したときから球節の状態に波があったのと、レースで少しアンバランスな飛越、走りになっていたことからレース後に不安が出なければいいなと心配していましたが、今日までの様子を見る限りでは変わりはなさそうです。もう少し見る必要はあるので、もちろんこのあとも気を抜かずにチェックしておきます。まだ荒削りなところがありますし、飛越も上に飛ぶというより低めの飛越をするタイプの馬ですから、どちらかというと中山より東京のほうがいいのかもしれませんね。脚元等のコンディション面を考慮して先週使わせていただきましたが、課題も見えましたし、経験にもなったので、先週の競馬を何とか今後につなげていきたい。ただ、すぐの出走を望むのはやや難しいのかもしれませんね。手元で調整をして近々の出走へ向かえるのか、ひと息入れて間隔的に十分な期間をおいた上で次走へ向かうようにするかは出馬状況などを見て判断したいと思います」(木村師)

2/1 木村厩舎
1日は軽めの調整を行いました。「念のため先週一杯はしっかりと確認の期間に充てましたが、心配していた球節はスッキリしていたし、乗り出し後もまずまず。完全に不安がなくなるというわけではないのですが、このまま進めていけそうです。前走へ向かう過程では北馬場ばかりで調教をやっていたんです。それは障害練習のためでもあったのですが、前走の反省点として精神面が挙がったので今回は南の馬場も使うようにしています。というのも、北は比較的頭数が少ないですし、環境が固定されるのでそこに慣れも出てきやすいですからね。それが当日になると馬があたふたしてしまって、ゲートでもガタガタしてレースの道中も不安定になってしまいました。そのことから今回は日によって環境を変えることであえてストレスをかけるようにしているんです。変化になれてくれば、また次のレースへ行くときにタフになってくれるでしょうからね。その他でやっていることはフォームの修正です。体がいくらか伸び切って走っていたので、ネックストレッチバンドを使っています。頭の高さというよりは体を起こして走れるようにという意図のもと行っています。なかなか簡単に変わるものではありませんが、せっかくいただいた機会ですし、試せるものは試して良くしていければと思っています」(木村師)

2/9 木村厩舎
8日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒9−56秒6−41秒7−13秒5)。9日は軽めの調整を行っています。「優先出走権がないので出馬状況を見ながらになるのですが、近いうちに競馬を考えられるようにと思い水曜日に追い切りをかけました。引き続き山本ジョッキーに跨ってもらって追い切ったのですが、動き自体悪くはない。ただ、課題として挙げている体の使い方、頭の位置がまだ納得いくレベルでないのも正直なところなんですよね。そうは言っても調教を何度もやりこむより競馬を経験することのほうが得るものは大きいので悩むところだったのですが、今のまま今週の競馬へ突っ込むよりもう少し状況を見ながら調教をやってレースを考えることにしました。入厩から障害練習、そして前走の初めての障害レースという流れを山本ジョッキーとのコンビでやってきましたし、できるかぎりこの形を継続して競馬を考えさせていただければと思います。もちろんなかなか都合がつかないような状況になればそのときは改めて考えます」(木村師)

2/15 木村厩舎
15日は美浦北Cコースで追い切りました(70秒3−55秒2−41秒4−13秒1)。「先週の出走は見送りましたが、今週の京都へ出走するつもりで調整を進めてきました。今週の京都であれば出走間隔的にも出られそうという見込みがあったことが何よりですが、前走であまり上手でなかったバンケットも京都にはないですし、山本ジョッキーの都合もつけることができましたからね。そのつもりで今朝は北馬場で追い切っていて動きはまずまずといったところ。出走するのに大きな問題はない動きだったと思います。この中間は前走の経験を無駄にしないためにいろいろと取り組んできたつもりです。ゲートがひと息だったので山本ジョッキーと私が中心となって連日練習をしてきました。緊張してしまうところがあるようなので完全に不安がなくなったとは言い難いので、当日も馬場に入ってレース前にゲートを見せて慣らすような段取りにしようと思っています。走り自体は大きく変わったとは言えませんが、調教ばかりをやっていくと球節に不安を抱えている馬なので負担も大きくなります。何度も調教を重ねていくよりはレースを使うほうが負担も少なければ、経験が身になりやすいということもあって今回の出走に踏み切りました。正直に言うとガラリ一変とまでは行かないかもしれません。ただ、少しでも上向くような対応はしてきたつもりですし、実戦を一度経験した分の上積みはあるはず。大小は何とも言えませんが、進展した部分を見せて今後につながるような走りをして欲しいと思っています」(木村師)19日の京都競馬(4歳上障害未勝利・ダ2910m)に山本騎手で出走を予定しています。

2/16 木村厩舎
19日の京都競馬(4歳上障害未勝利・ダ2910m)に山本騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

アルマニャック近況【11/11/15〜12/1/3】

11/15 NF空港
週2回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整や、周回ダートコースで軽めのキャンターを取り入れています。「この中間も状態面は変わりありませんし、スムーズに調教をこなしてくれていますね。この調子で運動を継続していければ少なくとも年内のうちにはNF天栄に移動して調整していけるでしょうし、そのあたりも考えながら進めていきます」(空港担当者)

11/22 NF空港
週2回は屋内坂路コースでハロン14秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整や、周回ダートコースで軽めのキャンターを取り入れています。「この中間は坂路でハロン14秒まで進めていますが、脚元をはじめ気になるところはありませんし、順調ですね。木村調教師に状態を確認してもらっていますが、引き続きこの調子で進めていければ徐々に移動できる態勢が整ってくると思います。馬体重は548キロです」(空港担当者)

11/29 NF空港
週1回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整や、周回ダートコースで軽めのキャンターを取り入れています。「この中間は少しペースを緩めていますが、これは移動に備えてのもので状態面は特に変わらず推移しています。まだ確定はしていないのですが、検疫次第では今週から来週にかけての帰厩の可能性もありますので、移動のことも考えながらしっかりと体調を整えておきます」(空港担当者)

12/1 NF空港
3日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。

12/3 木村厩舎
3日に美浦トレセンへ帰厩しました。

12/8 木村厩舎
7日は軽めの調整を行いました。6日、8日は障害練習中心のメニューを行いました。「先週の土曜日に入れさせていただきました。ノーザンファーム天栄を経由したとは言え輸送が堪えていないかをまずよく見ましたが、体調自体は問題なかったですね。日曜日は軽く動かすだけにとどめて、今週より本格的な調教へ移行しています。今回障害を目指すということで、こちらでは山本ジョッキーに手伝ってもらうことにしたのですが、牧場で基礎からしっかりと教え込まれているのを感じてくれたようですよ。火曜日からさっそく角馬場の小さな障害を飛ばせてもスムーズでしたし、ジョッキーも“体を使えているし、人の指示にも従順”と褒めてくれました。脚元、特に左前脚の球節に負担がかかりやすいところがあるし、息づかいもやや気になるので、そのあたりをよく見つつやっていこうと思います。よろしくお願いいたします」(木村師)

12/15 木村厩舎
14日は障害練習中心のメニューを行いました。15日は軽めの調整を行いました。「引き続き山本ジョッキーに手伝ってもらいながら練習を行っていて、昨日もスタンド前の障害を中心に飛越の練習を行っています。ジョッキーも基礎ができているのをとても誉めてくれていますし、これならば近いうちに障害コースを1周通して飛ばせてみてもいいのではないかとのことでした。速いところなどはやっていませんが、障害練習をじっくり行いながら長めに飛ばしたりしていれば自ずと15−15レベルの負荷がかかりますし、じっくり行きます。脚元がちょっと窮屈で負担がかかりやすいのもありますから、根詰めてやりすぎないように気をつけていきます」(木村師)

12/22 木村厩舎
21日は軽めの調整を行いました。22日は障害練習を行いました。「水曜日はじっくり動かすメニューで今朝は障害練習を山本ジョッキーに乗ってもらって行いました。これまでは基礎固めの部分が大きかったのですが、今回からは本格的なものへと移行しています。障害コースを1周したのですが、“飛越は変わらずスムーズ。この調子で練習していければ”と山本ジョッキーは言ってくれましたよ。乗っている人からすればそれほど気にならないようなのですが、傍から見ているとごく稀に前のめりになりかけるところがあるようにも感じます。練習してきてトモに少し疲れが出てきているのかもしれませんから、しっかりケアも行いながら接していきます。順調に行けば年明けのどこかのタイミングで試験を受けられるようになるかもしれませんね」(木村師)

1/3 木村厩舎
3日は美浦南Wコースで追い切りを行いました(73秒3−58秒2−43秒2−14秒7)。「早ければ今年最初の障害試験を受けるつもりでいたのですが、昨年の障害練習後から左前球節に少し腫れが出てしまいましたので、無理はせずに様子を見ています。体の大きな馬ですから脚元への負担を軽くするためにも、緩ませないようにプールなども取り入れて調整を行っています。今は我慢の時期と思ってもうしばらくは様子を見たいと思います」(木村師)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

アルマニャック近況【11/9/27〜11/8】

9/27 NF空港
26日に去勢手術を行い、無事に終了しました。「去勢手術を無事に終え、今日はウォーキングマシンで軽めに動かしています。しばらくは軽めの運動で状態を確認していく必要はありますが、ホルモンバランスが変わったばかりで体調が悪くならないとも限りませんので、無理をせずに少しずつ動かしていきたいと思います。馬体重は556キロです」(空港担当者)

10/4 NF空港
角馬場での調整を行っています。「去勢の影響か馬体重は544キロと減っていますが、体調自体に問題はありませんので、角馬場で軽めに動かし始めています。今のところ状態が悪くなることはありませんからこのまま進めていきたいと思いますが、しばらくは術後の変化を慎重に見ながら調整メニューを組んでいきます」(空港担当者)

10/12 NF空港
角馬場での調整を行っています。「角馬場で軽めに動かしながら、引き続き去勢後の体調の変化を見ています。運動の様子を見ていても今のところ問題なさそうですので、この中間は初歩の障害練習を開始しています。今後も状態を見ながら、この調子で少しずつ進めていきたいと思います」(空港担当者)

10/18 NF空港
角馬場での調整を行っています。「この中間も角馬場での障害練習を進めています。竹柵を飛ばせていますが、無難にこなしてくれていると思いますし、運動を進めても去勢の影響が出ることはありませんね。引き続き状態を見ながら少しずつ進めていきたいと思います」(空港担当者)

10/25 NF空港
周回コースで軽めのキャンターと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整を取り入れています。「この中間は日のよってコースで乗る日と角馬場で障害を行う日がありますが、体調は安定していますし、順調ですね。今後もこの調子で障害練習やコースでの調教を織り交ぜていきたいと思います」(空港担当者)

11/1 NF空港
周回コースで軽めのキャンターと屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整を取り入れています。「この中間は坂路でハロン15秒に近いところまで乗った日があったのですが、調教後に少し疲れた様子を見せていましたので、無理をせずにペースを戻しています。このタイミングで無理をする必要はありませんし、まずは体調をしっかり戻してから再度速めの開始につなげていきます」(空港担当者)

11/8 NF空港
週2回は屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンターを行っています。また日によっては角馬場での調整や、周回ダートコースで軽めのキャンターを取り入れています。「先週の段階で無理に進めなかったことが功を奏したようで、その後の体調は安定していますし、この中間からは調教ペースを上げて進めています。障害は竹柵を飛ばせていますが、こちらも問題なく対応してくれています。今後もしっかりと体調の変化を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は548キロです」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

アルマニャック近況【11/9/20】

9/20  NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「今後取り組んでいく障害では、より騎乗者とのコミュニケーションを上手く取っていく必要がありますし、集中力を高める効果がある去勢手術を行うことになりました。それは体質面の強化にもつながり、長い間高いレベルで走れるようになることがあります。また、障害馬になる牡馬の多くが騙馬になる理由でもあるのですが、障害を飛ぶとなるとどうしても負担がかかりやすいのもありますからね。そのリスクを減らす狙いがあります。実際にどのような成績を残してくれるかはやってみないとわからない部分でもありますが、この馬の新しい一面を引き出していきたいですね」(空港担当者)今のところ近日中に去勢手術を行い、その後の状態を確認しながら調整を進めていくことになりますが、新しい環境でレースに臨み変わり身を引き出して行く狙いから、レースに復帰する際は美浦トレセン・木村哲也厩舎へ転厩することになりました。今回の転厩をきっかけとして、さらに活躍してくれることを期待したいと思います。ご出資いただいております会員の皆様には何卒ご了承賜りますようお願いいたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

アルマニャック近況【11/9/4〜9/14】

9/4 札幌競馬場

64.11.9.4.jpg

4日の札幌競馬ではスタートでやや後手を踏んで中団やや後方を追走。徐々に勢いをつけていこうとするが4コーナーで狭くなる不利もあり、直線で伸び切れず10着。「道悪馬場なので前々につけたいと考えていたのですが、スタートでモタついてしまいました。スッと行ければ良かったのですが、少しだけバタバタしていい体勢で出してあげることができませんでした。道中の走りもバサッバサッという感じでいかにもパワータイプ。ふかふかのダートで走らせてあげたかったです。器用なタイプではなく一瞬の脚を使えないので勝負どころでもスッと動き切れず狭くなったときにブレーキをかけざるを得なくなりました。跨った感触から体調は良さそうに思えましたし、何とかしたかったのですが・・・。最後のチャンスだったのにいい結果を出せなくて本当に申し訳ありません」(三浦騎手)前走で立て直した効果を見ることができましたし、この勢いでチャンスをもぎ取れればと果敢に臨んだレースでしたが、雨天により馬場が悪くなってしまい、この馬にとって不向きな条件となってしまいました。少しでも持ち味を活かす乗り方ができればと鞍上も考えながらレースへ臨んでくれましたが、スタートからうまく流れに乗ることができずに最低限の優先出走権を確保することもできませんでした。いったんNF空港へ放牧に出しますが、限定未勝利戦への出走資格がないことから本馬の今後について検討を行っていきます。

9/6 NF空港
6日にNF空港へ放牧に出ました。「最低でも権利は取りたかったのですが、前走は流れに乗れず厳しい結果になってしまいました。現段階で今後の具体的なことは決まっていませんが、本日こちらに戻ってきていますので、まずは軽めに動かしながら馬体のチェックを行っていきます」(空港担当者)

9/8 NF空港
前走で優先出走権利を確保できず、未勝利戦に出走することができない状況を踏まえ協議を行った結果、今後は障害競走への出走を目指していくことになりました。しばらくは現在在厩しているノーザンファーム空港で障害練習を含め、調整していく予定です。

9/14 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「こちらに到着後は軽めに動かしながら状態を確認しています。今後は障害レースを目標にしていくことになるようですが、脚元が丈夫で使い減りしないタイプで試してみる価値はあると思いますし、新境地での新味が出ることを期待したいと思います」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

アルマニャック近況【11/8/17〜9/1】

8/17 函館競馬場
17日は函館Wコースで追い切りました。「予定どおり、先週末の日曜日にウッドコースで併せて一杯に追い切っており、今朝は馬なり程度で調整しました。間隔が開いていることもあって帰厩当初は動きが物足りなく感じていましたが、追うごとに素軽く動けるようになって、週末は格上相手に楽々先着と徐々に状態は上向いています。ちょうど2度乗ってくれている浜中騎手が札幌に行く週で、この馬のことを分かってくれているジョッキーを確保できたのもプラスですね」(浅見師)20日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に浜中騎手で出走を予定しています。

8/18 函館競馬場
20日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に浜中騎手で出走いたします。

8/20 函館競馬場

64.11.8.20.jpg

20日の札幌競馬は好位からの競馬。じっくりと脚を溜めて直線に向くと、勝ち馬には一気に離されてしまうも、内からしぶとく伸びて3着。「久しぶりの影響があったのかもしれませんがゲートの中がかなり煩かったですね。たまたまタイミングが合ってよかったですよ。道中は自分のリズムで走れていたし、この馬なりには頑張ってくれていると思います。以前よりは体もしっかりしたと思いますし、気持ちも最後まで続いていました。一度使った変わり身に期待したいですね」(浜中騎手)久しぶりの競馬でしたが、しっかりとレースを運び次走への優先出走権を獲得することができました。レース後の状態にもよりますが、いったん函館競馬場へ戻り調整を行う予定です。残り少ない未勝利戦期間内での勝ち上がりを目指します。

8/25 函館競馬場
24日、25日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は久々でしたが、しっかりと攻め馬をこなして上向きの状態で送り出せました。敗れたとはいえ内容は悪くありませんでしたし、次につながるレースができたと思いますよ。レース後は函館に戻して調整していますが、特に疲れもなく順調です。今のところ、中1週での競馬を予定しています」(浅見師)9月3日もしくは4日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に出走を予定しています。

9/1 函館競馬場
8月31日は函館Wコースで追い切りました。1日は軽めの調整を行いました。「久々だった前走を叩いて状態は上向いていますし、中1週なのでビッシリとやる必要はありません。水曜日はウッドコースで併せて強め程度。順調に来ていますよ。うまくスタートを決めてくれれば、前々でしぶとい脚を使えますし、ジョッキーには積極的な競馬を期待したいですね」(浅見師)4日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に三浦騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

アルマニャック近況【11/8/1〜8/10】

8/1 函館競馬場
7月31日に函館競馬場へ帰厩しました。

8/3 函館競馬場
3日は函館Wコースで追い切りました(74秒6−58秒3−44秒2−13秒8)。「今朝はウッドコースで追い切りました。移動して間もないので馬なり程度ですが、牧場で時間をかけて乗り込んでもらってきただけあって、楽な手ごたえのままでもまずまずいい時計が出ていますし、これなら週末はビシッと追っていけそうですよ。週末の動き次第ではありますが、来週の競馬も視野に入れて進めていきたいと思っています」(浅見師)

8/10 函館競馬場
10日は函館Wコースで追い切りました。「日曜日にビシッと追い切っていますが、まだ動きは重いようですね。今朝もウッドコースで終いだけやっており、これでだいぶ動ける状態になってくると思います。追い切りの動き次第では今週の競馬も考えていましたが、栗東でも調教ではモサモサした動きをする馬でしたし、ビッシリとやっていった方がいいタイプ。また週末にしっかりと時計を出して、来週の競馬を目指していくつもりです」(浅見師)20日、21日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)のいずれかに出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

アルマニャック近況【11/7/26】

7/26  NF空港

64.11.7.26.jpg

屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本か、日によっては屋外坂路でハロン15〜16秒のキャンター2本を行っています。また週1回坂路で13−13を取り入れています。「乗り込みを重ねるごとに動きは良くなってきていますし、順調と言えるでしょう。引き続きそう遠くない移動も視野に入れていますが、帰厩後にスムーズに進めていけるようにさらなる状態面の良化を図っていきます。馬体重は554キロです」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

アルマニャック近況【11/6/29〜7/19】

6/29 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターあるいは、日によっては屋外坂路でハロン15〜16秒のキャンター2本を行い、週1回は屋外坂路で14−14を取り入れています。「調教中の動きや雰囲気は悪くありませんし、この中間からハロン15秒以上のところを開始しています。これくらいのペースで進めていければ帰厩のメドも徐々に立ってくるでしょうが、馬体重は546キロとまだ余裕がありますので、引き続きしっかりと乗り込んでいきます」(空港担当者)

7/6 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターあるいは、日によっては屋外坂路でハロン15〜16秒のキャンター2本を行っています。「引き続き順調に進めることができています。この中間は速めを取り入れていませんが、緩急をつけることで調教内容にメリハリをつける狙いがあります。見た目に少しずつ筋肉のラインをキレイに見せるようになっていますし、この調子で馬体や動きに磨きをかけていきたいと思います」(空港担当者)

7/19 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本か、日によっては屋外坂路でハロン15〜16秒のキャンター2本を行っています。また週1回坂路で13−13を取り入れています。「この中間は再度坂路で速めを行っていますが、動きは日に日によくなっていますし、順調ですね。検疫の確保状況次第なので流動的なところがあるのですが、ここまでの乗り込みからはそう遠くない移動も視野に入ってきそうですので、引き続き乗り込んで少しでもいい状態で厩舎にバトンタッチしたいと思います」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

アルマニャック近況【11/5/1〜6/21】

5/1 浅見厩舎
11日の門別競馬(リゲル特別・ダ1800m)に登録し選出されました。レース後の状態をみながら出否の判断を行います。

5/5 浅見厩舎
4日、5日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は思ったほど前に行けず残念な結果になってしまいました。念のために門別の交流競走に登録したところ無事選出されたので、出走する予定です。権利がないと目標が定めづらく、加減しながらの調整になってしまいますが、来週の門別と決まれば今の状態をキープできれば十分ですし、相手関係もグッと楽になりますからね。輸送などクリアしなくてはならないポイントもありますが、今は体質もしっかりしてきているので問題ないと思います」(浅見師)11日の門別競馬(リゲル特別・ダ1800m)に出走を予定しています。

5/8 浅見厩舎
11日の門別競馬(リゲル特別・ダ1800m)に道営の服部騎手で出走いたします。

5/12 NF空港
11日の門別競馬ではまずまずのスタートから3番手を追走。道中は隊列が変わらず進めるも、勝負どころから徐々に手ごたえが怪しくなり直線でも伸び切れず5着。「メンバーを考えれば決めなくてはいけなかったのですが、勝負どころで急激に手ごたえがなくなってしまいました。レース間隔がある程度詰まっていたうえに輸送を挟んでいたけど、状態は悪くなかっただけに歯痒いところですね。レース後に空港牧場に戻していますので、態勢を立て直して北海道開催で巻き返しを図ることになると思います」(浅見助手)11日にNF空港へ放牧に出ました。

5/17 NF空港
軽めの調整を行っています。「先週の競馬は非常に悔しい結果になってしまいましたが、チャンスがなくなったわけではありませんし、態勢を立て直して何とか巻き返しを図りたいと思います。レース後はリフレッシュを促すため軽めの調整に留めていますが、目立った疲れはないようですので徐々に乗り進めていきます」(空港担当者)

5/24 NF空港
ウォーキングマシンでの調整とトレッドミルでハロン24秒のキャンター5分を行っています。「この中間の状態も安定していましたので、徐々に負荷をかけ始めています。今後も状態を確認しながらになりますが、可能な限り負荷をかけて、できるだけ早く送り出せるように取り組んでいければと思います」(空港担当者)

5/31 NF空港
トレッドミルでハロン24秒のキャンター5分を行っています。また日によっては周回ダートコースでダクを500mとハロン25秒のキャンター3200mを取り入れています。「現在はトレッドミルでの運動を中心に行っていますが、日によっては周回コースに入れて乗り運動を開始しています。体調はいい意味で変わりなく、今後もこの調子で負荷をかけていきたいと思います。馬体重は534キロです」(空港担当者)

6/7 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン25秒のキャンター3200mを取り入れています。また、週2回は屋外坂路でハロン18秒のキャンター調整を、トレッドミルでハロン22秒のキャンター3分を行っています。「体調は安定していましたし、この中間から坂路で乗り始めています。まだ軽めに乗っている程度ですので、今後も状態を確認しつつ負荷を重ねて状態アップを図っていきます」(空港担当者)

6/14 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターか、日によっては屋外坂路でハロン17〜18秒のキャンター2本を行っています。「坂路でペースアップしてコンスタントに乗り進めていますが、脚元の状態に変わりはありませんし、脚さばきも安定していると思います。今後の調教でこれからさらに良くなってくるでしょうから、引き続きしっかりと負荷をかけていきます。馬体重は550キロです」(空港担当者)

6/21 NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター、日によっては屋外坂路でハロン16〜17秒のキャンター2本を行っています。「屋内外の坂路で継続して負荷をかけていますが、徐々に動きも良化してきていますし、状態は悪くないでしょう。引き続き負荷をかけながら下地を固め直し、さらなるペースアップに備えていきます」(空港担当者)

続きを読む
posted by NAOKI at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

アルマニャック近況【11/4/27〜4/30】

4/27 浅見厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(56秒8−エラー−26秒7−13秒2)。「中1週の競馬が続いていますし、今朝は坂路で軽く馬なり程度の時計を出しました。以前はこのぐらいの時計でも一杯になっていましたが、今は力がついてきてまだまだ余力があるように見受けられます。使ってきてさらに動ける状態になっていますし、新潟コースで積極的に乗ってくれる中舘騎手を配しましたから、期待の大きな一戦になりますね」(浅見師)30日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に中舘騎手で出走を予定しています。

4/28 浅見厩舎
30日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に中舘騎手で出走いたします。

4/30 浅見厩舎

64.11.4.30.jpg

30日の新潟競馬ではまわりの動向を見ながら中団を追走。3コーナー付近からレースが動き出すがそこで控えて終い勝負に徹するも、結果的に前が残り、追い上げるものの6着まで。「勝負どころから捲ることも考えていたのですが、後ろにいた馬に外から一気に来られたし、そこで主張していっても苦しい展開になりそうだったので、そこはあえて待ってロスなく立ち回るほうを選びました。最後に伸びて来ているのですが、結果的に前が残ってしまったし、迫ることができませんでした。悔しいです。ややワンペースなところがあるようですが早めに動きすぎても終いが甘くなるかもしれないし、難しいところですが、もしまた乗せていただけるのであれば今回の経験を活かしてこの悔しさを晴らしたいです」(中舘騎手)短い間隔で続けて使っていますが、うまく調整してもらえていることもあり、馬が堪える様子はなさそうで、輸送を挟んでもプラス体重で出走することができました。平坦コースでさらにもうひと押しを期待したのですが、脚抜きのいい馬場になったことと前が止まらない展開になったことから差を詰めることはできても交わすことまではできませんでした。ただし、復帰してからは常に安定して走れていますし、展開ひとつでチャンスが巡ってくるでしょう。今後につきましてはレース後の状態などを考慮して短期放牧に出すかこのまま続戦するかを判断することになりますが、次走で勝ち名乗りをあげてくれることに期待したいものです。

続きを読む
posted by NAOKI at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

アルマニャック近況【11/4/2〜4/20】

4/2 浅見厩舎

64.11.4.2.jpg

2日の阪神競馬では好スタートからいい行きっぷりで好位の後ろスムーズに追走。直線に向いて前が壁になったが、開いてからは力強く伸びて4着。「大型馬でモタモタするのでビッシリ追ってほしいと言われていたのですが、予想以上に行きっぷりが良かったので驚きました。ワンペースで走るタイプなので直線で前が詰まって勢いがつかなくなったのが痛かったです。もっとうまく捌ければ2着はあったと思います。うまく乗れず申し訳ありません」(浜中騎手)「今日はスタートから行きっぷりが良かったし、道中も終始手ごたえ良く進められましたね。直線で前が狭くなって追い出しが遅れたのはもったいなかったけれど、最後までいい伸びだったし、次につながるレースだったと思います。このあとは馬体をチェックしてから決めますが、平坦な京都のほうがさらに力を出せるだろうと考えています」(浅見師)久々の上、狙った番組を使うことができず調整が難しい状況でしたが、ここにきて馬が成長してきたのか、これまでになくいい行きっぷりで好内容のレースを見せてくれました。叩いた次はさらに上積みが見込めそうです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

4/6 浅見厩舎
6日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は変わり身を見せてくれて、これまでにはない行きっぷりでした。レース後も変わりなく馬は元気ですし、特に異常も見られません。さらに上積みが見込めるでしょうから、あまり間隔を空けず中1週で使っても良さそうですね。さらに頭数がばらける3場開催になるのを待ってもいいですし、できればもう一度浜中騎手に乗ってもらいたい気持ちもありますから、そのあたりは相手関係などを見ながら検討したいと思います」(浅見師)

4/14 浅見厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(57秒6−42秒5−27秒0−12秒6)。14日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で終いビッシリ追いました。以前よりも体質が強くなったのか、だいぶ動けるようになって反応も良化しています。中1週でもしっかりやれるのも、成長の証拠だと思いますよ。直線平坦な京都コースまで待つことも考えたのですが、前走で結果が出ている阪神コースでもう一度走らせたいという気持ちが大きく、またうまく乗ってくれた浜中騎手も確保できたことから、今週使うことにしました」(浅見師)17日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に浜中騎手で出走いたします。

4/17 浅見厩舎

64.11.4.17.jpg

17日の阪神競馬ではスタートから楽に好位をキープ。終始いい手ごたえで進んだが、3コーナーでペースが上がるとやや置かれ気味になり、直線でジリジリ差を詰めるも5着(6位入線)。「すごい行きっぷりだったのですが、勝負どころでペースが上がった時について行けなくなってしまいました。あまりに手ごたえがいいので、普通に溜めて競馬をしてしまいましたが、ワンペースなところもあるので早めに前へ行ってしまったほうが良かったかもしれません。それでも最後はジリジリ伸びていますから、勝利は近そうです」(浜中騎手)「前走ぐらいの時計で走っていれば勝負になったはずだけれど、今日は前走ほどの手ごたえはなかったようです。もう少し枠が内ならまた違ったんだろうけれど、それでも2走続けて安定した走りができたのは成長と見ていいでしょう。幸い優先出走権を確保できましたが、中1週で使ってきたので、馬体に疲れがないかよく確認して続戦するかどうか決めたいと思います」(浅見師)勝利こそ掴めなかったものの、前走で見せた行きっぷりのいい走りは本物でした。休みを挟んで成長していることは間違いありませんし、今日のようなレースができれば初勝利は近いでしょう。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

4/20 浅見厩舎
20日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、時計だけ見れば2走前と変わらない勝ち時計だったし、ちょっと物足りなさを感じましたが、なんとか優先出走権は確保できたのでホッとしました。それでも、馬体が以前よりもしっかりしてきて、安定した走りができているのは収穫。今のところ、新潟の1800m戦を視野に入れています。平坦なコースはプラスでしょう」(浅見師)今のところ、30日もしくは5月1日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に出走を予定しています。

続きを読む
posted by NAOKI at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

アルマニャック近況【11/3/16〜3/31】

3/16 浅見厩舎
23日の公営・園田競馬(金剛山特別・ダ1400m)に登録しましたが、選出されず現在補欠1番手となっております。

3/17 浅見厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「念のため地方交流に登録しましたが、補欠一番手。今週の出走を視野に、水曜日は坂路で15−15終いだけ伸ばす感じの追い切りを行いましたが、想定を見るとやはりどこも出走できそうにありません。来週以降も分からない状況ですが、態勢を整えつつ、出走できる番組を検討していきたいと思います」(浅見助手)

3/23 浅見厩舎
23日は軽めの調整を行いました。

3/24 浅見厩舎
24日は軽めの調整を行いました。「日曜に坂路で4ハロン53秒7となかなかいい時計を出しており、ひと追いごとに良化していることを感じていましたから、今週なんとか出走させたかったのですが、残念ながら使うことができませんでした。また週末に時計を出して状態をキープしておくつもりです。小倉も馬房に限りがあってなかなか難しいのですが、来週以降の出走状況を見ながら使える番組を検討していきます」(浅見師)28日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)は非抽選除外となりました。

3/31  浅見厩舎
30日は栗東坂路で追い切りました(55秒4−40秒0−25秒9−13秒0)。31日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で終い重点に時計を出しました。見習い騎手を乗せていることもありますが、ここにきて坂路の動きはだいぶ良化してきましたね。追い切り本数も十分ですし、仕上がりは上々です。当初考えていた芝レースへの出走は難しいのでダートになりましたが、今のデキなら巻き返しは可能だと思います」(浅見師)4月2日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に浜中騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

アルマニャック近況【11/3/10】

3/10 浅見厩舎
9日は栗東坂路で追い切りました(58秒8−43秒2−27秒4−13秒3)。10日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で終いだけサッと追う程度の時計を出しました。週末の日曜日に坂路で一杯に追って54秒3の時計を出しているので、それが実質的な本追い切りになります。放牧先ではすぐに動けるような状態を作ってきてもらいましたし、気持ちがフレッシュなうちに使うほうが良さそうなので、今週の競馬に投票しました。せっかく間隔が空いていますし、調教でも重馬場だと動きが鈍るので、一度芝を使ってみることにしました」(浅見師)12日の阪神競馬(3歳未勝利・芝1600m)に川原騎手で出走いたします。

続きを読む
posted by NAOKI at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

アルマニャック近況【11/2/26〜3/3】

2/26 浅見厩舎
26日に栗東トレセンへ帰厩しました。

3/3 浅見厩舎
2日は軽めの調整を行いました。3日は栗東坂路で15−15程度の時計を出しました(64秒2−46秒6−29秒9−14秒5)。「今朝はある程度の負荷をかけるつもりで、終いは13秒ぐらいを考えていたのですが、やや馬場が重いせいかサッと反応できませんでした。手ごたえは終始馬なりなので、時計はやればもっと詰まってくるでしょう。週末ビシッと追い切ってみて、その後の状態次第では早めに使ってあげることも考えます」(浅見師)

続きを読む
posted by NAOKI at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アルマニャック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。